2021年01月31日

城山ダムあたり

/肉汁つけそば 丸将@相模原市緑区城山にてオープニングセット(合盛り)/城山ダム/晩酌/

クリックすると拡大します

 朝起きて、モーニングコーヒーを楽しみながら庭先を見ると、今日は一日良い天気のよう。
 たまには宮ヶ瀬に行こうと女房を誘い、クルマを出します。
 自宅からクルマで1時間強、近いのか遠いのか。
 湖畔の公園に女房と愛犬を降ろし、そそくさとクルマを走らせます。

クリックすると拡大します

 お昼は、肉汁つけそば 丸将(まるしょう)@相模原市緑区城山4-2-3公式ホームページ)へ。
 2020/1/23オープン、CHAYA GIARDINO SHIROYAMA (チャヤ ジャルディーノ シロヤマ)跡地。
 最寄り駅は相原駅ですが、4キロ以上あるので歩いたら1時間強。
 緊急事態宣言下での営業時間は、平日は10:30-14:00 17:00-20:00、土日祝は10:00-15:00 17:00-20:00。

クリックすると拡大します

 店先にメニューが掲げてあり、当面このメニューとなります。
 米澤一番育ち豚肉汁つけそば800円、つけそばに鶏めしと鶏から揚げが付いたオープニングセット970円。
 麺が極太麺、細麺、極太麺と細麺の合い盛りから選べます。
 麺量が400gあるので少なめにも対応されているとのこと。

クリックすると拡大します

 ちなみに、「米澤一番育ち豚」は丸将独自の表記で、ピッグファーム室岡の商標登録としての名称は「米澤豚一番育ち」。
 「米澤豚一番育ち」は、ランドレース種と大ヨークシャー種を交配させた豚のSPF豚に、霜降りが特徴のデュロック種を交配させた「三元交配豚」。

クリックすると拡大します

 店内に入り、ウェイティングシートに名前を書いて、いったん外に出ます。
 ソーシャルディスタンスな時代、席が空いているからといって勝手に座ってはいけません。
 席配置は厨房の壁に面したカウンター5席、窓側に2人掛けテーブルが6卓、奥に個室があります。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 注文が済ませて席を立ち、自身でお冷やを汲んできます。
 給水器ではなくウォーターピッチャーが置かれていて、その場で注いでも良いし、テーブルに持っていっても良し。
 お冷やとレモン水が用意され、コップは紙コップなんだな。

クリックすると拡大します

 卓上には辣油、おろしニンニク、酢。
 プラスチック製の箸立てに、そこはかとなく時代の流れを感じます。
 各席にACコンセントが用意されています。
 お店にはクルマかバイク、徒歩で来るだろうから、スマホの充電を必要とされるお客さんは少なそうです。

クリックすると拡大します

 少し待ってオープニングセット(合盛り)970円
 オープニングセットは、米澤一番育ち豚肉汁つけそばに白ガリから揚げ、大分天領日田鶏飯が付いています。
 合盛り(合い盛り?)ですので、1つの麺皿に二種類の麺が盛り付けられています。
 麺皿に1滴も茹で湯が付かないほど、麺が完璧に湯切りされていて、麺同士はくっついていません。

クリックすると拡大します

 つけ汁のベースは豚ガラや鶏がらではなく、豚バラ肉と玉ねぎ、長ねぎを煮込んだお出汁に感じました。
 サラサラのつけ汁は薄めの醤油味、先ずは細麺を浸けていだいてみると、食べやすくて美味しい。
 細麺のつけ麺はあまり多くありませんが、世のすう勢になびくこと無く、美味しければそれで良し、と。

クリックすると拡大します

 続けて太麺で食べると、見た目以上にコシのある太麺で、食べ応え十分。
 どちらの麺で食べるかは好みとしか言えないので、合い盛りで試してみるのがいいですね。
 つけ汁に入っている豚バラ肉が「米澤豚一番育ち」と思われ、これがとても美味しい。
 チャーシューとして美味しい豚肉を食べたことはありますが、つけ汁に合わせる豚バラ肉がこんなに美味しいなんて。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、白ガリから揚げに食べるタルタルを乗せて頂きます。
 白ガリ?ガリ?、私には普通の鶏つくねにしか感じられませんでした。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わる頃に、大分天領日田鶏飯、、、先ず、読み方が分からない(笑)
 「大分天領日田」を調べてみると、大分県日田市は江戸時代幕府直轄の城下町だったので「天領」。
 その天領で好んで食べられた鶏飯、とのこと。
 鶏肉などで炊き込んだ鶏めし、美味しかった。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、スープ割り。
 割スープのポットを持ってきて、残ったつけ汁に割スープを適量、割り入れます。
 薄めの昆布出汁に感じた割スープ、温度が低めで、なんか違うかなと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 城山ダムの見学。
 見学と行っても、眺めただけです。

クリックすると拡大します

 帰宅してきて、近所をぶらぶらしていると、梅が咲き出していました。
 全人類があたふたしているのを横目に、いつも通りに春を迎える準備をしているんだな。
 花が咲くのを楽しみにしていますよ。

クリックすると拡大します

 晩酌
 福井の蔵元である宇野酒造場が醸す「一乃谷(いちのたに) 暁(あかつき)」大吟醸 斗瓶採り 無濾過生原酒 R2BY。
 一升瓶の肩貼りまで写真に入れると、モノターの大きさが足りなくなる。
 アテは、スーパーの惣菜として売っていた牛ホルモン。
posted by ふらわ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188358923
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック