2021年09月14日

生田の新店

/This is イクタヌードル@生田にて7種の魚介塩そば(からあげ2個とライスセット)/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて自宅待機。
 自宅待機していてもお腹は減るし、毎日自炊ってのも辛い。
 んじゃ、そういうことで、新規オープンのラーメン店にでも行きますか。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、This is イクタヌードル@生田(川崎市多摩区生田8-2-2)公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 2021/9/11-12にプレオープン、9/14にグランドオープン。
 OMO(お客様みなさまおかげさま)のプロデュース、いわゆるひとつの、島田プロデュース。
 立地は小田急小田原線生田駅から徒歩7分、青柳食堂(1960-2020/9)の跡地。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-15:00 17:00-23:00、無休。
 確かなことは分かりませんが、時短営業されない雰囲気。

クリックすると拡大します

 店先には、満席の場合の説明が掲げられています。
 流れとしては、食券を買う ⇒ 店内を覗く ⇒ 満席ならば店外で待つ、な感じ。
 学生サービスは、主に明治大学生田キャンパスの大学生向けですね。

クリックすると拡大します

 して券売機、久遠@南林間と酷似しています(同じプロデュース店なので当たり前)。
 メニューは鶏白湯ラーメン880円、味噌鶏白湯ラーメン980円、7種の魚介塩そば850円。
 サイドメニューは肉汁からあげ2個150円、トッピングとして味玉100円。
 ご飯ものは但馬鶏丼450円、肉生姜めし250円(毎週木曜日は100円)、高菜ごはん180円、ダイブめし60円。

 ※久遠では「味噌鶏白湯ラーメン」ではなく「伊勢海老味噌980円」、肉まぜそばがあります。
 ※久遠には「水餃子380円」がありますが、「肉汁からあげ」がありません。
 ※久遠では「肉生姜めし」ではなく「肉めし300円」。

クリックすると拡大します

 店内はステンレス製のU字カウンターが5席と2席と5席、4人掛けテーブルが1卓、計16席。
 卓上にはピンクブラックペッパー、エキゾチック酢、オレンジ酢、煮干し酢。
 観葉植物、って言うのかな、カスターセット毎に異なる植物が飾られています。

クリックすると拡大します

 「こちらへどうぞ」と案内された席には、お冷やとオープニングフライヤーが用意されます。
 お冷やはちゃんと奥の置かれていて、、ってチェックしている場合じゃないわ。
 他のラーメン店から羨ましがられるほど広い厨房にキッチン5人、ホールは3人。
 Tシャツは男性が黒、女性が白、胸と背中には『BARIUMAIGANA』(バリウマイガナ)と書かれています。

クリックすると拡大します

 オープニングフライヤーには、次回訪問時以降のサービス券が付いています。
 1回くらい使ってみたいのですが(特に肉生姜めしを食べたい)、このフライヤーを常に持ち歩くのはきっと無理。

クリックすると拡大します

 店内には大きなちょうちんが吊る下げられています。
 「鶏ガラ 豚ガラ 人柄。」は、故武内伸さんの「ラーメンは鶏ガラ、豚ガラ、(店主の)人柄の三ガラ」のことだろう。
 「ラーメンは飲み物。」は、株式会社のみもの。が運営する「カレーは飲み物。」のインスパイアでしょう。

クリックすると拡大します

 少し待って、7種の魚介塩そば(からあげ2個とライスセット)1,100円
 先にラーメン、ワンタイミングおいてからあげとライス。
 スープは鶏ガラ、煮干しの「だしスープ」を基本に、玉ねぎをソテーした甘味のある塩だれを合わせています。
 あっさりているのにコクを感じる、他のラーメン店では味わえない美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は柔らかめ仕上げで私にはちょうど良いけど、近くの明大生にはどうだろうか。
 トッピングは炙り豚バラ肉チャーシュー、水菜、アーリーレッド、半身の味玉。
 盛り付けをどれだけ練習したか分からないけど、厨房からテーブルまで運ぶ間に乱れてしまうのだろうか。
 麺に対してスープが多いように思えるけど、直ぐに修正されることでしょう。

クリックすると拡大します

 唐揚げは3種の酢(エキゾチック酢、オレンジ酢、煮干し酢)で食べるのがオススメらしいけど、2個しかない。
 小皿に乗った唐揚げに酢を掛けるのは、不器用な私には厳しすぎる。
 ので、そのまま食べました。
 一口サイズで味付けがしっかりした味わい、思っていた以上に美味しい。

クリックすると拡大します

 ライスはそのまま食べても美味しいのだろうけど、残ったラーメンスープを回し掛けて頂きます。
 大抵のラーメンスープはライスに合うので、改めて「とっても合うんです」などと言う必要を感じません。
 柚子胡椒などの調味料があるといいんだけど、ご飯量は二口分くらいしかないし。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 このステンレス製のテーブルって、細かい傷が付いて、ぼんやりと曇ってしまいがち。
 しばらくしたら、また、伺ってみよう。

クリックすると拡大します

 せっかく生田で降りたので、南側に渡って見ると。
 油めん くうねるまぜる、くうねるまぜる つけ麺専門店に向かってみると、東秀に変わっていました。
 ああ、そう言えば、そんなニュースを見た覚えがあるな。
posted by ふらわ at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> 自宅待機していてもお腹は減るし、毎日自炊ってのも辛い。

自宅待機はさておき、奥様が作った物を食べることを自炊って言うの?
Posted by tomoco at 2021年09月15日 21:06
tomocoさん

 朝と昼は自分で料理しています。
Posted by ふらわ at 2021年09月15日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188996992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック