2021年04月16日

鶏の唐揚げ考

/豚骨醤油 一乃利@茅ヶ崎市萩園にてラーメン塩、ほうれん草/唐揚げ専門はっぴ商店平塚店にて醤油唐揚げ、甘だれ唐揚げ/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてテレワーク、って全然今日もじゃないじゃまいか。
 仕事に没頭していたら、あっという間にお昼の時間を過ぎてしまいます。
 仕事に集中するなんて全く私らしくない、一体どうしちゃったんだろうか。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、豚骨醤油 一乃利@茅ヶ崎市萩園671公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 平日のランチタイムは、14時から中休みに入るラーメン店が圧倒的に多い。
 ので、こうして30分でも45分でも長くやってくれると、とても助かる。
 先客ゼロ、後客2、の時点で暖簾が仕舞われました。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 「塩はありますか?」「ありますよ」「ほうれん草もお願いします」
 ツイッターやインスタで「塩、海老塩、煮干しあります。味噌も少しあります」とあるので、
 裏メニューじゃなくてツイッター(インスタ)限定メニューなのかな。

クリックすると拡大します

 少し待たされてラーメン塩700円、ほうれん草100円
 自然光がたっぷりと差し込む店内、今回も「麺柔らかめ」をお願いし忘れました。
 分葱ひとかけも計算して散らしているかのようで、惚れ惚れとした麺相、しばし見入ってしまいます。
 淡く白濁したとんこつスープに青々としたほうれん草が鮮やかです。

クリックすると拡大します

 スープは醤油たれに最適化されている様で、塩たれとの相性が云々ではなく違う顔を楽しむ味わい。
 増田製麺の中太麺は醤油たれスープに最適化されている様で、塩たれは塩たれとして楽しめます。

 大きめの煮豚チャーシューは二枚乗せられていて、スープで煮込んだような親和性が良。
 ほうれん草は香りが残るほど茹でたて、シャキシャキとした食感がスープによく合っています。
 焼海苔はスープに挿さずに乗せてあり、パリパリ感としっとり感を両方楽しめます。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 塩味のスープに合わせる調味料が思い浮かばないけど、ここはひとつ、おろしニンニクと豆板醤で。
 おろっ、以外に良い感じじゃないですか。

クリックすると拡大します

 一気に食べきって、箸を並べて置いて、記念撮影。
 後会計は追加注文に備えてのことだろうけど、あんまりそういうメニュー構成になっていないような。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰り際、晩酌のアテを買って帰ろうと、唐揚げ専門はっぴ商店平塚店公式ツイッター)(公式ホームページ)へ。
 麺や食堂のプロデュースとして、2018/4/6オープン。
 調べてみると、新潟や群馬、静岡、愛知、山梨、福岡の「唐揚げ専門店はっぴ商店」は、プロデュース店の様です。
 
 公式ホームページには平塚店以外に、相模原店(2019/8/17-)と厚木店(2020/2/9-)が紹介されています。
 なんだけど、藤枝店のオープンは2018/03/23。
 先にFC展開してから直営店を出店とか、あるんだろうか、それとも違うシステムなのだろうか。

クリックすると拡大します

 オープン当初は日本一醤油を使われていたようですが、現在は下総醤油
 ※プロデュース店の中には日本一醤油を使っている店舗もあるようです。
 ラーメンを食べるときでも醤油の違いは説明がなければ分からないけど、唐揚げの場合は分かるかな。
 唐揚げメニューは鶏もも肉の唐揚げが、醤油唐揚げ、うま塩唐揚げ、甘だれ唐揚げ。鶏手羽先は甘辛ダレ。

クリックすると拡大します

 鶏肉以外のメニューとして、とんかつがあります。
 唐揚げ専門店にとんかつがあるのは珍しく思いますが、唐揚げ専門店を数軒しか知らない私。
 実はとんかつがあるのが普通で、無い方が珍しいのかも知れません
 ご飯と惣菜が付くお弁当も用意されています。

クリックすると拡大します

 期間限定でヤンニョムチキンも販売されています。
 玉子スープがセルフで無料サービスされていますが、バイクで来ているので、もらって帰るのはちょっと。

 唐揚げは食べやすさ、味付け、肉量などでコスパが決まると考えています。
 肉量が多くても味付けや食感が好みでは無ければコスパがいいとは言えないと思うので、
 120g291円がどうなのかは、人それぞれ。

クリックすると拡大します

 注文が入ってから揚げるため、10分程待って出来上がり。
 持ち帰りは蓋がされないのは前回で学習済み、そうっとビニール袋で包んで持ち帰ります。
 醤油唐揚げ375g約6貫874円
 詳しいことは分からないけど、良い油を使って揚げているんだろうなぁ。

クリックすると拡大します

 甘だれ250g約4貫626円
 ゴマも振ってあって、美味しさだけなら醤油より美味しいけど、好みは醤油。

クリックすると拡大します

 ということで、自然体で晩酌は鶏の唐揚げで。
 鶏の唐揚げの油が日本酒に溶けてさっぱり食べられる、ということはありません。
 まま、いずれにしても美味しくいただきました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188590697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック