2021年11月15日

熟成酒の会 木戸泉酒造編

/中国料理 昇龍@新宿区新宿七丁目にて什景炒飯/熟成酒の会 木戸泉酒造編/

クリックすると拡大します

 お昼は、中国料理 昇龍@新宿区新宿七丁目へ。
 出来る限り月曜日に伺う心意気ではありますが、一番信用できないのが自分の心意気。
 入口はスリガラスなので、開けてみなければ店内の様子は分かりません。

クリックすると拡大します

 ふー、空いていて良かった。
 自分勝手に決めたカウンター真ん中の席に座り、メニューを見て注文します。
 先週は焼きそばを食べたので、今日はご飯物にしよっと。
 程なくして、什景炒飯(五目チャーハン)850円

クリックすると拡大します

 什景は「シーチン」と発しますが、「シーチンチャーハン」ではなく「五目チャーハン」とオーダーします。
 この什景、五目餡かけはラーメン、焼きそば、チャーハンで共通であることは、通って食べて分かったこと。
 様々な具材をさっぱりとした味付けで炒め上げ、これがまたチャーハンによく合います。
 中華スープはラーメンのスープで、薄味が心ゆくまで好物。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、お誘いいただき、飲んでみたかった熟成酒の会 木戸泉酒造編へ。
 開場が私には一生縁が無いはずの、西麻布にある芸能人御用達の隠れ家、霞町三○一ノ一。
 入口は暗証番号式のロックが掛かっていて、事前に予約しないとお店にも入れません。
 さてさて、どんな会になりますか。

クリックすると拡大します

 何がどうとうまく説明ができないけど、毎日手入れして使い込んだ空間、何とも居心地が良い。
 会が終わっても誰も席を立たないのは、料理やお酒が素晴らしかっただけではないだろう。
 いつもなら「3杯目からは(酔うので)どれでも同じ」な私も、今日だけはゆっくり時を刻もう。

クリックすると拡大します

 今日のお酒のラインナップは、木戸泉縛り。
 日本の蔵元中でのもかなり尖った部類、ひとつひとつの酒造りに力強い意思を感じます。
 ※元来、「こだわり」とは表現は「良くないことに囚われる」と意味があるので、私は出来るだけ使いません。

クリックすると拡大します

 会の挨拶に続いて提供された前菜。
 玉子焼き、あん肝の生姜煮、コノワタを乗せたマグロのヅケ、酢橘塩と五色胡麻を振ったアオリイカの握り。
 食用菊とか銀杏が散らされていて、なんともほっとさせる心持ち。

クリックすると拡大します

 お酒は順番に提供されるので、提供されるままに飲み進めます。
 二品目は、シャドークイーンというジャガイモのポテトサラダ、木戸泉の酒粕を合わせた味噌に漬けた黄身。
 濃厚な味わいの日本酒に、濃密な味わいの料理が正面からぶつかって、こそ。

クリックすると拡大します

 ブルーチーズの茶碗蒸し。
 お店毎に異なる茶碗蒸しが楽しめて、和食や、日本料理屋巡りは楽しくて仕方ない。
 合わせるお酒は 自然米 山田錦 特純 無濾過原酒2020と2019。

クリックすると拡大します

 大人数の会であっても、勘助を活用してのお燗付け。
 写真を撮り忘れましたが、箱の中にお湯と徳利が入っていて、適量に温められています。


クリックすると拡大します

 続けて七輪が置かれ、炭が入れられたら、昆布板焼。
 網の上に昆布を敷いて、牡蠣と白子を焼き上げます。
 炭火で立ち上がる昆布と牡蠣と白子の焼かれる香りが、もの凄く心好い。

クリックすると拡大します

 白子は贅沢にもそのまま頂き、牡蠣の一つはポン酢に漬けて頂きます。
 いろいろな牡蠣をいろいろな調理方法で食べてきましたが、ここ数年で一番心好い食べ方。

クリックすると拡大します

 昆布は旨味と香りを移したら終了だなんて、なんとも勿体ないなぁと思っていたら。
 細切りして、焼いて食べてもよろしくてよ、と。
 頂きますよ、この昆布だけで日本酒がどれだけ飲めるか。

クリックすると拡大します

 山芋と麹漬け鳥のから揚げ。
 合わせるお酒は、純米AFS、AFS fly(2018)、Stratae(2018)の飲み比べ。
 個々のグラスはマーキングされているので、説明も聞きやすいし、飲むときも分かりやすい。
 で、このグラスを特別価格でネット販売すると聞き、翌日こっそりと注文。

クリックすると拡大します

 白菜の胡麻香るサラダ。
 ちょこんと塩昆布、ほんの僅かな箸休め、なんだけど、なんとも心好い。

クリックすると拡大します

 食事はきの子の土鍋御飯、生姜焼、かす汁。
 質素に思える定食に見えて、一品一品がどこまでも磨かれていて、言葉を失う。

クリックすると拡大します

 全ての料理が終わってから、今夜の主役、刻の調べ。
 四合瓶の8本セットで2,020,000円(1本25万円)、世界限定20セットのみ。
 その8本の中で今夜は、千葉の蔵元である木戸泉酒造が醸す「木戸泉 アフス」高温山廃純米 1984年仕込み。
 自分史上最高金額の日本酒、残っている人生の中でこれ以上のお酒に出会えるとは思えない。

クリックすると拡大します

 日本酒であることの無限の可能性、多少なりとも感じられる人でありたい。
 素晴らしい日本酒、素晴らしい料理、かけがえのない時間、どれもこれもご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189140027
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック