2021年07月18日

長期休業からの復活

/ラーメン食堂がんや@相模大野にて冷やしがん担麺/麺屋みっちゃん@座間市緑ヶ丘にてひやしみそラーメン/

クリックすると拡大します

 平日には平日に行きにくい店に行き、休日には休日にしか行かれない店に行く。
 と言うことで、今日は相模大野駅。
 普段、バイク(原チャリ)でラーメン店巡りをしていないので、駅近くのバイク駐輪場が見つけられず。
 やっと見つけたのが60分200円、、高いけど仕方なし。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、ラーメン食堂がんや@相模大野(相模原市南区相模大野)公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 調べた範囲では、横浜家系ラーメンがん家として2006年にオープンしたことしか、分かりませんでした。
 その後、Japanese Dining 黄柚子の姉妹店としてオーナーチェンジしたと思われます。
 今回、世情に合わせて店内外をリニュールされ、初めて伺いました。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメン750円、柔らかチャーシューカレー750円。
 トッピングは多くて、赤玉ねぎ70円、粉チーズ100円、味玉100円、ほうれん草100円、わかぎ100円、
 半野菜150円、野菜200円、辛ネギ200円、チャーシュー250円、柚子50円。
 今日は限定メニュー狙いなので、唯一の赤っぽいボタンを、ポチッとな。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むゆったり目のカウンター5席、テーブル席は背中の壁に半個室の2人掛け、入口近くに3人掛け。
 テーブルと椅子が同じ木材というのはよく見かけますが、仕切り板も同じ木材というのは初めてです。
 カウンター台にはコンセントがありますが、スマホを充電しながらゆっくりする、というのはアリなのかな。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパーグラウンド、白胡麻、ラーメンダレ、自家製豆板醤、おろしニンニク。
 お酢、ラー油は厨房管理なので、スタッフに声掛けて出してもらうシステムです。
 アルコール消毒は券売機の隣にもありますが、各テーブルにも用意されています。
 食券を店員さんに渡すと「少しお時間を頂きます」と言われますが、先客4人、後客3人、全員が限定メニュー。

クリックすると拡大します

 少し待って、冷やしがん担麺950円
 7月の土日のみ販売の限定メニュー、販売数は10食程度。
 冷やされたスープに挽いた黒胡麻を合わせ、自家製ラー油を利かせ、痺れを利かせた挽肉を盛った一杯。
 構えていたほどは冷たくは無く、香りは抑えめ、辛さもほどほど、初訪で限定は避けるべきだったか。

クリックすると拡大します

 三河屋製麺の細麺は冷たいスープ専用に用意されたと感じましたが、相性はそうでもなく。
 トッピングは水菜、赤玉ねぎ、挽肉、糸唐辛子、クラッシュナッツ。
 クラッシュナッツは担々麺らしさの演出と思われますが、私の心には響かず。
 何かトッピングが足りないのかも知れないけど、何かトッピングしたら1,000円超えちゃうし。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わって店員さんと特に話しも無いので、ご馳走様でした、と店を後にしました。

クリックすると拡大します

 せっかく相模原まで来たので、帰りは道中のお店にしようと。
 遅めのお昼は、麺屋みっちゃん@座間市緑ヶ丘公式ツイッター)(フェイスブックの公式サイト)へ。
 店主さんは東池袋大勝軒出身と言うこともあり、オープン直後に伺っています。

クリックすると拡大します

 営業時間、定休日は以前から変わっていません(ポップもそのまま)。
 2010/ 9/ 7 オープン
 2019/ 3/10 体調不良により休業
 2021/ 6/ 2 営業再開
 飲食店経営の経験はありませんが、休業中もテナント料等は払っているんですよね。

クリックすると拡大します

 店先のポップ同様、券売機もオープン当初から変わっていません。
 もりそば750円、あつもり750円、ラーメン750円、塩ラーメン750円、味噌ラーメン850円。
 ニボつけ麺800円、台湾まぜそば850円、ゆず・うめ塩つけ麺800円、油そば600円、タンメン850円。
 杏仁プリンや餃子、焼売もあるようですが、売り切れランプ多し。

クリックすると拡大します

 再開に当たってカウンター席にパーティションを設置され、席数は3席と8席の11席。
 先客6人、後客0。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパー、おろしニンニク、練り唐辛子、酢、醤油。
 各席(?)にはティッシュが用意され、小型扇風機が設置されています。
 小型扇風機の風があまり強くないので、もっと近づけようとしたらテーブルに固定されていました。
 店主さんのワンオペ、手際よく調理されているようですが、いかんせん、時間が掛かります。

クリックすると拡大します

 少し待って、ひやしみそラーメン850円
 料理名から想像できない麺相のメニューを選んだつもりでしたが、全く予想外の麺相で提供されました。
 冷やしラーメン、だと思いますが、麺が見えないほどのトッピング、削り節が全体に振られています。
 やや無理矢理スープを飲んでみると、煮干し味の抜けた冷たい煮干しスープ。
 煮干しスープを冷やす過程で脂を抜いてしまったような感じで、味噌の味わいもあっさりめ。

クリックすると拡大します

 味噌ラーメンだから太麺かと思ったら細麺、自家製麺ですけど、スープとの相性はなんとも。
 トッピングは固めの豚チャーシューが三つ、細切りメンマ、茹でてから冷したと思われるもやし、茹で玉子、焼海苔。
 冷やしラーメンに板海苔を乗せるのを初めて見ましたし、薬味ネギがたっぷりなのも初めて。
 まだまだ私は冷しラーメンのことが分かっていないなぁ。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べ、茹で玉子を半分食べたところで、冷しラーメン初の味変、いや、初でもないか。
 卓上のおろしニンニク、練り辛子をスプーン半分ほど。
 全体に馴染ませて食べてみましたが、冷たいスープだけに特になにがどうということはなく。

クリックすると拡大します

 なんか最後まで使いにくかった丸いエコ箸。
 箸立てを改めて見てみると、六角形のもあるし、割り箸もあった。
 この辺りが最後まで気が付かないというか、初めっから分かっていないのが、なんとも。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 まだまだ立ち寄りたい店もありましたが、猛暑に阻まれて、まっすぐ帰宅。
 急に暑くなると身体が付いていかないけど、本来ならクーラーの効いた事務所で仕事しているからな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188855407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック