2021年08月28日

トムヤムクン♪

/バーンタイ台所@秦野市尾尻にてランチ3(トムヤム クン ラーメンセット)/ラーメンおじ屋ひさし、再開準備中/

クリックすると拡大します

 ちょっと検査入院、の予定が1か月以上の入院になってしまいましたが、本日、無事に退院。
 1か月以上も病院のベットで横になっていると、体力が落ちるところまで落ちて、歩くのもままならない。
 少しずつ回復してくれたらいい。

クリックすると拡大します

 お昼は、自宅でそうめんかとも思いつつも、未食のバーンタイ台所@秦野市尾尻フェイスブックの公式サイト)へ。
 2014/4/8 市内上大槻1114-2にオープン。
 2021/4/9 同市に移転オープン。
 移転オープンは知っていましたが、定休日の火曜日にぶち当たること三回、なんだかなぁ。

クリックすると拡大します

 店内に入るとガランと広く、ホールの女性が「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」と案内して下さいます。
 パッと見渡すとカウンター席もあったけど、先客一組なので、そそくさとテーブル席へ座ります。
 都会の狭い店でテーブル席に座ると、とても居心地が悪いけど。
 お冷やを飲みながら、メニューを眺めます。

クリックすると拡大します

 グランドメニューも掲載されていますが、それはそれで食べた時に紹介するとして。
 ランチで単品メニューも頼めますが、やはりここはランチセットでしょう。
 ガパオライス、グリーンカレーライス、トムヤムクンラーメン、グリーンカレーラーメン、トムヤムムーラーメンのセット。
 セットはサラダ、小チャーハン、デザートです。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、PayPayも使えます。
 店内は壁向きカウンター4席、テーブルは2人掛けが2卓、4人掛けが5卓、計28席。
 壁に飾られている写真は、タイ国王のラーマ9世と10世。
 移転前の店内でも飾られていた様です。

クリックすると拡大します

 程なくしてランチ3(トムヤム クン ラーメンセット)1,100円
 やや滑り止めが利いたトレーに乗せられた、ラーメン、サラダ、小チャーハン、デザート。

クリックすると拡大します

 何から食べるのが正式な作法なのか知らないので、私はサラダから食べます。
 キャベツ、ニンジン、水菜にミニトマト、さっぱりしたドレッシングが掛かっていて美味しい。

クリックすると拡大します

 サラダを食べ終わったらトムヤムクンラーメン。
 トムヤムクンとは世界三大スープと呼ばれ、トム=煮る、ヤム=混ぜる、クン=エビのこと。
 海老やフクロタケ、レモングラスなどを色々と混ぜて煮込んだ、甘くて辛くて酸っぱいスープ。
 あまり熱くないのが猫舌の私好み、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 麺は細めの米麺、やっぱりトムヤムクンにはこの米麺がよく合います。
 スープには海老、フクロタケ以外にもモヤシも入っていて、パクチーが乗せられています。
 いわゆるラーメンに比べるとトッピングが少ないけれど、スープと麺が美味しいから問題なし。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べている途中で小チャーハンを。
 使われているお米はタイ米の様で、パラッパラの炒め加減、薄い味付け。
 単品で食べるとあっさりし過ぎている印象ですが、トムヤムクンと一緒に食べるとベストフレンド。

クリックすると拡大します

 程良くお腹いっぱいになって、デザート。
 デザートはサークー(タピオカ入りココナッツミルク)の様ですが、自信なし。
 僅かに入っているコーンの甘味もあって、とても美味しい。
 食べ終わって会計を済ませると、店主さんが厨房から出てきて下さって、挨拶して下さいました。

クリックすると拡大します

 ラーメンおじ屋ひさし、再開準備中
 店主さんの腰痛のため、緊急事態宣言もあって、しばらく休業されていました。
 遂に9/1に営業再開されるそうです。

クリックすると拡大します

 店先には再開にあたってのご挨拶と、チャーシューを増量する旨が説明されています。
 また、再開後のメニューも紹介されています。

クリックすると拡大します

 新しい試みとして、食材ロス対策として、閉店後に食事付きの皿洗いバイトを始めます。
 どのくらい受け入れられるかは未知数ですが、やってみないことには分かりません。

クリックすると拡大します

 その後、デジイチを持ち出して、写真の練習。
 蝶に気を取られて寄っていないし、バックにキバナコスモスの蕾が映り込んでいるし。
 日々頑張る。

キバナコスモスとヒョウモンチョウ

 キバナコスモスとヒョウモンチョウ
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 129mm / Fv(F9、1/320秒、±0EV) / ISO 100
 ISOとF値の調整に気を取られ、寄りが疎かになってしまった。
 花と蝶の組み合わせには決まりがあると思う。

ツクツクボウシが鳴く晩夏

 ツクツクボウシが鳴く初秋
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 123mm / Fv(F6.3、1/125秒、±0EV) / ISO 640
 敢えて寄らずに樹木の太さと緑の裏側を写し込む。
 蝉を右の寄せたかったので、それは今後の課題。
posted by ふらわ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188957594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック