2020年12月30日

茅ヶ崎と平塚と

/すき家にてキムチ牛丼のテイクアウト/北海道らーめん小林屋茅ヶ崎店@茅ヶ崎市萩園にて札幌らーめん/平達食堂@平塚市大島にて塩にぼ/

クリックすると拡大します

 ゆっくり起きた朝は、すき家にキムチ牛丼の買い出し。
 私は滅多にテイクアウトはしませんが、絶対しないと言うことではありません。
 すき家ってメニューが豊富で、頻繁に新商品を投入するから、券売機制では無く口頭注文後会計制なんだよね。
 と思って店内に入ると、目の前にタッチパネル式精算機。

クリックすると拡大します

 目をパチクリさせていると、「テイクアウトですか?」と声を掛けて下さいます。
 回れ右してタッチパネル式オーダー機で、メニューをオーダーします。
 オーダーするとレシートが印刷されると同時に厨房にオーダーが入っていて、レシートを持って精算機の前に立つと、もう持ち帰りの牛丼が出来上がっています。
 現金では無くLINE PAYで支払います。

クリックすると拡大します

 もう、何から何までハイテク導入で、田舎者は付いていけないよ。
 さて、キムチ牛丼480円、しっかり紅生姜と七味ももらってきました。
 味はお店で食べるのと変わらない美味しさ、ご馳走様でした。 

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、北海道らーめん小林屋茅ヶ崎店@茅ヶ崎市萩園へ。
 北海道の小林製麺を使うことから命名された小林屋は、2006/6/14に1号店として平塚に中原店をオープンさせ、ここ茅ヶ崎店は2号店として2007/4/19オープン。
 2012年5月に厚木駅前店をオープンしたのが最盛期で、15店舗を展開されていました。
 その後は規模を縮小し、現在は茅ヶ崎店以外に平塚四之宮店、厚木妻田店、小林屋小田原インター店、用田店と全4店舗を営業されています。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、すぐ右手に券売機があります。
 メニューはみそらーめん650円、正油らーめん600円、しおらーめん650円、辛味噌らーめん750円。
 野菜を煮立てたアレンジとして、味噌味の札幌らーめん750円、塩味のしお野菜らーめん750円、正油味は用意されていません。
 サイドメニューは餃子180円、ドリンクはビール450円、コーラ200円。

クリックすると拡大します

 食券を買うと「カウンターの空いている席にどうぞ」と案内されます。
 厨房を囲むL字カウンターは左手に3席、中央に9席、右手は4人掛けテーブルが2卓、計20席。
 卓上には辣油、酢、醤油、一味唐辛子、白胡椒、ニンニク、豆板醤が用意されています。
 一杯ずつ中華鍋を振って調理されるので、提供まで少し待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、札幌らーめん750円
 みそらーめんはスープと味噌たれを中華鍋で煮立て、最後に茹でもやしとチャーシューを乗せるスタイル。
 札幌らーめんはスープと味噌たれを中華鍋で煮立てる時に、もやしとニンジン、キクラゲ、挽肉も一緒に煮立て、最後に茹でもやしと刻みチャーシューを乗せるスタイル。
 たったの100円差なので、どうしても札幌らーめんを選んでしまいます。

クリックすると拡大します

 豚ガラ、鶏ガラスープに濃いめの味噌たれを合わせたスープは、決して今風では無く、むしろ町中華的なあっさりした味わいで、とても美味しい。
 スープには野菜の旨味も移っていて、小林製麺の黄色い縮れ中太麺によく合います。
 半身の味玉はやや半熟で美味しいのですが、板海苔と焦がしネギの理由が未だに分かっていません。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ切ることに何の問題もありませんが、せっかくなのでお楽しみの味変タイム。
 卓上を見渡し、おろしニンニクと豆板醤を乗せて、全体に良く馴染ませます。
 食べてみると味変しなくても良かったな、やってみなくては分からないけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、平達食堂@平塚市大島フェイスブックのページ)へ。
 らーめん達@茅ヶ崎の姉妹店として、2015/5/3のオープンとのこと。
 お店の前は何度も通っていますが、これからラーメン二杯食べに行く往路だったり、ラーメン二杯食べて帰る復路だったりして、本日初訪問。
 同様のケースでお店の存在は知っているけど未訪問店も多く、自身のふがいなさにじっと手を見る。

クリックすると拡大します

 風除室を越えて店内へ。
 窓が多くて自然光が差し込んでいる店内を勝手に想像していましたが、西日が強いからか、自然光は殆ど入ってきません。

 口頭注文後会計、ラーメンは煮干しととんこつの2種類。
 煮干しは、あっさり正油のにぼ達750円、煮干しの風味がより際立つ塩にぼ750円。
 とんこつは、とんこつらーめん600円、バリ達650円、黒マー油らーめん750円、肉味噌らーめん750円、まるごと明太子らーめん950円。
 ライス、餃子、から揚げ、半チャーハンとのセット多数。

クリックすると拡大します

 食堂ですので、定食も充実していて、鶏の唐揚げ定食800円、レバニラ定食750円、週替わり定食750円など。
 一品もの、アルコール、ソフトドリンク多数。
 店内奥にキッズルーム(平たく言うと小上がり)があり、お子様メニューも揃っています。
 ちなみに全て外税表記、内税表記だと思っていて外税表記だと損した気になるので、外税表記だと思って内税表記だと得した気になりたい。

クリックすると拡大します

 席配置は、入ってすぐ左手に4人掛けテーブル、右手に3人掛けカウンターが2島、続けて6人掛けテーブル、4人掛けテーブルが2卓、計24席。
 の他に、キッズルームが10席ほど。
 卓上にはあらびきこしょう、白胡椒、酢、白胡麻、紅生姜、高菜。おろしニンニクと一味唐辛子は声掛けスタイル。
 厨房には男性店員さんが2人、先客10人、後客0。

クリックすると拡大します

 程なくして、塩にぼ750円
 今風なんですかね、割り箸は卓上に用意せず、料理と一緒に渡されます。
 スープは煮干しの清湯、塩味が強めで汗をかく仕事をされるお客さん向きの味わい、つまり私の好み。
 節のざらつきはかなり残っているので、粉の食感も楽しめます。

クリックすると拡大します

 白身の角中細麺は食べた感じでは麻生製麺、スープとは好相性でとても美味しい。
 鶏モモ肉チャーシューはしっとりしてスープに馴染みやすく、白髪ねぎ、ワカメ、万ネギ。
 途中で味変を考える暇も無く、食べ終わっていました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 バイクで走っていると、丁度夕陽だったので、撮影。
 つか、バイクを停められる場所を探しているウチに、沈んでしまいました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188266052
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック