2021年07月19日

久し振りに台湾まぜそば

/麺屋はなび・ぼちぼち本厚木店@厚木市中町にて台湾まぜそば/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてハローワーク。
 定年退職後の就活なので、最低でも10回は断れると考えているので、先ず1回目。
 まー、なんなら失業保険で何とかなる、って考えているのが、そもそもダメ。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺屋はなび・ぼちぼち本厚木店@厚木市中町3-1-23公式インスタグラム)へ。
 お好み焼きのぼちぼち本厚木店のランチ営業として、7/13プレオープン、7/14グランドオープン。
 ぼちぼち自体に伺っていないので、お店に伺うのは初めてです。

クリックすると拡大します

 株式会社ヴィア・ホールディングスのグループ会社である、株式会社紅とんの業態変更。
 (ぼちぼちは2015/6に紅とんへ業態がっぺい)
店名業態変更日
麺屋はなび下北沢店2020/ 9/20
麺屋はなび+紅とん 南新宿店2020/11/16
麺屋はなび+紅とん 新橋二丁目店2021/ 3/25
麺屋はなび+紅とん 神田東口店2021/ 1/20
麺屋はなび・ぼちぼち 町田北口店2021/ 2/18
麺屋はなび・ぼちぼち 川崎西口店2021/ 3/17
麺屋はなび・ぼちぼち 本厚木店2021/ 4/14
 今後も業態変更が進むのか、ここまでなのかは不明。

クリックすると拡大します

 営業時間は、元祖台湾まぜそばはなびが11:30-15:00、お好み焼きぼちぼちが17:00-24:00。
 世情の影響を受けて営業時間は流動的、種類の提供禁止に伴い、夜営業もまぜそば提供を検討中とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入ると直ぐ左手に券売機があります。
 照明が暗くて私のような年寄りにはメニューがとても見にくいけど、それはお店が悪いんじゃ無くて私が悪い。
 メニューは台湾まぜそば890円、台湾ミンチから辛さを抜いた辛くない台湾まぜそば同額も用意されています。
 ラーメンは醤油ラーメン770円、台湾ラーメン820円。

クリックすると拡大します

 ここで、はなびと同じメニューを食べて食べ比べするか、ここでしか食べられないコラボメニューを食べるか。
 いやぁー、コラボメニューって1,290円ですか、、私にはとても無理っす。
 塩台湾まぜそばは期間限定メニューですが、個人的には水菜がまぜそばに合わないと感じているのでパス。
 初期投資を抑えるために、てっきり口頭注文の伝票方式だと思っていたので、戸惑いながらもボタンをポチッと。

クリックすると拡大します

 店内はまんまぼちぼちだと思われますが、テーブルの上に暖簾が掛けられています。
 照明が明るい席に座りたかったのですが、ガラガラの店内を「こちらへ」と案内されます。
 店員さんに食券を渡すと「ニンニクをお入れしますか?」と訊かれるので、はい。
 お店によっては、同額の「小盛り化」や「1辛」、無料サービスの追い飯を訊いてくれることもあります。

クリックすると拡大します

 卓上にはこんぶ酢が用意され、お冷やはウォーターポットからセルフで注ぎます。
 既に見慣れてしまった、一膳ずつ梱包されている割り箸、レンゲは梱包されているのを見たことがありません。
 ちょうど調理が見える席で、そこはかとなく麺上げを見ていると、茹で上がった麺をグリグリしていません。
 台湾まぜそばは麺をグリグリするのが特徴でしたが、やっていないのはこの店だけか、はなび全体なのか。

クリックすると拡大します

 ほどなくして、台湾まぜそば890円
 太麺の上に、刻み海苔、刻みネギ、刻みニラ、魚粉、刻みニンニク、センターに台湾ミンチ、卵黄。
 台湾まぜそばは数多くの店舗でインスパイアされましたが、元祖の台湾まぜそばの台湾ミンチは合い挽き。
 具材と麺を混ぜますが、麺が醤油たれと良く絡めてあるので、とても混ぜやすい。

クリックすると拡大します

 いつの頃からか自家製麺となった平打太麺、久し振りに食べると、とても美味しい。
 辛味と甘味が絶妙に絡み合って、麺にもこれ以上無いほど馴染んで。
 こんなに美味しかったっけと思い出す、名古屋で台湾まぜそばを初めて食べた2013年の1月。
 ここまで美味しいなら、塩も試してみたくなるし、勇気を出してコラボの牛すじも。

クリックすると拡大します

 途中で味変、まあ、味変する必要は無いんだけど、必要が無くてもしてみないと気が済まない。
 とはいえ、こんぶ酢しかないので、回し掛けても写真ではとても分かりにくい(撮影技術が下手過ぎる)。
 こんぶ酢を掛けたら掛けたの美味しさがあり、掛けたければ掛ければ、的な。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、店員さんに「追い飯、お願いします」と声を掛けます。
 追い飯の提供方法はブランド(店舗)によって異なります。
 はなびやこころの場合は、丼を箸ごと引き取り、箸を捨て、ご飯をよそって戻してくださいます。
 して、レンゲを添えて、パチリと撮影。

クリックすると拡大します

 全体を軽く馴染ませてから、レンゲですくって頂きます。
 台湾まぜそばが美味しくて麺を食べ切り、追い飯を頼んでいる人なら、美味しいと感じるに決まっています。
 もちろん美味しい、ダイエットは明日から。

クリックすると拡大します

 ランチ営業も、まぜそば提供も、まだまだ始めたばかり。
 細かい点が気になるけど、そんなことは優先順位の問題、時間が解決するでしょう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 晩酌
 山北町の蔵元である川西屋酒造店が醸す「丹沢山」純米吟醸 垂れ口の酒 うす濁り 若水 H18BY。
 うす濁りの15年熟成を初めて飲みましたが、濁り(おり)はこう言う味わいに変わるんですね。
 一杯、一口を大切に味わいたいと思います。
 アテは豚肉とレンコンの油炒め。
posted by ふらわ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188855730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック