2021年05月01日

鎌倉から藤沢

/らーめん舵屋@鎌倉にて海藻塩バターラーメン/麺場 飛猿@湘南海岸公園にて醤油らーめん/クリスマスローズ/

クリックすると拡大します

 5月になったのできっと初夏、思いっきりの快晴。
 昼過ぎ(都内では夕方から)雨が降るというので、頑張って早起きして、バイクを飛ばして(飛ばないけど)鎌倉へ。
 クルマで来ると電車代並みの駐車代が掛かってしまうけど、バイクだと5時間200円と超お得。

クリックすると拡大します

 お店の住所を調べたとき、おお、一度行ったことがあるよと。
 そうそう、このビルの二階に「馳走かねこ」があって、期間限定でラーメンを販売していたんだよな。
 何年前だったっけ。
 今は大船に支店を出して、ラーメンを販売されてますな。

クリックすると拡大します

 お昼は、らーめん舵屋@鎌倉(鎌倉市雪ノ下1-9-29)フェイスブックの公式サイト)(公式インスタグラム)へ。
 潮風料理、仕出し弁当を展開されている舵屋が、逗子に製麺所「らーめん舵屋」を出店したのが2020/10/21。
 製麺所では麺とスープの持ち帰り販売のみでしたが、店内飲食店として、2021/4/25に出店。
 立地は、鎌倉駅から徒歩数分、シャングリラ鶴岡ビルの2F。

クリックすると拡大します

 お店は、JHF(ジャパン・ハラール・ファンデーション)認定のハラールラーメン店。
 ハラールって豚肉とアルコールを使わなければいいだけかと思ったら、
 「使っている鶏肉や牛肉、野菜などはハラール認定の食肉店から仕入れる必要があります」とのこと。
 食材の調理にアルコールを使っていたり、野菜の肥料に豚肉を使っていたりするとNGだったりするらしい。

クリックすると拡大します

 他にも、
 ・アルコール飲料のメニューは、他の料理のメニューと別にする。
 ・醤油や酢などの調味料は、ハラール認定を受けている必要がある。
 ・料理に使う油もハラール認定の油、かなり高価。
 ・店内に、お祈りが出来る場所(部屋)を用意しなければならない。
 などなど。ハラール、ハラール認定については聞きかじりですので、間違っていたらスミマセン。

クリックすると拡大します

 店内は横に長く、厨房に面したカウンター6席、壁側に2人掛けテーブルが4卓、計14席。
 開店直後の訪問でしたので、先客ゼロ、後客ゼロ。
 お好きな席へどうぞと案内されましたので、一番奥から2番目の席へ。

クリックすると拡大します

 メニューは醤油ラーメン(細麺)680円、塩ラーメン(全粒粉麺)680円、海藻塩バターラーメン(あかもく麺)880円。
 サイドメニューは炒飯750円、鶏の唐揚げ500円、餃子500円など。
 飲物はソフトドリンクの他にアルコール飲料もあります。
 口頭注文後会計、電車で来ていれば飲めるのだが。

クリックすると拡大します

 卓上には辣油、酢、醤油ブラックペッパーグラウンド。
 見慣れたS&B辣油、ハラール認定なんですね。ギャバンも。
 となると当然無化調かと思い、「化学調味料は使っていないのですか?」と訊くと、
 「味の素などの大手ではハラール認定を受けた調味料も販売されているんですよ」とのこと。

クリックすると拡大します

 程なくして、海藻塩バターラーメン(あかもく麺)880円
 スープは鶏ガラと牛骨、魚介出汁もブレンドして、かなりあっさりした味わい。
 使えない豚ガラや豚骨の旨味を補おうと他の食材を強めに利かせるのではなく、独特の味わい。
 ハラールなので味が薄いと勝手に思い込んでいた私を思いっきり叱りたい。

クリックすると拡大します

 中細麺は自社製麺で、あかもくという海藻を練り込んであり、僅かに粘りを感じる独特の味わい。
 あかもくは逗子の名産とのこと、美味しいですね。
 トッピングは鶏ももチャーシュー、細切りひじき、ワカメ、とろろ昆布、焼海苔、バター、小松菜、くろなると、なると。
 昔だったらチャーシューは豚と決まっていましたが、今は鶏も多いので違和感がありません。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 お会計は現金だけだったような、未確認でスミマセン。

クリックすると拡大します

 次の店は、大好きな寿司屋の先。
 途中、江ノ電と併走するので、タイミングを合わせて(合ってないけど)パチリ。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、麺場 飛猿@湘南海岸公園(藤沢市片瀬3-1-36)公式ツイッター)へ。
 2021/4/22オープン、オープンして一週間が過ぎて地のラーメン好きが一通り伺った様なので訪問。
 訪問時には外待ち10人ほど、帰る時は6人ほど。
 通り反対側にバイクを停め、店先の全景を撮ろうとすると、並び客から手を振られ、、あらら、こんなところで。

クリックすると拡大します

 オープン直後は1時間待ちだったらしいけど、今日は店内に入るまで30分、10分ほどで提供されました。
 店内に入り、すぐ右手の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューは醤油らーめん800円、塩らーめん800円。
 麺量は「連食向け」に120gとされていて、中盛り150gまで同額。

クリックすると拡大します

 店内はこぢんまりとしていて、厨房に面したカウンター4席、テーブルは4人掛けと2人掛け、計10席。
 店主さんの力量を考えると、席数とメニュー数が少なすぎます。

クリックすると拡大します

 案内されたカウンター席に座ると、店員さんがガラス容器に入った箸とレンゲ、お冷やを運んできて下さいます。
 卓上には紙ナプキンのみ、割り箸や紙エプロン、ヘアゴムの用意があるそうです。

クリックすると拡大します

 程なくして、醤油らーめん(中盛)800円
 様々な食材を丁寧に炊き出した、とても美味しいスープ。
 醤油味がここまで美味しいと、塩味も食べてみたいけど、さて、いつ来られるだろうか。

クリックすると拡大します

 ネット情報では増田製麺の中太麺、スープの味に負けない力強さ。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシューと鶏もも肉チャーシューの二枚、豚の方はものすごく美味しい。
 焼海苔は存在感をしっかり示し、脇役に甘んじることのないメンマ。
 ネギの白い部分と青い部分を細く切り分け、彩りとしてニンジン、キレイに盛り付けられています。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 丼は有田焼とのネット情報、見れば(触れば)分かる人がいるんだなぁ。

クリックすると拡大します

 帰宅してみたら、クリスマスローズがグリーンに染まっていた。
 グリーンなのは一週間程度なので、今年は出会えて嬉しかった。
posted by ふらわ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188632155
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック