2021年11月18日

新しい串揚げの提案

/讃岐おうどん 花は咲く 若松河田店にて並天丼/五感で楽しむ串揚げ屋 生粋(なまいき)にて天コース/

クリックすると拡大します

 お昼は讃岐おうどん 花は咲く 若松河田店へ。
 職場近郊をぶらついていて、結構早めに気が付いていたけど、いかんせん遠い。
 うどんはあんまり食べないので、気持ちが向いていなかったのも訪問が遅れた一因です。

クリックすると拡大します

 透明ガラス越しに店内を覗くと、空き席があったので階段を数段降りて、入店。
 空き席に見えたのはソーシャルディスタンス席で、お一人様のくせに2人掛けテーブルに案内され、恐縮。
 席配置は店内中央に相対カウンター8席、左壁側に10人分のテーブル席、右壁側は4人分。
 お冷やとウェットティッシュを受け取って、メニューを眺めて口頭注文後会計。

クリックすると拡大します

 うどんは肉うどん、ぶっかけうどん、かけうどん、釜揚げうどん、ざるうどん、
 カレーうどん、汁なし担々うどんと揃っています。
 ぶかっけ550円が高いのか安いのか適切なのかは、食べてそれぞれの話。

クリックすると拡大します

 うどん以外に天丼が用意され、うどん同様のカレーライスやかしわ天丼もあります。
 夜は(昼でも)天ぷらをつまみながら軽く呑む準備も怠っていません。
 しかしまぁ、この地での呑んでからの帰宅は、痺れるなぁ。

クリックすると拡大します

 初訪ゆえに並天丼650円、注文してから12分ほど掛かりました。
 うどんと共通に思える大きめのお椀に盛り付けられた天丼、種物は海老、竹輪、南瓜、薩摩芋、榎茸。
 付け合わせはお吸い物と柴漬け。
 まず箸を濡らすべくお吸い物を「熱いから気を付けろ」と飲むと、温い。

クリックすると拡大します

 天丼はご飯が少なく、天ぷらとのバランスは良くありませんが、アラ高な私には大助かり。
 天つゆは少し甘め、種物は揚げたてより少し時間が経っている印象、猫舌な私には食べやすい。
 舞茸の天ぷらって単品を食べたことがあるけど、天丼としては初めて。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。。

クリックすると拡大します

 夜は、五感で楽しむ串揚げ屋 生粋(なまいき)へ。
 ちょっと変わった串揚げを食べに行こうよ(会おうよ)と誘われて、渋谷駅から西に10分ほど歩いて。
 飲食店が途切れ、寂しい暗がりが続いた先に、身の丈ほどある白い提灯が忽然と現れます。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、予約しておいた二席以外は満席、こんなに混んでいるとは思っていませんでした。
 カウンターが10席ほど、テーブル席は個々に仕切られており、奥は掘りごたつ式の座敷席。
 店員さんも多く、ついこの前までの緊急事態宣言は遠い昔の話。

クリックすると拡大します

 料理はお店で考えようと思っていたので、まずは生ビールから。
 錫でできた重めのグラスで乾杯、今夜は渋谷で2人お疲れ様会。
 串揚げは一本310円均一で、ストップと言うまで揚げ続けるお任せコースもあります。
 串揚げ以外の料理も含めて楽しみたいので、鶴3,080円、亀4,180円、天5,280円のお決まり串揚げからを。

クリックすると拡大します

 お願いした天コースは野菜スティック、小付、中鉢二品、串揚げ十本、季節の蕎麦、季節の甘味のコース。
 苦手な食材、アレルギーを訊かれ、何でも美味しくいただきますとお答えして、コースのスタート。
 野菜スティックは味噌で食べるに様に案内され、付けて食べるとまあ良い感じ。
 今日の小付は鯛のカルパッチョ、一人前は多いけど、一口食べるのって贅沢ですね。

クリックすると拡大します

 牛レバ刺1,280円。
 コースに含まれないことを確認して、別に注文します。
 生レバーは提供できないので、低温調理されたレバー、葱油でいただきます。
 「あの」生レバーの食感を期待するとアレですけど、期待しなければ十分楽しめます。

クリックすると拡大します

 漬物の盛り合わせ640円。
 串の合間に食べようと注文しましたが、串揚げに時間が掛かっているので、先に。
 柴漬けがランチと被っていますが好きなので無問題、塩味が抑えめで、コリコリ感は柔らかめ。

クリックすると拡大します

 串揚げはカウンター台に用意された網に置かれます。
 自身で手元のお皿に移してから食べますが、これができるのはカウンター席だから。
 さてさて、どんな串の組み合わせでしょうか。

クリックすると拡大します

 一串目は、黒毛和牛。
 軽く驚く牛肉の串、部位をザブトンと聞いて、2度驚く。
 白味が掛かった衣はキリッと立っていて、中の牛肉はミディアムレア、素晴らしい。
 正直、店構えと店内の設えから、ここまでの串は想像していませんでした。

クリックすると拡大します

 と言うことで(と言うことでなくても)日本酒。
 宮城の蔵元である新澤醸造店が醸す「あたごのまつ」純米吟醸 ささら おりがらみ生酒 R3BY。
 日本酒は五種類あり、今日は食中酒を目指している蔵元のお酒を厳選しました。

クリックすると拡大します

 帆立うに。
 帆立の串揚げの上に、雲丹と山葵を乗せた串。
 一口で食べられたらどんなに素晴らしいか分からないけど、箸で分けながら食べることになります。

クリックすると拡大します

 天使の海老。
 「天使の海老」はパラダイス・プローンという品種のエビのこと。
 何で天使なのかというとニューカレドニアが「天国に一番近い島」と森村桂の旅行記で紹介されたから。
 ※桂たかしの桂は森村桂からとっています。
 一本丸々揚げていてとても食べ応えがあり、もちろん尻尾まで頂きます。

クリックすると拡大します

 数の子。
 油の温度を低めにして揚げているので、揚がるまでに時間が掛かります。
 時間を掛けなければ味わえない串揚げ、数の子の一粒々々の食感さえ楽しめます。

クリックすると拡大します

 愛媛の蔵元である石鎚酒造が醸す「石鎚(いしづち)」純米吟醸酒 R3BY。
 お酒の香りを立てて串揚げに合わせるべく、全ての日本酒はワイングラスでの提供。
 もう少し飲みたくなるほど料理に合います。

クリックすると拡大します

 アスパラ。
 メニューには「アスパラ」と表記されていましたが、「アスパラ一本揚げ」と紹介されました。
 先から手元まで綺麗に揚がっているなぁ、専用のフライヤーがあるんだろうか。

クリックすると拡大します

 秋刀魚。
 見た目じゃ分からないけど、秋刀魚をくるっと巻いて揚げた串揚げって、食べたの初めて。
 少し長めに揚げてあって芯までしっかり火が通っているんだけど、揚げ加減は衣の色で分かるのかな。

クリックすると拡大します

 銀杏。
 串揚げって食材によらずに見た目がほぼ同じだよね、と話していたところに運ばれてきた串。
 先に串揚げ、後ろに素揚げが刺さっていると、何の串か分かるし、味の変化も楽しめるし。
 他の串もこの方向で仕上げて欲しいにゃー

クリックすると拡大します

 牡蠣。
 広島産とのことで、この季節になるとあちこちで食べるカキフライ、じゃなかった牡蠣の串揚げ。
 牡蠣自体に程良く火が入っていて、素晴らしい味わい。

クリックすると拡大します

 中鉢。
 クラッカーを挿した数の子ポテトサラダ、このタイミングで冷たい料理はとても嬉しい。
 レギュラーメニューの料理を少なめに出すことで、お店側は食材を有効活用できるし。
 お客さんはお試しできるので、ウィンウィンだな。

クリックすると拡大します

 牛タン。
 牛タンで九条ネギを包んであって、この串揚げは説明が無ければ食べても分からなかったな。
 「うーん、食べた感じでは牛タンだけど、まさかねぇー」な感じかな。

クリックすると拡大します

 鮭いくら。
 鮭の串揚げにイクラを乗せてあり、(帆立うにと違って)一口でパクり、おお、素晴らしい。
 つか、鮭とイクラなんだから、親子串、でも良さそうだけど。

クリックすると拡大します

 京都の蔵元である木下酒造が醸す「玉川(たまがわ)」純米吟醸 祝 30BY。
 少し前に注文したんだけど、串が終わってから提供された一杯。
 ま、もう少し料理が続くから、ちょうどいいとも言えるし。

クリックすると拡大します

 牛すじ大根。
 ぐつぐつと煮立ったお鍋、お鍋が美味しい季節になりました。
 ていうか、コース料理を見直すと、このお鍋が二つ目の中鉢ってことかな。

クリックすると拡大します

 牛すじと大根だけではなく、豆腐も入っていて、とっても満足。
 このままでは食べにくかったけど、日本酒が残っていて良かった。

クリックすると拡大します

 ざる蕎麦。
 お蕎麦が〆って私にはちょっと分かりにくかったけど、狙う客層はアラ高ではないだろうからな。
 それでも最後にご飯的なのがあるのは嬉しい。

クリックすると拡大します

 甘味。
 今日の甘味はピンクグレープフルーツ、カッチカチ。
 美味しい串揚げ、美味しい料理、美味しい日本酒をご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189146490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック