2021年07月07日

六から八

/六花@相模原市中央区清新にて塩らーめん、炒飯/八虎流タンタン麺@小田急相模原にてタンタン中辛/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてテレワーク、なのかな、有休消化、かもな。
 テレワーク環境があると、ついついメールだけでも、ってみちゃうからニャー
 お昼は取り敢えず相模原の方向へバイク(原チャリ)を走らせます。
 伺うお店の一軒は決めてあるけど、もう一軒は走りながら考える、と。

クリックすると拡大します

 お昼は、六花(ろっか)@相模原市中央区清新公式ツイッター)へ。
 オープン直後に伺って以来、2回目の訪問になります。
 11時開店の30分後に伺うと、満席外待ち四名。
 既に行列店とは、素晴らしいです。

クリックすると拡大します

 2021/7/6にリニューアルしたとのことで、何がどう変わったのか、と。
 とはいえ、前回の記憶が曖昧で、メモを見ないと思い出せなかったりします。
 しかしして、リニューアルのお祝いにお花が沢山贈られています。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機で食券を買います。
 どう変わったかなと手元のメモを見ると、前回はオープン直後で紙に書かれていました。
 改めて、塩らーめん750円、醤油らーめん750円、味噌らーめん900円、辛味噌らーめん1,000円。
 売り切れていますが、油そばや焼きそばもあるんだ。
 
 せっかくなのでラーメン以外にもう一品、おっ、炒飯があるんだ、けど半炒飯が見当たらない。
 「すみませーん、炒飯って半炒飯に出来ますか」「値段は変わらないけど、出来ます」「ありがとうございます」

クリックすると拡大します

 空いている席に案内され、お冷やを汲んで一息入れて。
 以前の席配置は記憶があやふやで、現在はカウンターが厨房に面して5席、壁向きに8席、計13席。
 椅子の高さが2種類あるのは、以前からのカウンター席と以前はテーブル席で混じっているから、かな。

クリックすると拡大します

 カウンター台には梅生姜と煮干し酢の調味料が用意されています。
 梅生姜は五福星@仙台市泉区の直伝とのこと。
 早坂店主がお店を訪れた理由を訊きたかったのに、すっかり忘れてた。

クリックすると拡大します

 程なくして塩らーめん750円、炒飯700円
 柔らかく茶濁したスープは、とんこつベースに鶏ガラ出汁と昆布出汁をブレンド、綺麗にまとまってとても美味しい。
 塩感は殆ど感じず、オープン直後の味わいとは全くの別物です。

クリックすると拡大します

 函館の丸正出口製麺から取り寄せている角中太麺、スープによく合っていて良い感じです。
 トッピングは大ぶりの豚肩ロースチャーシュー、メンマ、三つ葉。
 函館ラーメンらしいお麩がいいですねぇ。

クリックすると拡大します

 さて、早坂店主さんの直伝の梅生姜で味変。
 説明によれば生姜、梅、紫蘇のブレンドととのこと。
 ちょっと多いかなと思うくらい乗せて、全体に馴染ませて食べてみると、何ともよく合います。
 流石ですなぁ。

クリックすると拡大します

 ラーメンと一緒に運ばれてきた炒飯、思っていた以上に多めのご飯量。
 パラパラでもシットリでもない中間タイプの炒め具合、上から青ねぎが掛かっています。
 ご飯と一緒に白ネギ、チャーシューの切れ端、全卵などが炒めてあって、薄味に感じます。
 こういう時に醤油とか胡椒とかあるといいんだけど、な。

クリックすると拡大します

 食べ終わる頃でも外待ちが途切れず、お訊きしたかったこともすっかり忘れ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、八虎(はっこ)流タンタン麺@小田急相模原(相模原市南区相南1-19-14)へ。
 本日2021/7/7オープン、立地は八十八や(2020/10/12-2020/11/30)の跡地。
 営業時間11:30-14:30 17:30-23:00(時短営業中は11:30-14:00 17:30-20:00) 火休。
 様々な新規オープン店に伺っていますが、祝い花ゼロってのは初めて。

クリックすると拡大します

 浅学にして「八虎流タンタン麺」のことが分かりません。
 先ず「八虎」が分からないので、店主さんに訊くと、「末広がりで縁起がいいから」とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入り左手の券売機で食券を買います。
 メニューは混ぜタン800円、タンタン800円の2種類。
 ボタンが多いのは麺の量(無印・麺大100円増、ビック600円増)、唐辛子の量(普通・中辛同額)、特製200円増のレパートリー。

 混ぜタンは暫く販売されないので当面はタンタンのみ、タンタンクッパ800円もあります。
 まー、日本にラーメン店が何軒あるか知らないけど、メニューがタンメン、混ぜタンときたら、イソゲン(ニュータンタンメン)しか有り得ない。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲、コの字カウンターの8席のみ。
 卓上には調味料は用意されておらず、ピンクの壁紙は白に貼り替えられています。
 奥の厨房では、中華鍋で調理している音が響いています。

クリックすると拡大します

 程なくして、タンタン中辛800円
 イソゲン、いや、マイルドにアレンジされた川崎溶き卵系のスープ。
 スープは鶏ガラ出汁に挽肉、少なめのニンニク、少なめの化調、溶き卵を合わせたあっさり味。
 まだまだオープン初日、今後が楽しみな味わいに感じます。

クリックすると拡大します

 製麺所は不明ながら平打中細麺は芯が感じられるほど固め仕上げ、スープとの相性は鋭意調整中。
 トッピングは番ネギだけなので、彩り程度。
 チャーシューとかニラをトッピングすべきだったか、次回こそは。

クリックすると拡大します

 店長さんに幾つか訊ねたいことがあったけど、直ぐに後客がいて、断念。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188823823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック