2021年09月12日

初ダイブめし

/鶏そば久遠@南林間にて肉まぜそば、ダイブめし/

クリックすると拡大します

 金木犀の香る頃〜♪
 昔、白い金木犀を初めて見た時、「金木犀に白いのもあるんだな」と思ったんです。
 それを友達に話したら、、銀木犀があると知りました。
 世の中、分からないことだらけだ。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、鶏そば久遠@南林間(大和市南林間)公式ツイッター)へ。
 最近、この店をプロデュースしたOMOの島田社長のYoutubeチャンネルをよく観ています。
 プレオープン時に、島田社長も厨房に入っていたので、その時にチャンネルを知っていたらなぁ、と。
 ということで開店少し前に伺ったら、外待ち2人。

クリックすると拡大します

 三番目に店内に入り、券売機へ。
 今年の三月にオープンされて半年、店舗によっては限定メニューを次々と販売されていますが。
 まー、券売機のボタンが満タンなこともあってか、未だ限定メニュー無し。
 素晴らしいと思います。

クリックすると拡大します

 カウンター席に案内され、食券を店員さんに渡します。
 おしぼりとお冷やを奥に置いていて、手元近くに置くと危ないって分かっているんだなと思っていたら。
 先のチャンネルで紹介してた、、だからといってちゃんと出来るのは素晴らしいと思います。
 店内を見渡すと、店員さん3人は全員女性、笑顔と笑声はマスク越しでも伝わります。。

クリックすると拡大します

 程なくして、肉まぜそば950円
 肉まぜそばは毎日販売されているわけではないので、公式Twitterを要チェック。
 麺量が2玉分、チャーシューが200g、とはいえ、サンプル写真より多く思える麺相。
 ご飯だったらそのまま端っこから食べたらいいんだけど、麺だから全体を軽く馴染ませます。

クリックすると拡大します

 全メニュー共通の縮れ平打太麺が濃いめのたれに良く合っていて、とても美味しい。
 一口目は麺だけ味わいましたが、二口目からはチャーシューと一緒に味わいます。
 チャーシューは兵庫但馬鶏の皮と胸肉、豚バラの二種類(三種類?)、これは旨いなぁ。
 値段だけ考えるとあれこれと食材を足しそうですが、単に量が多いだけなんだけど、旨いから問題なし。

クリックすると拡大します

 チャーシューと麺を配分よく食べるベキでしたが。
 途中から敢えてチャーシューを残し、口頭注文現金会計でダイブめし60円をお願いします。
 小皿にライスを盛り付け、梅干しを乗せてさっと振り掛けが振られています。
 梅干しがあるとお得感がありますが、食べることを考えると、どうしたものだろうか。

クリックすると拡大します

 ダイブめしってことで、残したチャーシューの上にダイブ、しました。
 全体を軽く混ぜて食べると、チャーシューが美味しいから美味しい、という単純な結論。
 ただ、還暦ジジイの私にはちょっと量が多かったなぁ。

クリックすると拡大します

 店員さんの接客は気配り目配りが利いていて、気持ちよくラーメンが楽しめました。
 だた動きがちょっとキビキビし過ぎていたので、もう少しゆっくり動いた方が、よりラーメンを楽しめると感じました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 麺や いかり 大和店、鶴間店の2号店として2021/9/10オープン予定、でしたが。
 現在内装工事中、まだまだオープンまで時間が掛かりそうです。

小川の中の雲
 小川の中の雲
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / Auto(F8、1/250秒、±0EV) / ISO 100
 空の雲を撮ろうとしたら、川に映り込んでいたので、川を中心に撮影。
 平らな田んぼの近くを流れる川なので、鏡のように落ち着いた水面。

明るい雨降り
 明るい雨降り
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 70mm / Auto(F5.6、1/160秒、±0EV) / ISO 160
 以前のコンデジならば、トリミングして「いいところ」だけの写真にするところですが。
 一眼レフカメラの写真は、トリミングしないと決めた(今のところは守っています)。
 トリミングしなくてもいいように何枚も撮ったけど、まともに撮れたのはこの一枚だけという。
posted by ふらわ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188991933
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック