2021年02月20日

おおいゆめの里の桜

/おおいゆめの里の桜/つけ麺 つるべえ@小田原市下大井にて冷つけめん並/

クリックすると拡大します

 「友達が行ってきて、桜が綺麗だったよ」と女房に誘われて、クルマを出します。
 クルマで30分ほど走って、おおいゆめの里へ。
 2010年頃に開園されたらしく、五年くらい前から植樹された桜が咲くようになったらしい。

クリックすると拡大します

 毎年行っていた河津町の河津桜祭りが中止になりました。
 来年からは、わざわざ伊豆の先まで行かずに、大井町で良いかな。
 何が素晴らしいって、富士山と一緒の撮れることが素晴らしい。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 1時間ほどで全体を見て、女房は買い物に、私はラーメンを。
 遅いお昼は、つけ麺 つるべえ@小田原市下大井公式ツイッター)へ。
 オープン直後に伺って以来の二回目の訪問になります。

クリックすると拡大します

 現在の営業時間は、11:00-15:00 17:00-20:00。
 メニューを眺めてみると、前回は無かった「贅沢つけめん」が増えています。
 期間限定でラーメンが販売されていますが、なんと夜営業限定、、、残念。

クリックすると拡大します

 店内にはアクリル板でパーティションが設置されています。
 席数は変わらずの14席、卓上の調味料も変更ありません。
 先客四人、後客一人、セルフでお冷やを汲んで、ラーメンの出来上がり待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして冷つけめん並850円
 前回と同じメニューですが、つけ汁器と麺皿の配置が逆。

クリックすると拡大します

 麺を手繰ってつけ汁に浸けて頂いてみると、安定した豚骨魚介の味わい、美味しいですねぇ。
 厚木本店がそうであるように、平塚店がそうであるように。
 毎回同じように見えるつけ麺を、毎回少しずつ美味しくしつつ。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割り、カウンター台に用意された保温ポットから割スープを自身で注ぎます。
 割スープは鶏ガラスープに感じましたが、さて。

クリックすると拡大します

 スープ割りすると、どうしても最後まで飲み干してしまうんですよね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188421410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック