2021年05月29日

衣替えの度に

/金目鯛らぁ麺 鳳仙花 綱島店@綱島にて浅蜊のつけ麺昆布水がけ/中屋 白楽店@白楽にて油そば/らーめん汐星@杉田にてしお/

クリックすると拡大します

 惰眠を貪る土曜日の朝。
 梅雨が中休みに入るタイミングで、毎年のように衣替えします。
 タンスから出してきた洋服は、毎年縮んでいますが、なぜなんでしょうか。
 去年の服なんて着ていないで、買い換えろってことかな。

クリックすると拡大します

 お昼は、金目鯛らぁ麺 鳳仙花 綱島店@綱島(横浜市港北区綱島西)公式ツイッター)へ。
 出遅れたと思った着いてみたら、ちょうど店先に暖簾を掛ける(カーテンを巻き上げる)タイミング。
 店先の人通りがタイミング良く途切れたので、パチリして、店内へ。

クリックすると拡大します

 今日は限定メニュー狙いで。
 レギュラーメニューを食べに来るのは中々厳しいけれども、限定メニューとあらば喜んで伺います。
 今日はここだけではなく、はやし田赤羽店でも限定メニューが販売されるけど(しかも赤羽店初)。
 両方は行かれないしな。

クリックすると拡大します

 季節限定メニューのボタンで購入するとばかり思っていたので、そのボタンが×だったので店員さんを呼んでしまい。
 そうだった、綱島店の限定メニューは、濃厚白湯のボタンで代用するんだった。
 先客2人は右端のテーブル席に向かったので、私は左側のカウンター角へ。
 店員さんに食券を渡し、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして浅蜊のつけ麺昆布水がけ850円、本日5/29のみ50食限定販売。
 麺丼の細麺は鰹節出汁を加えた昆布水に浸かっていて、先ずはつけ汁に浸けずに昆布水だけで数本食べる。
 僅かな粘度の昆布水が麺にまとわりつき、これだけで美味しくいただけます。
 美味しいんだけど、この味だけで最後まで食べ切るのは、ちょっとね。

クリックすると拡大します

 浅蜊出汁ベースのつけ汁は、干し貝柱のかえしを合わせた塩味仕立て、ふわっと立ち上る浅蜊の香り。
 昆布水をまとった三河屋製麺の特注細麺を浸けて食べてみると、まあ、旨い。
 一口食べた瞬間から、あと何口で食べ終わってしまう未来が、もう寂しい。
 いやいや、一口一口を大切に頂こう。

クリックすると拡大します

 とても美味しいけど、チャーシューの上に乗せられたレモンと、つけ汁に混ぜられた多めのネギが不明。
 味のアクセントなのかな、彩りなのかな、なんなのだろうか。
 麺を食べ終わったらスープ割り、つけ汁の器を店員さんに渡すと、ポットから注いで返して下さいます。
 スープ割は鯛出汁かな、今日も訊き忘れてしまいました。

クリックすると拡大します

 「限定メニューしか食べに来なくて、スミマセン」
 「来月もやれると思います」
 「早めに告知して下さいね」
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 東横線で4駅戻って、白楽駅。
 お昼は、中屋(なかや)白楽店@白楽(横浜市神奈川区白楽100-5)公式インスタグラム)へ。
 白楽駅西口直結の白楽コミュニティプラザビル1Fに、2021/5/1オープン。
 弘明寺本店(2010/11/27-)の2号店の体ですが、「実質、移転なんです」とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入るとすぐ左手に給水器、セルフでお冷やを汲んで、空いている席に座ります。
 席配置は厨房を囲むL字カウンター、2席と5席の7席。
 このご時世ですので、初めっからアクリル板のパーティションが設置されています。
 卓上にはすり胡麻、刻みにんにく、お酢、胡椒、揚げ一味。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 メニューは油そばのみで、並盛700円、味玉入り800円、納豆キムチ900円、特製1,000円。
 大盛りは100円増し、トッピングはのり100円、味玉100円、メンマ200円、キムチ200円。
 ごはん100円、ビールは販売自粛中。

クリックすると拡大します

 先客3人、後客ゼロ。
 厨房は店主さんのワンオペですが、席数から考えて、ワンオペで十分回せそうです。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って、油そば(並盛170g)700円
 油そば発祥と称されている武蔵野の珍珍亭、宝華の油そばスタイルを実直に受け継ぐ、クラシカルな麺相。
 麺相はクラシカルでも、辣油と酢の回し掛けを強要せず、春日亭の様に和出汁の吸い物が付きます。
 トッピングは提供直前にバーナーで炙ったチャーシュー、数本のメンマ、なると、揚げネギ、白ネギ。

クリックすると拡大します

 香味油で延ばした特製の醤油たれを麺に絡めて頂けば、ベタ付かないアッサリとした味わい。
 美味しいですなぁ、歳を取るとこうしたあっさりした味わいの良さに改めて気が付きます。
 しっかりした食べ応えのある太麺は八王子の宝麺業、横浜や川崎には優れた製麺所が多いのにね。
 屋号の「中屋」の由来と関係あるのだろう、きっと、多分、恐らく。

クリックすると拡大します

 揚げネギが意外と良い感じだなぁと思いつつ麺を半分食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 先ずは酢を回し掛け(古い人間でスミマセン)、揚げ一味と刻みニンニクをふたさじずつ。
 揚げ一味をうっかり多く入れすぎて、しかも結構辛くて、咳き込むほど辛くて。
 でも美味しくて。

クリックすると拡大します

 途中々々で頂いたお吸い物、醤油たれに合っている美味しさ。
 顆粒をサッサではなく、昆布などから仕込んでいるようで、こういう手抜きしない営業方針は素晴らしい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 近くの未食店に伺おうと思ったけど、お腹に余裕がない。
 少し休めば余裕ができると思い、ドトール白楽店にてアイスコーヒー224円。
 1時間ほどのんびりしたけど、ラーメン一杯分の余裕が空かない。
 残念、また食べに来よう。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、らーめん汐星@杉田(横浜市磯子区杉田)公式インスタグラム)へ。
 2009/12/25 「函館ラーメン汐星」として、横浜市磯子区杉田1-10-4にてオープン。
 2020/12/31 閉店。
 2021/ 2/10 みんなのお店FUN 杉田店に間借りオープン。
 移転前は杉田駅から新杉田駅へ向かう途中でしたが、移転後は反対側に向かって歩きます。

クリックすると拡大します

 当面の営業時間は11:30-15:00、マンボウ中はFUNが休業されているので、20:00まで営業されています。
 当初は白湯系で再スタートされましたが、3月中旬に泡系にリニューアルされました。
 やさいってのもあるんだ、既に冷やしが始まっていました。

クリックすると拡大します

 終始ノーゲスの店内、お好きな席へどうぞと案内され、店内中央のテーブル席へ。
 店内はまんまダイニングバー、パーティションのあるカウンターは4席。
 テーブル席は奥から2席、4席、4席となります。
 調味料は各席には用意されない様で、拉麵胡椒、一味唐からし、酢が遠くに見えます。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューはしお750円、みそ750円、やさい(しおorみそ)850円、辛みそ850円、激・辛みそ1,000円。
 たまーに見かける、醤油味がないラインナップ。
 ご飯物はライス150円、小ライス100円、チャーシュー丼300円。

クリックすると拡大します

 トッピングは味付玉子、のり、コーン、バターが100円、チャーシューが300円。
 ビールも用意されていますが、今の時期は販売自粛。
 そのビール用なのか、ちょこっとおつまみもあります。

クリックすると拡大します

 店長さんのワンオペ、茹で湯の温度が上がらないのか、少し待たされて提供されたしお750円
 ブレンダーで泡立てられているスープは、豚ガラ、鶏ガラに煮干しも炊き出されている味わい。
 一口目かがズシンとくる美味しさですが、泡立てることで口当たりが優しくなります。
 関西で泡系が一世を風靡して随分経ちましたが、やっと関東でもちょこちょこと。

クリックすると拡大します

 短尺の角中細麺は大橋製麺、移転前は未食ですが同じ製麺所なのかな。
 トッピングはレアチャーシューが2枚、アーリーレッド、青梗菜、カイワレ、焼海苔3枚。
 値段から考える上に具沢山で、特にレアチャーシューが美味しくて。

クリックすると拡大します

 食べ終わってお会計、「以前は『函館ラーメン』でしたよね」と声を掛けました。
 色々あって大変ですね、私は食べるだけなので大変じゃないですけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだまだ伺っておきたいラーメン店がありますが、色々と都合が付きません。
 機会を見つけて、また食べに来よう。
posted by ふらわ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>タリーズ白楽店にてアイスコーヒー224円。

タリーズ白楽店のアイスコーヒーは激安ですね。
しかもタリーズなのに、ドトールコーヒーのグラスを使っているのですか?

Posted by ポンちゃん at 2021年05月30日 12:05
ポンちゃんさん、コメントありがとうございます。

 直しておきました。
Posted by ふらわ at 2021年05月30日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188714475
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック