2021年04月26日

野田焼売店頂

/野田焼売店 頂@武蔵小杉にて生ビール白穂乃香、焼売6種盛合せハーフ、緑担々麺/

クリックすると拡大します

 今週は月曜日から出勤。
 仕事なんてしなくても生きていかれれば一番良いんだけど、中々そうも行かない。
 いつかは働かなくても良くなるように、今日も頑張る。

クリックすると拡大します

 夜は、野田焼売店 頂@武蔵小杉(川崎市中原区新丸子東3-1135-1)公式ホームページ)へ。
 グランツリー武蔵小杉1Fにあるレストランエリアの一角に、本日2021/4/26オープン。
 紀尾井町店に続く直営店になります。

クリックすると拡大します

 プレスリリースによると、お店のコンセプトは、
 『鹿児島産黒豚を使用してブラッシュアップした焼売をはじめ、昨今の「食の安全」を求める声が高くなっている事にお応えし、オーガニック野菜や産地にこだわった食材を厳選して美容と健康にも優しい本格中華を提供します』
 とのこと。

クリックすると拡大します

 非接触の検温器を経て店内へ。
 席に座ると、店員さんがお冷やとウェットティッシュを持ってきて下さいます。
 注文は全席に設置されたタッチパネルから。
 タッチパネル式でオーダーするのは良いけど、紙メニューもあると助かるなと思いながら、バシバシ撮影。

クリックすると拡大します

 トップはオーガニックリーフと国産豆腐の黒酢ドレサラダ980円、信玄鶏の胡麻ドレサラダ980円。
 烏骨鶏のピータン580円、白姫海老と熟成チーズとアボカドの生春巻980円など。
 しっとりよだれ鶏880円、しっとり棒々鶏880円。
 米沢三元豚の柔らかチャーシュー1,200円、大連産くらげと本ずわい蟹肉の葱油和え1,600円など。

クリックすると拡大します

 小松菜のオイスターソース炒め780円、四川辛シビ麻婆豆腐1,100円など。
 米沢三元豚の紅酢とバルサミコ酢の酢豚1,400円、名古屋コーチン卵と本ずわい蟹のふんわり炒め1,400円など。
 白姫海老のマヨネーズソース和え1,800円、白姫海老のチリソース炒め1,800円。
 黒豚の焼焼売(2ヶ)420円、黒豚の水焼売(2ヶ)500円、黒豚のチーズ焼売(2ヶ)420円、黒豚の肉焼売(2ヶ)420円、黒豚の揚焼売(2ヶ)420円、黒豚の辛焼売(2ヶ)420円。

クリックすると拡大します

 フカヒレ入もち米焼売(2ヶ)780円、海老との蟹の焼売(2ヶ)680円、蓮の葉包み中華もち米おこわ480円。
 焼売6種盛合せ各2ヶ2,600円、ハーフ(各1ヶ)1,350円。
 担々麺は、黒担々麺1,100円、赤担々麺1,100円、緑担々麺1,100円、黄担々麺1,100円、白担々麺1,100円。
 米沢三元豚チャーシューと九条ネギ醤油そば1,200円、信玄鶏と京水菜のあっさり塩そば1,200円。

クリックすると拡大します

 本ずわい蟹と有機ロメインレタスのチャーハン1,200円、米沢三元豚チャーシューと九条ネギのチャーハン1,200円など。
 五目春巻250円、中華風ピロシキ250円など。
 有機ロメインレタスと貝柱のスープ580円、名古屋コーチン卵と国産豆腐のスープ680円など。
 カスタード中華パイ350円、マンゴープリン500円、杏仁豆腐500円など。

クリックすると拡大します

 お子様用にラーメン550円、チャーハン550円、セットメニューなど。
 飲物はビール、ハイボール、サワー、カクテル、紹興酒、ワイン。
 中国茶、ソフトドリンク。

クリックすると拡大します

 店内はテーブル席のみで、2人用、4人用を合わせて42席。
 卓上には鎮江香醋、辛子、醤油、酢の調味料と、小皿、ハンドスプレー。

クリックすると拡大します

 19時前に滑り込んだので、先ずは生ビール白穂乃香700円
 この白穂乃香は無濾過製法、首都圏と愛知県の飲食店限定販売。
 強い味の中華料理を周りから引き立てる優しい味わい、美味しいなぁ。

クリックすると拡大します

 少し待って、焼売6種盛合せハーフ1,350円、お馴染みの焼売盛り合わせ。
 日本中の焼売を食べたわけではないけど、個人的に日本一旨いと思っている焼売。
 揚げ、焼き、水、チーズ、蒸し、辛の六種類あって、水焼売が一番好き(値段も水餃子だけ高い)。

クリックすると拡大します

 食感や味わいを考慮して提供する順番を考えているようで、どの焼売も美味しくいただけます。
 調味料が幾つかされていますが、私は使っても辛子だけかな。
 いつ食べても美味しいけど、そろそろ他の焼売も食べてみたい人向けに、新焼売も用意されています。

クリックすると拡大します

 さて、閉店時間が近づいてきたので、緑担々麺1,100円
 直感で選んだ緑、スープにほうれん草のすりおろしを混ぜてあるようです。
 スープを一口、ゴマやクラッシュナッツの食感が邪魔に感じるほど、牛清湯スープが旨い。
 腕のいいラーメン職人が最高の調理器具を駆使して、気合いを入れて仕上げた味わい。

クリックすると拡大します

 角細麺は野田焼売店で共通と思いきや、このスープに合わせて調整されているとしか思えないほど好相性。
 トッピングは牛そぼろ、京水菜、色紙切り白ネギ、あくまでも牛骨スープがメイン。
 スープが牛骨だから、挽肉も牛肉を使っていて相性最高、なぜ1,100円なのだろうか。

クリックすると拡大します

 牛そぼろを残さずすくえる様に、穴あきレンゲが付いています。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 なんかピンクムーンて言うらしいよ。
 あっ、今夜じゃ無くて明日か。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188619950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック