2020年12月29日

多摩と武蔵小杉

/らぁ麺 はやし田 多摩センター店@小田急多摩センターにて広島産牡蠣と味噌/らぁ麺はやし田武蔵小杉店@武蔵小杉にて担々麺/

クリックすると拡大します

 裏山の紅葉はとっくに終わっていたかと思ったけど、一応は行ってみた。
 紅葉の度合いは地域だけでは無く、個体差が結構あります。
 かなり厳しめではあるけど、これでも紅葉狩り。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、らぁ麺 はやし田 多摩センター店@小田急多摩センター(多摩市落合)公式ホームページ)(公式ツイッター)へ。
 チェーン店の店舗には直営店とFC店があって、以前なら「直営店なら○○、FC店は△▽」と簡単に分かったものでした。
 その時に感覚で、「1店舗だけ限定メニューを出すので(直営店ではなく)FC店」と判断しそうになります。

クリックすると拡大します

 今日は今日12/29と12/30の二日間限定販売、各20食限定提供の限定メニュー狙い。
 限定メニューでもしっかりポップを作るチェーン店と、コピー用紙に手書きの店とあるけど。
 多摩センター店の限定メニューは、なぜに手書きポップなんだろうか。

クリックすると拡大します

 開店待ち先頭は常連さんに譲って2番目、開店してカウンター席の奥から3番目に案内されました。
 アルコール消毒は店内入り口にも用意されていますが、こうして席に座って、さあ食べるぞの直前にアルコール消毒があるといいよね。
 目の前の調理場で作っているラーメンを眺めながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、広島産牡蠣と味噌1,000円
 チェーン店とは思えない回転率非重視の盛り付け、白髪ねぎに岩のり、糸唐辛子に牡蠣の身が2つ、スプラウト1本乱れずに。
 ラーメン一杯に牡蠣の身を7個分使っていると説明されたスープ、西京味噌と信州味噌などの甘めの合せ味噌のたれで、さらに牡蠣感を持ち上げてあります。
 ここまで手を掛ければ美味しいに決まっているので、どのくらい美味しいかって話ですが、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は、担々麺で使われている平打中太麺、カネジン食品。
 最高の相性とは思えないけど、専用麺ではない以上、この麺が食べるのが一番美味しい。
 後客がひっきりなしでしたので、店長さんとの四方山話、今日はご挨拶だけ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、らぁ麺はやし田武蔵小杉店@武蔵小杉(川崎市中原区小杉町)公式ホームページ)(公式ツイッター)へ。
 予約制では無い人気店は、すべからく店頭にお客さんが並びやすいといいよね。
 願うならば屋根があって、暑い夏の日は日差しを、雨の日は雨を凌げるといいよね。
 ちょうど12時頃に訪問すると外待ち11人、、、繁盛してますなぁ。

クリックすると拡大します

 はやし田全店にて、11/11から販売開始した冬季限定メニュー狙いで。
 スープを店舗毎に仕込んでいて、店舗毎に提供杯数が異なっていて、武蔵小杉店は終日販売となります。
 チェーン店なんだからセントラルキッチンで各店舗に配給するとか、最大公約数的に最低杯数の店舗に合わせる、ではないんだ。
 各店舗で立地条件や客層が異なるので、各店舗で最適化するのが最大の利益の確保に繋がる、のがイングスの考え方なのかな。
 ※限定メニューの写真は、他店から流用。

クリックすると拡大します

 買った食券を店員さんに渡すと、カウンターの一番奥の席を案内されます。
 今日は厨房の調理人が一人足りないようで、バタバタしてはいないけど、どうしても提供は遅れがち。
 お客さんをあんまり待たせるのは考えものですが、全く待たせずにすぐに出すのもどうかと思います。

クリックすると拡大します

 程なくして、担々麺900円
 丼が他メニューと共有ということもあって、スープと麺量のバランスが合っていないようで、麺相が乱れています。
 基本の大山どりと鴨のガラスープに自家製の辣油、自家製の芝麻醤を合わせ、辛味と胡麻の香りに気持ちよく引き込まれます。
 美味しいですねぇ、去年の担々麺も美味しかったけど、今年の担々麺も美味しいです。

クリックすると拡大します

 合わせる麺はカネジン食品の平打中太麺、やや固め仕上げがとてもスープに合っています。
 去年は菅野製麺所の麺で食べているので、来年は三河屋製麺の麺で食べたい、とワガママだけ言う食べ手。
 トッピングは大粒の挽肉と、去年は小松菜だったけど今年は九条ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> チェーン店の店舗には直営店とFC店があって、以前なら「直営店なら○○、FC店は△▽」と簡単に分かったものでした。

ふらわさんは直営とFCに異常なほどにこだわりますね。なぜですか?
Posted by tomoco at 2020年12月30日 12:32
tomocoさん

 異常なほどにはこだわっていません。

 直営店は食材が全店共通ですが(一部の例外を除く)、FC店は本部以外から食材を仕入れることがあります。
 例えば、豚肩肉が豚腕肉に、キャベツがハクサイに、ほうれん草が小松菜に変わっていたりします。
 メニュー名が同じで調理方法が同じでも、食材が違うのに「○○店と△▽店は同じ味」って変ですよね。

 それとも、シンコとコハダが区別できないんだから、黙っとけと言う話かな。
Posted by ふらわ at 2020年12月31日 00:59
当日武蔵小杉のはやし田に並んでおりましたが、写真撮っているのはあなただったんですね。
修正しておりますが、私が映り込んでます。削除してください。
Posted by Gomez at 2021年01月01日 23:21
Gomezさん、コメントありがとうございます。

 大変申し訳ありませんでした。
 手元の画像ファイルを削除しました。
 また、ブログの写真を差し替えましたので、ご確認下さい。
Posted by ふらわ at 2021年01月02日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188264015
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック