2021年08月02日

元住吉の新店

/横浜家系ラーメン銀家 パルナード店@横浜にて銀家ラーメン/就活/らーめん田丸 元住吉店@元住吉にてネギチャーシュー麺/

クリックすると拡大します

 朝は、横浜家系ラーメン銀家 パルナード店@横浜(横浜市西区南幸1-13-3)へ。
 2021/7/29オープン、経営母体はサンフードサービス株式会社。
 日吉店、戸塚店、大和店、横浜駅西口店、伊勢佐木町店、宮の森店、東苗穂店に続く8店舗目。
 立地は、横浜駅から向かうとシェーキーズのある通り、南幸橋手前。

クリックすると拡大します

 24時間営業ですので、横浜駅周辺では、鶴一家に続く朝ラー家系ラーメン店。
 メニューはラーメン(醤油・塩)750円、味噌850円、赤辛900円、鬼辛1,000円、レディース900円。
 ご飯ものはチャーシュー丼、ピリ辛ネギチャーシュー丼、肉マヨ丼、ごまだれネギチャーシュー丼が200円。
 チャーハン750円、セット半チャーハン400円。

クリックすると拡大します

 サイドメニューは餃子300円、自家製唐揚げ400円、ピリ辛もやし250円など。
 銀家は家系ラーメン店では珍しく、(せんだいと同じように)替え玉が出来ます。
 交通系ICカード対応の券売機で、食券を買います。

クリックすると拡大します

 店内は、厨房を囲むカウンター4席と9席。
 6人は座れるテーブルが3卓、計21席。
 先客1人、後客1人。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと、家系お好みを訊かれます。
 お水はセルフサービスですので、階段近くに用意されている給水器で汲んできます。
 卓上には胡椒、にんにく、豆板醤、お酢、フライドガーリック。
 ライス(10時から17時は無料サービス)用に、ふりかけ、すり胡麻。

クリックすると拡大します

 程なくして銀家ラーメン750円、家系お好みは柔らかめ、薄め。
 朝食だから初めて「薄め」にしたら、豚骨スープ自体が美味しいのもあるだろうけど、とっても美味しい。
 濃いめの味付けが厳しくなってきたお年頃、たれの量を減らすのがこんなに有効だとは。
 でもまあ、濃厚な強い味わいこそが家系ラーメンのスープであることを考えると、微妙ですな。

クリックすると拡大します

 丸山製麺の平打太麺は柔らかめ仕上げでスープによく合っていて、とても美味しくいただけます。
 トッピングはバラ巻きチャーシュー、焼海苔三枚、ほうれん草ひとつかみ。
 ここでいつもなら、ライスで家系海苔巻きなんですけど。
 朝は無料では無いので(100円)、いったんはスルー。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 朝であってもおろしニンニク、いつもどおりに豆板醤。
 豚骨スープが美味しいので、味変の辛味も良い感じで染み渡ります。

クリックすると拡大します

 次に横浜駅で朝の機会があったら、もう一軒の朝ラー店で食べて。
 どちらか自分の好みに合う方に通うとするか。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 今日も今日とて就活
 書類審査が何とか通っての、面接。
 面接は全く自信が無いけど、頑張るしか無いな。

クリックすると拡大します

 お昼は、らーめん田丸 元住吉店@元住吉(川崎市中原区木月3-7-19)へ。
 2021/8/1オープン、目黒の田丸が支店を出すとは驚きました。
 立地は元住吉駅からブレーメン通りを進んで5分ほど。
 あびすけ(-2016/2/29)、台湾まぜそば俺の金太(2016/3/2-)、横浜家系ラーメン希家(2017/1/20-)、えび豚骨拉麺 希家 元住吉店(2019/7-)の跡地。

クリックすると拡大します

 目黒の田丸は1945年創業ですから、76年営業されいていて初めての支店なのでしょうか。
 まま、その辺りは徐々に明らかになるとして。
 8/1から8/3は11:00-18:00の営業時間として、ラーメン700円、ネギチャーシュー麺800円が500円。
 フライヤーがあれば、キャベツ、味付玉子、輪ネギがサービスになるんだけどな。

クリックすると拡大します

 レギュラーメニューは、ラーメン700円、担々麺800円、まぜそば800円。
 ワンタン麺とチャーシューメンの丼が楕円形なのが田丸流、ですのでそのどちらかを食べないといけないんだけど。
 まま、その辺りはラーメンフリークの方にお任せするとして。
 私はオープン記念サービスにします、はい。

クリックすると拡大します

 少しずつ店外待ちが進んで店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 限定メニューとして冷やしネギチャーシュー麺(ゴマ味・しょうゆ味)があります。
 オープンセール中は、販売されていないようです。
 ライスセットも同様に、売り切れランプ。

クリックすると拡大します

 店内は前店のレイアウト踏襲、カウンター7席に4人掛けテーブルが4卓、計23席。
 厨房にはこれでもかの人員がつぎ込まれ、満席店内待ち数人の混雑をそつなく捌いています。
 店外待ちは暑いけれど、(背後霊待ちと言われる)カウンター席の後ろに立って待つのは、ちょっと。
 後ろに待っているお客さんがいるのに。「ごゆっくりどうぞ」とラーメンを提供されてもなぁ。

クリックすると拡大します

 少し店内待ちして、空いたカウンター席に案内されます。
 卓上にはこしょう、自家製ラー油、しょうゆ、お酢。
 目黒の田丸を食べたのは、何年前だったか思い出せないほど昔(手元のメモでは2008/4)。
 今の田丸の味が当時と同じ味のはずはないので、初めて食べる心持ちで出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてネギチャーシュー麺800円、オープン価格で500円
 豚ガラ由来の味わいのスープ、旨味がほどほどで、老舗の味わいと言われればその通り。
 オープン時のブレなのか、味の方向性なのか、世情に比べるとかなりあっさりめ。
 まま、世情に合わせる必要なんてこれっぽっちもありませんけどね。

クリックすると拡大します

 中細麺は自家製麺との事で、スープとは好相性、とても美味しくいただけます。
 ネギチャーシューはラー油で和えてあり、デフォでは色付け程度で辛さを殆ど感じません。
 卓上に用意されている自家製ラー油をふたさじほど掛けると、ちょうどいい辛さ。

クリックすると拡大します

 しばらくは目黒の本店からヘルプが入っているだろうから、元住吉店としての味わいはその先だろう。
 とは言え老舗の支店、今風の味付けとか、奇抜なトッピングで客寄せするのは吉としないだろう。
 商店街にある定食屋的なラーメン屋として、末長く営業されていくんじゃないかなぁ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188891619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック