2021年10月27日

初めての海鮮こぼれ寿司

/鮮魚と釜飯のお店 魚義にて海鮮こぼれ寿司/

クリックすると拡大します

 夜は鮮魚と釜飯のお店 魚義へ。
 人出が多く、すっかり日常が戻ってきたと言われている夜の町。
 夜に飲み歩かないので、これが日常なんだと言われて、初めて知りました。
 戸を開けると1階のカウンター席は満席で、奥の階段を登って2階へ。

クリックすると拡大します

 2階は個室のみ、大の大人が四人では狭いけど、二人なら十分の広さ。
 とはいえ、「初めまして」の人とは厳しそうですね。
 今夜は三田で2人お疲れ様会、ふー、生ビールが今夜もうまい。
 付き出しはヒジキ煮、エンガワユッケ、松前漬け、どれもがビールに合う合う。

クリックすると拡大します

 ビールが飲み終わったら日本酒。
 レギュラーとして16種類揃っていて、厳選として5種類用意されています。
 ということで、今夜は而今(半合700円)からスタート。
 特別純米の美味しさ、口切りの相応しい一杯。

クリックすると拡大します

 刺し盛りが出来上がってくる前に、ホタルイカの沖漬け490円
 而今の特純に合わせたつもりでしたが、これがよく合ってとても美味しい。
 ホントはお店の人に合わせてもらうのが一番ですが、こうやって自分で合わせてみるのも楽しい。

クリックすると拡大します

 二杯目はシュッとあっさり系の紀土(1合1,090円)。
 友人も飲むとのことで一合でお願いしたら、竹を模した徳利とお猪口。
 本物の竹ですと香り(匂い)が移ってしまうけど、だからといって竹以外で作ると風情に欠ける。
 ま、そんなことより、お酒を飲みながらのお喋りが楽しい。

クリックすると拡大します

 お待ちかねの、お刺身 五種盛り合わせ1,890円
 お刺身はサーモン、本マグロ、メダイ、ブリ、カンパチ、2人だけど各切り身が五切れずつ。
 奪い合えば足らず、譲り合えば余る、だっけな。
 付け合わせのワカメやダイコン、ニンジンのツマも美味しい。

クリックすると拡大します

 三杯目は、醸し人九平次(半合750円)。
 元々は熟成酒蔵だったのに、ここ数年ですっかり新酒蔵(って言うのかな)になってしまい。
 いや、熟成酒もあるんだけど、新酒の方に接することが多いだけか。
 刺身によく合って、お刺身が美味しければ日本酒も美味しい。

クリックすると拡大します

 本日の一本煮魚1,090円、本日の魚はキンキ。
 注文が入ってから煮付けるので時間が掛かり、着席と同時に注文してあります。
 値段相応と言ってしまったらそれまでだけど、2人で食べるんだったらこのくらいの量がちょうどいい。
 味が良く染みていてとても美味しい煮魚、どの日本酒を合わせるかな。

クリックすると拡大します

 合わせたのは手取川(1合1,090円)、今夜は本流。
 少し甘めが強めですが、煮魚によく合う美味しさ、って、手取川なら大抵の料理に合うと思うけどね。
 しかしどの日本酒も安く提供していて、ありがたみにちょっとだけ欠ける。
 いやいや、美味しい日本酒を安く飲めるのでありがたいです、はい。

クリックすると拡大します

 たまにはフォトジェニックな料理をと、海鮮こぼれ寿司(小)990円。
 マグロやサーモン、雲丹やイクラ、蟹などを山盛りにしたお寿司、、ってお寿司ですよね。
 色々な味が1度に楽しめる超お得なお寿司、しかも安い。
 この盛り付けで「小」なんだよね、「大」の盛り付けを見てみたいなぁ。

クリックすると拡大します

 ここでちょっと一息入れるとか、写楽(1合1,090円)。
 ずっとR3BYが続いていたけれど、写楽はR2BY、ですよねぇ。
 すっきりした飲み口が何度飲んでも素晴らしい。

クリックすると拡大します

 そろそろ時間なので、蟹といくらの釜飯(小)1,190円、雲丹追加600円
 釜飯の定義は分からないけど、こちらでは炊いたご飯を釜によそったような感じ。
 イクラとカニが敷き詰められていて、とても美味しそう。
 んで、せっかくなので雲丹と追加したりして。

クリックすると拡大します

 昭和の男は、口にはしないけど、よそってもらえるととても嬉しい。
 さっと混ぜてもらった釜飯、ピリッと山椒も利いて、とても美味しい。
 お椀系は頼まなかったけど、最後に美味しいご飯が食べられて楽しい。

クリックすると拡大します

 〆に、不動(1合990円)。
 ラベルが乾ききっているのが気になるけど、まま、R1BYなのでそれも良し。
 美味しい料理と美味しいお酒をご馳走様でした。
 面白いお喋り、とっても楽しかった。

クリックすると拡大します

 新宿駅に着いたらロマンスカーが待っていたので、ササッと乗ってしまった。
 お金が無くて朝ご飯が食べられなくても、ロマンスカー代は払ってしまう私。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189100969
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック