2021年08月05日

県内もつ次郎併設店

/ゆで太郎相模原小町通店にてもつ炒め定食/麺・餃子 まる壱@相模原市中央区にてまる壱ラーメン(醤油)/

クリックすると拡大します

 今日も今日とてハローワーク。
 とはいえ、朝は月に一度の不燃物のゴミ出し。
 就活は大学卒業時以来なんだけど、こんなに大変だとは思わなかったな。

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎相模原小町通店ホームページ)へ。
 ゆで太郎は、信越食品が立ち上げたチェーン展開する路麺店です。
 数年前からもつ次郎の展開を始め、この店は神奈川で唯一のもつ次郎併設店になります。

クリックすると拡大します

 併設店なので、お蕎麦のメニューもフルメニューで販売されています。
 ハローワーク中の私、冷し薬味そばも、ゲソと夏野菜のかきあげそばも、食べられていません。
 うーん、こんなことでいいのか。

クリックすると拡大します

 もつ煮のもつ次郎はフルメニュー。
 上州のソウルフードは相模原では馴染みが無いとは思いますが、食べたら分かります。
 もつ煮定食680円、もつ炒め定食680円、合い盛りもつ定食980円。
 ご飯は大盛りまで同額、付け合わせにアジフライ150円、唐揚150円が用意されています。

クリックすると拡大します

 なんでゆで太郎で上州のソウルフードを販売するようになったかは、ゆで太郎の社長さんの前職に関係あるとか。
 店内に入ると、タッチパネル式ゆで太郎用券売機にメニューを追加するのでは無く、もつ次郎用券売機が追加されています。
 お蕎麦とアジフライ、唐揚げを食べたい場合は、2台の券売機で別々に食券を買う必要がありますね。
 そういうお客さんが増えていけば、今後、何らかの進展があるかも知れません。

クリックすると拡大します

 受渡口に食券を渡し、「ゆで太郎の無料クーポンは使えますか?」と訊ねると、使えないとのこと。
 私はどうしても無料クーポンを使いたいわけでは無いので、そういうものかと感じました。
 「ゆで太郎ともつ次郎は同じ会社なんだから、使えてもいいじゃん」というお客さんもいることでしょう。
 店内は常時数人ほどのお客さんがいます。

クリックすると拡大します

 程なくしてもつ炒め定食680円、ご飯は並盛りをお願いしました。
 ※もつ炒めには無料サービスの赤鬼を乗せてあります。
 もつ炒めにご飯、お味噌汁だけでもお値打ちなのに、高菜と薬味ネギを加え、温玉も。
 先ずは味噌汁で箸を濡らし、少し飲んでから、もつ炒めへ。

クリックすると拡大します

 もつ炒めをご飯に乗せ、せっかくなので高菜と薬味ネギも乗せて、頂きます。
 味噌が濃いめの味付けで、とても美味しい。
 赤鬼の辛味も良い感じで馴染んでいて、辛党の私にはピッタリ。
 ご飯はやや固めに炊かれていて、もつ煮にちょうど良い感じ。

クリックすると拡大します

 このもつ炒めだけでご飯はいただけるので、温玉の位置づけがやや不明。
 まあ、温玉が好きな人にはありがたいし、そうでも無い人はこれから好きになればいいし。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺・餃子 まる壱@相模原市中央区中央3-8-16へ。
 2021/7/27オープン、担担麺専門店ドラゴンキング(2016/12/17-2019/3/31)跡地。
 元祖肉玉そば 越智@千葉県八街市と関連があるそうです。
 ⇒その後、冷凍自動販売機を扱っているだけで、経営等は無関係である旨の連絡がありました。

クリックすると拡大します

 オープンを知ったのが最近ですので、オープン記念の半額クーポン、ゲットならず。
 それでも、味玉130円、ミニチャーシュー丼380円が100円引き。

クリックすると拡大します

 前店には伺っていないので、店内に入ったらテーブル席が多くて軽く驚く。
 4人掛けが3卓、2人掛けが5卓。
 カウンターは3席。
 満席になっても対応出来るだけの店員さんがいるのでしょう。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計。
 メニューはまる壱ラーメン800円(店先のメニューでは「煮干しラーメン」)、お子様ラーメン400円、塩と醤油が用意されています。
 ご飯ものはチャーシュー丼680円、ミニチャーシュー丼380円。
 サイドメニューは本格焼餃子380円、本格唐揚げ380円。

クリックすると拡大します

 卓上には調味料が用意されていませんでしたが、店内角にコショー、粗挽きコショー、酢、醤油があります。
 各席にはウェットティッシュ、プラスチック製レンゲが置かれています。
 レンゲはポリ袋に入っていますが、使っても使わなくてもお客さんに一度出したら破棄しますよね。
 普通のレンゲを使って、洗った方が良さそうだけど、そこはお店の考え方。

クリックすると拡大します

 少し待って、まる壱ラーメン(醤油)800円
 やや小ぶりの丼に並々と注がれたスープ、麺が見えないほどのトッピング。
 スープを飲んでみると、煮干しは感じますが、煮干しスープとまでは思えない味わい。
 アッサリした味わいのスープは美味しいのですが、刻みタマネギや柚子皮がちょっと謎な感じ。

クリックすると拡大します

 角中太麺はしっかりと自己主張、スープとは合っていなくて美味しいので、製麺所の麺には思えません。
 店員さんに訊くと「知り合いの『元祖 肉玉そば 越智@千葉県八街市』から送ってもらっている」とのこと。
 ⇒私の聞き間違いで、横須賀の製麺所から仕入れているとのこと。
 トッピングはレアチャーシューが二枚に、メンマ、小松菜の上に柚子皮、半身の味玉に焼海苔。
 大きめのレアチャーシューはとても美味しく、薄めのスライスがスープによく馴染んでいます。

クリックすると拡大します

 卓上に調味料が置かれていないので、わざわざ席を立って取りに行くほどでは無く。
 食べ終わって、伝票を持ってレジに行って、お会計。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 店外には、お土産にどうぞ、と自動販売機で冷凍餃子を販売しています。
 この手の自販機で買ったことが無いので分からないのですが、全て同じで20個1,000円。
 高いのか安いのかもあるけど、この手の自販機の規格を共通化してコストダウンする時代も近いだろう。

クリックすると拡大します

 Zッ豚、相模原市中央区3-7-5。
 こちらで連食する予定でしたが、オープン日が8/2から緊急事態宣言明けへとずれ込んでしまいました。
 再び伺うことを楽しみにしています。

クリックすると拡大します

 お昼過ぎに、親父が入院している病院へ。
 今のご時世、お見舞いは出来ないので、久し振りに顔を見たな。
 元気そうで何より、ま、本当に元気なら退院するよな。
posted by ふらわ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188899666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック