2021年01月21日

年に一度はクエ

/横浜家系ラーメン壱角家品川港南店にて背脂味噌壱郎ラーメン、ウズラ/魚がし日本一エキュート品川サウス店にて愛南セット/おにやんま 渋谷パルコ店にて冷とり天ぶっかけうどん/

クリックすると拡大します

 怒濤(謎)の一週間、最終日のお昼は、横浜家系ラーメン壱角家品川港南店公式ホームページ)へ。
 お昼時間にお昼を食べ損なったので、安定して通し営業されている壱角家へ。
 壱角家は山手線上の駅近くに何店か出店しており、今日は品川港南台店に伺いました。

クリックすると拡大します

 店先には、壱角家の冬季限定メニューが告知されています。
 『三種類をブレンドした特製味噌に、焦がしにんにくオイルを合わせたコクのあるスープ。
 家系中太麺によく絡む後引く旨さがクセになる!!!』
 日本語がちょっとおかしいけど、まま、日本語が正しく使えない私に言われたくないわな。

クリックすると拡大します

 店内に入って先ずは手指の消毒。
 もうさ、消毒しているところは既にしているし、今していなければこれからもしないだろうな。

クリックすると拡大します

 ランチタイムを過ぎると、広い店内は使い勝手が悪いのか、半分に区切って営業されています。
 先客6人、後客4人、店員さんはキッチンに2人、ホールに2人、そこそこ忙しそう。

クリックすると拡大します

 少し待って、背脂味噌壱郎ラーメン(並)810円、ウズラ5個100円(無料クーポン)、家系お好みは麺柔らかめ。
 いわゆるひとつのラーメン二郎インスパイア、ラーメン二郎の食材とはかなり異なります。
 野菜はモヤシとキャベツが半々、いずれも茹でたてのほっくほくの温かさ。
 並盛り用の丼に盛り付けているので、見た目ほどは量がありません。

クリックすると拡大します

 鶏白湯に感じる濃厚なスープはラーメンと共通と思われ、ニンニクオイルと背脂で、ドロリとして舌にまとわりつく甘味。
 四之宮商店の中太麺、せっかくラーメン二郎インスパイアに寄せるなら、せめて太麺を合わせたいところ。
 ブタではなくラーメンと共通のチャーシュー、スープにはよく合います。
 ウズラは表面が冷たくて、缶詰タイプに感じますね。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、卓上の調味料、、、というか無料サービス食材を頂きます。
 今日は刻み生姜と刻みタマネギをたっぷりと乗せ、途中で一味を振って、と。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、魚がし日本一エキュート品川サウス店ホームページ)へ。
 夕食は殆どラーメンを食べていますが、たまには立ち食い寿司でも食べてみるかと。
 廻ったり廻らなかったり握らなかったりのお寿司も大切ですし、立ち食いも大切だと考えています。
 店先の待ち客が中々掃けないのて゛、諦めて最後尾に続きます。

クリックすると拡大します

 今日の狙いはクエとナマコ。
 単品で注文も出来ますが、味の流れが考えられたセットで楽しもうかと。
 程なくして店員さんに人数を確認され、店内へ案内されます。
 席に着くと「お飲み物はいかがされますか」と笹を置きながら声を掛けられるので、「生ビールを」と。

クリックすると拡大します

 愛南セット(真鯛、しまあじ、クエ)660円
 私のようなしがないサラリーマンには、クエは年に一度食べられるかどうの高級魚。
 まー、鉄道を本業とする企業の系列飲食チェーン店で食べてどうなんだと言う向きもあるだろう。
 歯応えがあってクエらしい味わいも感じられる、美味しいお寿司。

クリックすると拡大します

 炙りとろサーモン(LINE会員サービス)
 握ってから炙って香ばしく、うま味とあま味がほどほどの味わい。
 ガリは食べ放題なので、1貫毎に一口も二口も食べてしまいます。

クリックすると拡大します

 三寒王(寒ぶり、あん肝、蒸しがき)495円
 季節毎にお店に伺っているので、その季節の三○王は大抵頂いています。
 あん肝も蒸し牡蠣も濃厚な味わいで、酢飯がやや負け気味でした。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、おにやんま 渋谷パルコ店へ。
 渋谷PARCO地下一階のレストラン街に、2019/11/22オープン。
 これにて、現存するおにやんまには全て伺いましたが、その意味することは全くありません。
 宣言下の夜営業、閉店30分前で先客3人、後客4人。

クリックすると拡大します

 券売機はタッチパネル式、後客がいなければ全画面を撮るところですが。
 渋谷パルコ店限定メニューとして、「牛バラカレーうどん」「鍋焼うどん」があるらしい。
 多店舗展開店の初訪店で、基本メニューを食べて他店との味を比べるか、店舗限定メニューを食べるか。
 悩ましいところです。

クリックすると拡大します

 って、(後客が背中越しに待っているので)悩んでいられる時間も無く、冷ぶっかけうどんのパネルをタップ。
 他店のメニューと見比べると、細かいてにをはの違いを除けば、ラインナップも値段も同一。
 他店では見かけないアルコール飲料も揃っているようですが、販売中止です。

クリックすると拡大します

 おにやんまは、食券を買うと調理場にレシートが印刷されるシステムであり、店員さんに食券を渡しません。
 食券を買い、お盆にお冷を置いて受付で待っていると、お盆にうどんを置いて下さいます。
 ※五反田店は、席に直接配膳されます。
 渋谷パルコ店は、食券を買って席に座って待っていると、食券に印刷された番号で呼ばれるシステム。
 なんだけど、いつものクセで(席に座らずに)お盆の前で待つ私、後客が食券を買う前に提供されて良かった。

クリックすると拡大します

 席配置は真一文字のカウンター12席。
 卓上には七味唐辛子、アジシオ、醤油。
 うどんを乗せたお盆をテーブルに置いて、ハイチェアの椅子を登ります。
 しかしまあ、なんでここまで座面が高いのか、渋谷のお客さんはそんなに足が長いのか(私が標準以下の短足ってことか)。

クリックすると拡大します

 冷とり天ぶっかけうどん450円
 うどんの弾力と味わい、いりこだしのうどん汁、やや揚げ置きのとり天、十分おにやんまクオリティで美味しい。
 多店舗展開すればトップもあればラストがあるのが道理、どこの店舗で食べても美味しいと言うのは忖度。
 こちらはおにやんまの最後発店、オープンして一年が過ぎましたが、まだまだかと。

クリックすると拡大します

 座った席から見える景色、店内の雰囲気、客層も含めてこそ外食の楽しみと考えている私。
 目の前は壁、施設内のBGMが漏れ聞こえてくる店内、スマフォを弄りながらでしか食事が出来ないお客さん。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>スマフォを弄りながらでしか食事が出来ないお客さん。

これはふらわさんのことですね。
ラーメンが運ばれて来たら撮影パシャパシャ。
麺を持ち上げてパシャパシャ。
味変タイムでパシャパシャ。

ラーメン店以外では一品ごとにいちいちパシャパシャ、
更にメモ書きまでも。

撮影はスマフォじゃなくてデジカメかもしれませんが
何かを弄りながらでしか食事が出来ないお客さんですよね。
Posted by 香 at 2021年01月24日 23:04
> 座った席から見える景色、店内の雰囲気、客層も含めてこそ外食の楽しみと考えている私。

景色が見たければ地下にある店なんて行かなければいいのに。
ゆで太郎での振る舞いを見ているとふらわさんは最下層の客ですね。
Posted by tomoco at 2021年01月25日 20:06
香さん、コメントありがとうございます。

> 何かを弄りながらでしか食事が出来ないお客さんですよね。

 そうなんですか、勉強になります。
Posted by ふらわ at 2021年01月26日 18:42
tomocoさん

> 景色が見たければ地下にある店なんて行かなければいいのに。

 ホントですよね。

> ゆで太郎での振る舞いを見ているとふらわさんは最下層の客ですね。

 仰るとおりですね。
Posted by ふらわ at 2021年01月26日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188335274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック