2021年10月14日

下ブレ考

/かめや新宿店にて天玉せいろ/元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)向ヶ丘遊園店@向ヶ丘遊園にて生ビール、ネギバカサラダ、鬼辛タンタンメン、ニラ/

クリックすると拡大します

 朝はかめや新宿店紹介のページ)へ。
 かめや全店舗(新宿、新橋、神田東口、神田西口、御徒町、銀座)訪問済みながら、還暦に掛けて原点回帰。
 店名看板にはかめやの中で唯一、「池之端」が付いていません。
 店内には立ち食いスペースは無くて全て着席方式、つまり「立ち食い蕎麦や」ではありません。

クリックすると拡大します

 経営母体は、上野池之端の老舗割烹「亀屋一睡亭」。
 鰻屋へ転業する1950年以前は、江戸時代から続く和菓子屋(最中の皮作り)。
 昭和46年(1971年)に新宿思い出横丁で開業して以来、荒川雄行(かつゆき)さんが一代でその味を作り、守っています。
 24時間営業であり、ドアとか戸は存在しないので、夏は暖房、冬は冷房。
 何かの感染か発生するとは思えない開け放たれた店構えですが、アクリル板はあります。

クリックすると拡大します

 メニューはそばとうどん、温と冷、せいろ。
 お店には数え切れないほど伺っていますが、その殆どは天玉せいろ、現在の値段は430円。
 かめやで天ぷらと言えばかき揚げ、玉子と言えば温泉玉子。
 口頭注文後会計、先払いのお客さんも決して少なくありません(私もそう)。

クリックすると拡大します

 自動的に温玉はもり汁に沈められているので、軽く崩してからお蕎麦を手繰ります。
 蕎麦は自家製麺、蕎麦が何割なのかは知らないけれど、美味しい蕎麦は美味しい。
 天ぷら(かき揚げしか無い)は店内揚げですので、揚げ手によって味が変わります。
 とは言え、食べてから「今日のは美味しかった」と分かるんだけど。

クリックすると拡大します

 美味しくお蕎麦を食べ終わったら、湯桶に用意されたそば湯でもり汁を割って、食後を楽しみます。
 お蕎麦を茹でたお湯こそ「そば湯」だと思っていますが、昨今の高級蕎麦屋ではちょっと違うようです。
 どちらもどちらとして美味しいですよね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新しい職場の近くにラーメン店をやっと見つけて、伺ってみたら。
 ちょっとしたことがあって、美味しくラーメンを食べられませんでした。
 もちろん私に100%の非があるので、何の言い訳も、説明もしません。
 次いくよ、次。

クリックすると拡大します

 夜は、元祖ニュータンタンメン本舗(イソゲン)向ヶ丘遊園店@向ヶ丘遊園(川崎市多摩区登戸)公式ホームページ)へ。
 宣言が発出され、アルコール飲料の提供が無くなったり、営業時間が不安定になったりして。
 しばらくぶりです。

クリックすると拡大します

 先月、登戸店がオープンしたときに、メニューが全店で変わったみたいです。
 直営店はともかくFC店では、このメニューに二重線を引いたり、別にポップを用意されることでしょう。
 取り敢えず、メニューコンプの予定はありません。

クリックすると拡大します

 少し時間差がありましたが、向ヶ丘遊園店でも鬼辛タンタンメンが始まっています。
 『新たな唐辛子を加え、辛さを一新。』とあります。
 毎週水曜日はレディースデー、ソフトドリンクかトッピングが無料サービスされます。
 今日は水曜日では無いし、そもそも私は女性ではないし。

クリックすると拡大します

 店内は先客1人、後客多数。
 何はなくとも、先ずはお疲れ様の生ビール500円
 こうやってお店で生ビールが飲めることは、当たり前の日常なのか、特別な日なのか。

クリックすると拡大します

 何かつまみは無いかなぁ、とメニューをチラチラ。
 向ヶ丘遊園店限定メニューとかあるんだ、ご飯物じゃなくて麺類だったら即座に注文するんだけどな。
 期間限定で販売されたトッピングが、期間限定で復刻しています。
 ワカメ110円、海苔150円、豆腐120円、ザーサイ130円。

クリックすると拡大します

 と言うことで、ネギバカサラダ350円
 分葱と白葱を胡椒をたっぷり混ぜてゴマ油で和え、白胡麻を振ってあります。

クリックすると拡大します

 さっぱりしすぎていてビールに合わないかと思ったら、そんなことはなく。
 美味しいですねぇ、ヘルシーかどうか分からないけど、そんなことはどうでもいいわ。

クリックすると拡大します

 そして、鬼辛タンタンメン860円、ニラ150円
 スープをすくって味わってみると、鶏ガラの旨味が感じられないし、溶き卵の甘さも届かない。
 鬼辛用の唐辛子がスープに合わないのか、スープ自体が下ブレなのか。
 辛さは「メチャ辛」より辛いけど、美味しい辛さには感じられません。

クリックすると拡大します

 麺の茹で加減も緩く、スープとの相性もイマイチ。
 トッピングのニラは後茹で乗せ。
 ニラのトッピングはスープと一緒に煮込む、別に茹でて乗せるなど店舗毎に異なると考えていました。
 店舗ではなく料理人によって異なるんですね。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 工業製品ではなく、人が人の手で調理する料理である以上、ブレがあるのが当たり前。
 とは言え、初めて食べた味が今夜の味だったら、「ブレるのは当たり前だから」と再訪しませんよね。
 私は美味しい時を知っているので、また食べに来ます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
タイトルに「考」とついていますが、普通は考察している文章につけると思います。考察していないこの文章につける意味はなんでしょうか?
Posted by みさき at 2021年10月16日 06:51
みさきさん、コメントありがとうございます。

> 考察していないこの文章につける意味はなんでしょうか?

 特に意味はありません。
 語呂がいいから付けてます。
Posted by ふらわ at 2021年10月16日 10:04
>特に意味はありません。
 語呂がいいから付けてます。

なるほど、タイトルに意味はなく内容とは関係ないということですね。ありがとうございます。
本文だって意味を知らないのに使っている言葉がたくさんありますものね。
Posted by みさき at 2021年10月16日 18:03
> 店舗ではなく料理人によって異なるんですね。

違って当たり前。中本に通っていた頃さんざん○○さん調理って書いてたじゃないですか。

もっと通って常連になって調理人を指名できるようになればふらわさん好みのを食べられますよ。
Posted by tomoco at 2021年10月16日 20:31
tomocoさん

> 違って当たり前。中本に通っていた頃さんざん○○さん調理って書いてたじゃないですか。

 えっ、真に受けてたの?

> もっと通って常連になって調理人を指名できるようになればふらわさん好みのを食べられますよ。

 自身の好みが分からないので、どんなに常連になっても好みは食べられないと思います。
Posted by ふらわ at 2021年10月19日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189068472
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック