2021年10月19日

藤之家復活

/東新宿 炭火割烹 倉乃介 発酵と熟成の幸にてAセット/藤之家@伊勢原市桜台1-3-3にて醤油らーめん、餃子5個/

クリックすると拡大します

 火曜日なのに寝坊。
 慌てて支度して、雨なのでクルマで駅まで行って、急いで電車で会社に向かう。
 ギリギリ間に合ったから良かった。

クリックすると拡大します

 お昼は、東新宿 炭火割烹 倉乃介 発酵と熟成の幸公式フェイスブックページ)へ。
 ここが噂のワンオペ炭火割烹。
 夜は入口が目立つのかも知れないけど、昼間は薄紫が目立ちます。

クリックすると拡大します

 店先にメニューが掲げてあり、Aセット1,000円、Bセット1,000円、Cセット1,500円。
 このくらいの値段だと店内が全く見えなくても安心して入店できますね。

 入口はちょうど厨房の裏手で、ぐるっと左側を回り込んで店内へ、、、って通路にお客さんが並んでんじゃん。
 3人客の後ろに続きましたが、「いらっしゃいませ、お待ち頂けるのであれば先に注文をお願いします」と店主さんが声を掛けてきます。

 店内はカウンター6席に4人掛けテーブルが2卓、満席。
 注文、調理、配膳、下げ膳、接客、全て1人でこなされています。

 バイトや調理人は募集されておらず、初めっから1人でやるつもりだったんだ、やっていくつもりなんだ。
 まま、提供までは時間は掛かりますが、さっと座ってさっと食べるは飽きるほどやったので。

クリックすると拡大します

 お店に着いて14分後に、Aセット1,000円(税込)
 副菜はクリームコロッケか油淋鶏から選べますので、クリームコロッケにしました。
 小鉢の豆腐、漬物、刺身は予め用意されていますが、魚が焼き上がってからご飯をよそり、味噌汁を注いでいます。
 ワンオペだから抜ける手は抜くけど、抜いてはいけない手はしっかり掛ける。

クリックすると拡大します

 味噌汁で箸を濡らしてから、ホッケ焼きを頂きます。
 「特上ほっけ」と説明されていて、炭火で焼き上げるのでガスよりは時間が掛かります。
 ほんのりと炭の香りをまとったホッケ、やや粗いおろしを乗せて食べると、とっても美味しい。
 いつもだったら醤油をたっぷり掛けるところ、今日はおろしだけで頂きます。

クリックすると拡大します

 ミニ刺身と称して、カツオの刺身。
 分厚い切り身が食べ応えがあり、魚の美味しさがしっかりと感じられます。
 メニューによると200円増で牛スジ煮込みに変更できるそうで、何人かのお客さんが変更していました。
 A、B、Cと食べた暁には試してみよう。

クリックすると拡大します

 クリームコロッケ、特製ソースをスプーンで掛けて頂きます。
 定食の主役を張れるほどの美味しさ、なんか凄いな。
 ご飯がやや少なめなのがアラ高の私には最適解、次回もこの量でお願いします。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、藤之家@伊勢原市桜台1-3-3へ。
 九州豚骨らーめん藤之家(2018/4/13-2020/5/31)がリニューアルし、2021/10/11オープン。
 1年以上休業されていたことになります。
 立地は、伊勢原駅南口いせはらcoma(公式ホームページ)1階。

クリックすると拡大します

 営業時間は月曜から金曜が18:00-23:00、土曜日が12:00-15:30 17:00-20:00、定休日は日祝。
 こんな駅近の立地で夜営業のみ(当面は20:00まで)、日祝休みって、あんまり聞かないな。

クリックすると拡大します

 店内の券売機の位置は変わっていないので、迷わず向かいます。
 メニューは醤油らーめん720円、塩らーめん720円、つけ麺720円。
 ご飯物は叉焼飯350円、葱飯250円、ライス100円。
 その他は餃子5個300円、瓶ビール(小瓶)420円、ハイボール380円など。

クリックすると拡大します

 席配置は前店踏襲、厨房を囲むL字カウンター4席と2席、テラス席が2人掛けテーブルと4人掛けテーブルが2卓、計16席。
 卓上には一味唐辛子、白胡椒、醤油、酢、辣油。
 先客1人、後客7人と閉店間際の駆け込み(私もそう
 厨房を見上げると、なんと「らーめん屋さとう@秦野市(2015/2/18-2017/2/19)」の店主さんじゃないか。
 紆余曲折ありながらも未だに現場で働かれているんだ、素晴らしいです。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油らーめん720円
 薄茶色のスープは鶏ガラスタートの豚ガラ、化調も使われている印象で、どこにも特出しない美味しさ。
 こういう、何の変哲も無いスープって、どこにでもありそうでどこにもない。
 大行列にはならないけど、普段使いで重宝される味わい。

クリックすると拡大します

 細麺は麻生製麺、少し茹で時間が長くて、少し緩んでしまっています。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、穂先メンマ、アオサ、なると。
 しっかりと味付けされた穂先メンマは、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ラーメンと同時に提供された、餃子5個300円
 ちょっと焼き方が足りていない印象ですが、まだまだオープンして日が経っていないからかな。

クリックすると拡大します

 今日の調味料は醤油と辣油、直接餃子に掛けて楽しみます。
 皮は程々の食感、餡は挽肉たっぷりで、ラーメンと一緒に食べるとなお美味しい。

クリックすると拡大します

 店内は混み合っていて、営業時間が近づいているので、お声掛けは次回の楽しみにして。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189077869
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック