2020年12月26日

朝陽を撮影

/名代 富士そば 恵比寿駅前店にてかつ丼/タナカロボ@上町にて鯛煮干しの塩そば、豚と鶏の中華そば/

クリックすると拡大します

 お寿司やさんの終了が終電過ぎなので、帰宅できない。
 都内に住んでいる人はなんとしても帰ろうとするようですけど、遠距離通勤者はさっさと諦めて、恵比寿のカプセルホテルで泊。
 くぅ、朝陽が眩しいぜ。

クリックすると拡大します

 お腹が空いたので、名代 富士そば 恵比寿駅前店公式ホームページ)へ。
 都内には多くの路麺店があって、私が訪問するのはゆで太郎と箱根そばが圧倒的です。
 ですが、その二軒の支店が出店されていない駅も多く、恵比寿では富士そばをよく食べます。

クリックすると拡大します

 富士そばはラーメンを販売されていて、ほぼ全店舗で販売されていると思っているのが煮干しラーメン。
 そのほかに昔ながらのラーメン、味噌ラーメンも販売されているのを見かけたことがあります。
 さて、こちらではと券売機を見ると、へ?塩ラーメン?
 販売店舗、販売期間、全く分からず。

クリックすると拡大します

 店内はすっかりソーシャルディスタンス。
 壁向きカウンターが4席と6席、店内中央の相対カウンターが10席、奥の壁側に6席。
 卓上にはホワイトペッパーバウだー、しぼりたて生しょうゆ、七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 程なくしてかつ丼500円
 他のご飯物も同じだと思いますが、塩気の強いワカメ汁とタクワンが二枚、付きます。
 ご飯物を食べるとき、割り箸を先ずお吸い物に通して濡らすことが多いのですが。
 プラスチック製のエコ箸であっても、やっぱり習慣は変わりません。

クリックすると拡大します

 かつはこの値段であってもしっかりした大きさ、玉子も良い感じで使われ、ホクホクで美味しい。
 全体的に甘めの味付けなのを知っていても、一口食べて甘めを確認してから七味を振って頂きます。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 時間があったので、明治神宮で朝陽を撮ってみた。
 いつかは写真を見た人に、写真を通じて自身が感じた気持ちを伝えたい。
 日々是勉強、残された時間で間に合うかどうかなんて分かる必要も無い。

クリックすると拡大します

 お昼は、タナカロボ@上町(世田谷区桜)公式ツイッター)へ。
 年末の挨拶などと言う改まった訪問では無く、タナカロボのラーメンが食べたくなったので伺いしました。
 10時半からの営業開始は、色々な面で都合がいいですね。

クリックすると拡大します

 オープンして半年、集客に苦慮して限定メニューを連発するラーメン屋も多いと聞きます。
 チャーシュー増しこそ用意しましたが、1つも増やさず、1つも減らさずのメニュー構成。
 鯛出汁と煮干出汁の塩そば、豚骨清湯と鶏清湯の中華そば、生姜と豚肉をフープロで処理してスープに仕立てた豚そば。
 三種類ともスープは別なので「このスープを仕込むだけで手一杯」と改まっていましたが、この三種類でメニューとしては完成しているのだろう。

クリックすると拡大します

 先ずは、鯛煮干しの塩そば750円
 折りたたんだ麺の幅と、トッピングのソーキの丈が計ったように同じで、ピンで止めたように九条ネギを乗せてあります。
 スープに使っている煮干しの産地を境港から長崎に変えたそうで、それってどちらも日本海に面しているから、同じ魚なのでは?
 同じ魚だったとしても、味わいにここまで差が出るとは驚き、美味しい。

クリックすると拡大します

 味なんて最終的に好みと言ってしまえば身も蓋もありませんが。
 いつも美味しく味わっていだくためには、食材の産地はもちろん、調理(仕込み)も工夫し続けるのでしょう。
 作り手が工夫し続けているのに、食べ手は美味しい、美味しいと食べているだけで良いのだろうか。

クリックすると拡大します

 スープまで飲みきって、後客が多くないことを確認して、二杯目をお願いします。
 年末年始は開始を30分遅らせ、終了を1時間早めるだけで、無休とのこと。

クリックすると拡大します

 続けて、豚と鶏の中華そば700円
 前回、この中華そばにチャーシューを増量した焼豚麺を頂きましたが、レギュラーはこう言う麺相なんだ。
 レクタングルの豚バラ肉チャーシューを二枚揃えて並べ、おろしはチャーシューの上に、小松菜は麺の上に。
 見た目は脂多めですが、味わってみると全くそんなことは無く、醤油の熟成味が麺を包むほどの美味しさ。

クリックすると拡大します

 田村製麺の細麺、塩で食べても美味しいけど、醤油で食べても美味しいです。
 修業先とは茹で時間が異なるので、細かいところで違う麺を使っているでしょう。
 チャーシューがスープによく合って、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 他の理由があってスープを飲み干すこともありますが、殆どの場合は飲み干すつもりが無くて、気が付いたらスープが無くなっています。
 塩そばはスープを味わいラーメン、中華そばは醤油たれを味わうラーメン、でよろしかったでしょうか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 さて、ラーメンを食べたので、さっさと帰ってゆっくりしますか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188256873
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック