2021年11月28日

素晴らしき昼焼き肉

/完全貸切焼肉 虎室/麺場 瀧、開店準備中/

クリックすると拡大します

 日曜日は昼間から焼き肉を楽しもうと、渋谷は道玄坂の完全貸切焼肉 虎室公式ホームページ)へ。
 焼肉屋の3階を個室化し、一日二組だけの予約制となります。
 いずれは会員制を予定しているそうですが、現在は会員以外でも予約が出来ます。
 ということで、今のウチ、ですな。

クリックすると拡大します

 店舗は全階焼き肉を提供されていて、1階はカウンター席、2階はテーブル席、3階が予約制の個室。
 3階は喫煙家にはたまらない喫煙可のスペース、ま、我々は吸いませんが。
 現在は焼き肉に飲み放題が付いて8,000円のコースのみ、四名様から。

クリックすると拡大します

 階段で店舗に階に上がると、私のような平民にはもの凄く敷居が高い会員制の扉が待ち構えています。
 ま、ね、鍵は掛かっていないので、誰でも開けられると言えば開けられるけどね。

クリックすると拡大します

 天国への階段、って言っての分からない世代の方が多いだろうな。
 登って折れて、もう一度折れて。

クリックすると拡大します

 紹介の写真通りの風景、もの凄くテンションが上がります。
 手前と奥と両方使えるけど、今日は手前のテーブルで焼き肉を楽しみます。
 まるでホームパーティーの様ですが、ホームパーティーと違うところは、支度も要らなければ片付けも不要。

クリックすると拡大します

 飲物は焼酎を中心に揃っていて、そこはかとなくスパークリングワインが冷してあります。
 現在は日本酒が用意されていませんが、いずれ、用意されるようになるそうです。

クリックすると拡大します

 壁側にはグラスやディッシュが揃っていて、セルフサービス。
 炊きたてのごはんと、コムタンスープも用意されています。

クリックすると拡大します

 料理は1階から運ばれてきます。
 先ずは、前菜3種(キムチ・もやし・季節のナムル)。
 ついついいつものクセで、人数割りして個々のお皿に盛り付けて配ってしまいます。
 焼き肉を楽しむ前の下ごしらえ、大切に考えています。

クリックすると拡大します

 で、スパークリングワインで乾杯。
 昼間から飲むワインは最高に美味しい、こんな美味しくて良いんだろうか。
 ボトルを開けるので残すわけにはいかないのですが、全員で美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 ネタ箱に並べられて運ばれてきた、前菜。
 神戸牛の炙りユッケ、神戸ビーフの炙り握り、和牛シルク生レバー焼き。
 三階の個室に運ぶのに、トレーよりネタ箱の方がどんなに美味しそうに思えるか。

クリックすると拡大します

 シルク生レバーはさっと火を入れて頂きます。
 握りには金箔があしらわれ、そのまま頂くユッケの美味しさよ。

クリックすると拡大します

 ワインは専用のセラーに用意されています。
 この日は7種類のワインが用意されていて、この日は四本ほど空けました。
 自身でコルクを抜くのは久し振りで、苦戦しつつも頑張る私。

クリックすると拡大します

 前菜はネタ箱に入れてありましたが、焼き肉は金色の大きなお椀に。
 後から考えたら1度に持ってくるにはちょうどいい大きさですが、その時は驚きしかありません。

クリックすると拡大します

 蓋を取ると、どんど盛り合わせ。
 写真で見るとふーんな風景でも、こうして目の前で見せられると迫力があります。
 んで、店員さんの説明を上の空で聞いて、さて、焼きますか。

クリックすると拡大します

 先ずは手前からと、神戸ビーフの肩ロース。
 ロースターに乗り切れないほどの大きさって、それだけでワクワクしますね。
 それでいて、肉質が良いので焼きに時間が掛からず、ミディアムレアでいただきます。
 サシがキツいお年頃でも、美味しいサシは食べられるというワガママ体質。

クリックすると拡大します

 神戸ビーフのらんぷ。
 先の肩ロースはハサミで切り分ける大きさでしたが、こちらは一口で食べられる大きさ。
 神戸ビーフは久し振りにいただきますが、柔らかさ以上に美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 上ハラミ。
 ハラミも一口大にカットされていて、多少の大きさに違いはあるけど、ケンカせずに仲良くいただきます。
 この大きさとロースターの大きさがちょうど合っていて、焼きやすいし食べやすい。

クリックすると拡大します

 上タン塩。
 塩はレモン汁で、たれは醤油たれでいただきます。
 タンは厚めにカットされ、歯応えも旨味も香りさえ楽しめます。

クリックすると拡大します

 かいのみ。
 焼き肉が美味しいのは当たり前になってきて、お喋りが盛り上がってきます。

クリックすると拡大します

 赤身さがり。
 急に大ぶりになって、全部ちゃんと乗せ切れていないけど、そこはそれ、ひっくり返すときに並べて。
 たれ以外に胡椒や山葵で食べるのも美味しいです。

クリックすると拡大します

 コムタンスープ。
 最後にごはん共に食べる前に、スープだけいただきます。
 牛肉がたっぷり沈めてあって、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 松阪牛の特製タレ漬けカルビ。
 ドンと鉄板全体を使って焼き上げるカルビ、焼けるたれが香ばしい。
 サシと赤身に慣れた舌をいったんリセット、的な。

クリックすると拡大します

 ササミ。
 ここのところ、鶏のささみばかり食べていたので、牛のささみは久し振り。
 しつこくないサシがしっかりと入っていて、深めの火入れで美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 サガリ(だと思う)。
 美味しい焼き肉も最後、いつもだったら「私もいい」がでるところ、今日は誰も良いと言わない。
 つまり、美味しい焼き肉は全部食べたらお腹いっぱいになるってことだ。

クリックすると拡大します

 激辛チーズチップ。
 焼き肉を食べ終わったタイミングで運ばれてきたチップ。
 一人二つを焼かずにそのまま食べますが、見た目ほどは辛くないチーズ。

クリックすると拡大します

 ホルモンの旨辛焼き。
 たれがたっぷり漬けられているので、たけすに乗せられています。

クリックすると拡大します

 部位の説明を聞き逃しましたが、多分シロ。
 正肉をお腹いっぱい食べているのに、ホルモンを焼き出すとまた食欲が出てくる不思議。
 甘辛く味付けされていて、これはこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 ワインもかなり進んでいて、もはや部位を覚えていませんが。
 全員がしっかりと食べるところは、ここまでのお肉が美味しかったから。

クリックすると拡大します

 〆は炊きたてご飯にコムタンスープを掛けて。
 よそってくれた友達が肉をたっぷりすくってくれて、嬉しい限り。

クリックすると拡大します

 手抜かりなく用意されているデザート、この日は杏仁豆腐。
 最後に冷たいデザートって、とっても合うよね。
 美味しいお肉、美味しいワイン、素敵な個室で存分に楽しみました。 

クリックすると拡大します

 麺場 瀧、開店準備中
 つか、11/24オープン予定だったので、女房にクルマで連れて行ったもらったのですが、やってない。
 立て看板をみると、11/30オープンに延期されたそう。

クリックすると拡大します

 公式インスタグラムをみると、オープン記念として11/30と12/1には何やらサービスがあるらしい。
 どうせその二日は行かれないし。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189169455
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック