2021年10月17日

すんごいうまい鉄板焼き

/京都ラーメン森井 矢向店@矢向にて塩ラーメン、ネギ塩チャーシュー丼/ノー・タイム・トゥ・ダイ/川崎鉄板焼きKatakagoにて鉄板焼きを楽しむ/

クリックすると拡大します

 雨かよ、日曜日なのに(関係ないか
 夜はステーキ(のはず)なので、その前に一杯だけ食べましょうかね。
 せっかくの日曜日、厳選して厳選していたら、お昼営業に間に合わなくなりそう。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、京都ラーメン森井 矢向店@矢向(横浜市鶴見区矢向)公式インスタグラム)へ。
 オープン日に伺って以来、2回目の訪問になります。
 祝い花で囲まれている店先も素敵ですが、こんな感じのファサードも素敵です。

クリックすると拡大します

 オープン直後はメニューを絞っていましたが、現在ではフルメニュー(正確には違います)。
 京都熟成醤油750円、塩750円、醤油豚骨800円、味噌800円、辛味噌850円。
 さて、何を食べようかな。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買うと、細麺か太麺か、麺の硬さ、ネギの量を訊かれます。
 淀みなく答えて、空いていたカウンター席へ案内されます。
 卓上の調味料も他店と同様のラインナップ、ブラックペッパーグラインド、黒七味、おろしニンニク、柚子胡椒。

クリックすると拡大します

 「森井のこだわり」はオープン時から貼り出されています。
 こちらでは九条ネギスタート、続けてスープ、かえし、麺の順番。
 色々なラーメン店でこだわりを見かけるけど、「京都産九条ネギ」から書かれているのは他で見たことがありません。

クリックすると拡大します

 少し待って、塩ラーメン750円
 麺は太麺、麺の硬さは柔らかめ、ネギは普通でお願いしています。
 いわゆる鶏清湯スープ、たれを塩にすることで、スープの味が良く分かると言っていたこともあったけど。
 大切なのはスープに塩を合わせた先の味わいだと知ったのは随分経ってから。
 森井の塩スープはとても美味しくて、私にとって最高の身分相応の味わい。

クリックすると拡大します

 柔らか仕上げにした太麺はとってもスープに馴染み、スルスルと食べられます。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシューが二枚、細切りメンマがひとつかみ、アーリーレッド、九条ネギ。
 決して安くない九条ネギを惜しげも無く合わせていて、美味しいスープがさらに美味しくなります。

クリックすると拡大します

 そのまま食べきってしまいそうになるところを、せっかくなのでお楽しみの味変タイム。
 柚子胡椒におろしニンニク、最後に黒七味をぱっぱと振ります。
 これはこれでここでしか味わえない美味しさ。

クリックすると拡大します

 ネギ塩チャーシュー丼300円
 前回訪問時にも食べましたが、チャーハンを販売されていないので、今回も食べます。
 お茶碗によそったご飯の上にたっぷりとサイコロチャーシュー、たっぷりと九条ネギ、塩たれに胡椒。

クリックすると拡大します

 箸でも食べられますがレンゲで頂きます。
 少し多いかなと思うほどすくって食べると、まあ美味しい。
 半分ほど食べて、残りはスープを掛けて食べて、味変の真似事を。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 たまたま店長さんがいらっしゃったので、「チャーハンはやらないんですか?」と訊くと。
 わざわざ店外に出てきてくださって、丁寧に説明して下さいました。
 ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 その後、久し振りの映画。
 ノー・タイム・トゥ・ダイ、とても楽しめました。
 伏線回収のため、改めてアマプラで観直したい。

クリックすると拡大します

 お誘い頂き、今夜は川崎鉄板焼きKatakagoで鉄板焼きを楽しむ
 店名のKatakagoは堅香子(かたかご)、つまりカタクリの花、店長さんの故郷に由来するとのこと。
 店舗はビルの5階、店先で「鉄板焼きでも食べるか」とドアを押す店では無く、事前に予約して伺うお店です。
 日曜日の夜と言うこともあってか、店内満席で2回転されていました。

クリックすると拡大します

 店内は鉄板を囲むL字カウンター8席と個室、黒いユニホームで身を包んだ店員さんが温かく迎えて下さいます。
 BGMはピアノソロのライトジャズ、ゆっくりした時間をそっと繋ぐように流れています。
 テーブルには、マスク会食用のマスクが入った紙製のマスクケースが用意されています。
 自身のマスクをマスクケースにしまい、用意されたマスクを使って楽しく会食。

クリックすると拡大します

 予約したコースは【hiiragi-ヒイラギ-】13,200円(税込)、メインを鮑かフォアグラから選べるので、2人とも瞬時に鮑。
 メインを選んだら和牛のプレゼンテーション、重箱に揃えて見せて下さいます。
 左が黒毛和牛のヒレ、松坂牛の雌のサーロイン、この時点で焼き加減を訊かれます。
 トリミング済みで後は焼くだけ、このプレゼンテーションは気持ちが高揚しますなぁ。

クリックすると拡大します

 と言うことで今夜は川崎で2人お疲れ様会、スパークリングワインがいつにもなく美味しい。
 いつもだったら淀みなくワインを飲み続けるところです、が。
 今夜は目の前の鉄板焼きから目が離せないので、ペアリングワインをお願いしました。
 飲み物は、何も分からない頃はお任せで、分かってくると銘柄指定で、頂を過ぎるとお任せで。

クリックすると拡大します

 【本日のアミューズ】
 サーロインの炙り寿司、塩と塩昆布で味付けされ、お好みで山葵。
 アミューズに肉寿司とはさすがは鉄板焼き屋、ちょこんと山葵を付けて頂くと。
 肉の旨み、真っ直ぐじゃないか。

クリックすると拡大します

 【前菜盛り合わせ】
 左:ひよこ豆と和牛スジのトマト煮込み、箸ではちょっと食べにくいので、スプーンを持って頂きました。
 中:粗みじん黒毛和牛のレアステーキ、九州の甘い醤油とトリュフで味付けされていて、美味しさ三重奏。
 右:ホタテ貝柱のマリネ、ソースをちょこっと付けて、おちょぼ口でひとつずつ美味しい。
 前菜にこんなに力が入っていて、後の料理は大丈夫なのか、大丈夫なんですね。

クリックすると拡大します

 料理に合わせて白ワイン。
 Georges Duboeuf Mâcon Villages(ジョルジュ・デュブッフ マコン・ヴィラージュ)2017 ブルゴーニュ 白。
 ひとつひとつの料理が繊細なので、ワインの量は最小限にして大正解。
 たまたま「そうなんじゃないかな」と少なめにしてみただけなんだけど、店の雰囲気から感じることってあるよね。

クリックすると拡大します

 【野菜のテリーヌ】
 野菜はハロウィンスイート(サツマイモ)、オクラ、カリフラワー、ブロッコリー、青梗菜、アロマレッド(ニンジン)、アスパラ、ドジョウインゲン、モロッコインゲン、セロリ、ズッキーニ、赤パプリカ、黄パプリカ、キャベツ。
 15種類なので1種類聞きびれて不覚。
 ソースは薄ピンクの粒マスタードとハム、黄色いのツナにスパイス、黒の黒オリーブとニンニクとアンチョビの3種類。
 ソースとあわせが絶妙、野菜がとっても美味しいので、そう伝えると、鎌倉野菜とのこと。
 この一品を仕上げるためにどのくらいの時間が掛かったのか考えたら食べられないので、考えずに食べる。

クリックすると拡大します

 【伊勢海老】
 海老の殻に海老味噌が入っているし、合わせるソースにも海老味噌が馴染ませてあるし。
 コース料理としての伊勢海老、鉄板焼きなのでこれ以上は考えられないほど絶妙な火加減。
 美味しいですなぁ、素晴らしいですなぁ。

クリックすると拡大します

 【メイン】
 フォアグラと鮑から鮑を選んだのですが、お皿が鮑調で素敵。
 鮑は殻も一緒に鉄板で温めていて、盛り付けから食べるまでの時間を温めてくれます。
 味付けに塩胡椒は使わず、醤油とバターのみ、素材の味をどこまでも引き立てます。
 色々な鮑を色々なお店で食べてきたけど、2番目に美味しい。

クリックすると拡大します

 続いて赤ワイン。
 Spellbound Cabernet Sauvignon(スペルバウンド カベルネ・ソーヴィニヨン)2017 カルフォルニア 赤。
 フルボディをお願いしたら、フルボディに見せかけて、これから提供される肉料理に合わせたフルボディ。

クリックすると拡大します

 【A5黒毛和牛フィレ・サーロイン】
 付け合わせの野菜は柔らかさを残した焼き加減、あくまでも肉料理の脇を固める位置付け。
 オススメに従ってミディアムレア、フィレもサーロインも「やっぱり焼肉は鉄板焼きでしょ」を裏付ける最高の美味しさ。
 火加減、塩加減、量加減と自分で焼いたら絶対に出来ません。
 山葵、塩、胡椒と色々と楽しめ、フライドガーリックで味を切るのも楽しめます。
 奥に用意されているのが泡醤油、泡立てた醤油で、お肉に合わせるとここでしか味わえない美味しさが楽しめます。

クリックすると拡大します

 【〆のご飯】
 〆のご飯はガーリックライス、ご飯の量は並か少なめで選べるので、並で。
 赤出汁が添えられ、肉料理のクールダウンに向けて、最適なガーリックライス。
 鉄板焼きで焼くとご飯も美味しい。

クリックすると拡大します

 【本日のデザート】
 サツマイモのジェラード、最後のデザートもしっかり作り込まれています。
 甘いデザートは苦手なのですが、こちらのデザートは美味しいので残さず頂きました。

クリックすると拡大します

 外看板は無く、エレベーター近くに立て看板が1つだけ、しかもビルの5階。
 リーズナブルとは言えない値段ですが、お値段以上の美味しさと非日常感が楽しめる鉄板焼き。
 ランチがどんな客層でどんな料理を楽しめるのか、とても興味があります。
 美味しい料理と温かい接客、ありがとうございました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> たまたま店長さんがいらっしゃったので、「チャーハンはやらないんですか?」と訊くと。

意識高い系のお客様が300円のネギ塩チャーシュー丼を頼んでくださるのに
わざわざチャーハンなんてめんどくさくてやってられないですよ。

うちは厨房が狭いからとか、そのうちスタッフに余裕ができたらとでも答えておくか…。
Posted by tomoco at 2021年10月19日 20:04
tomocoさん

> わざわざチャーハンなんてめんどくさくてやってられないですよ

 物を知らないって、幸せですね。

> うちは厨房が狭いからとか、そのうちスタッフに余裕ができたらとでも答えておくか…。

 ラーメン店を馬鹿にするのも、程々にして下さいね。
Posted by ふらわ at 2021年10月19日 22:58
川崎鉄板焼きKatakagoについての文章が、秀逸ですね。虚栄心や無知蒙昧な様とふらわさんの魅力がこれでもかと詰まっています。
Posted by みさき at 2021年10月21日 05:49
みさきさん、コメントありがとうございます。

 誤記や勘違いが幾つかありますが、誰も指摘してくれないので直さないでおきます。
Posted by ふらわ at 2021年10月24日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189075458
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック