2021年12月09日

酸辣麺

/いわもとQ歌舞伎町店にて野菜天そば(もり)/自家製麺 福は内@曙橋にて酸辣麺/

クリックすると拡大します

 朝は、いわもとQ歌舞伎町店公式ホームページ)へ。
 いわもとQは歌舞伎町店以外に浅草店、池袋店、神保町店と展開されています。
 歌舞伎町の24時間営業している店舗のひとつ、先週食べたような記憶があります。

クリックすると拡大します

 店先の券売機から少し離れたところで鞄から財布を出していると、後からきたお客さんに抜かれてしまいます。
 仕方ないのでいったん店内に入って、もう一台の券売機で食券を買います。
 買った食券を受付で出すときに、「おはようございます、もりで」と伝えます。
 半券を受け取り、壁向きカウンターでお蕎麦のできあがりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、野菜天そば(もり)540円
 箸をお盆に置くときに器の並びを変更しています。
 茹でたてのお蕎麦と揚げたての天麩羅、天麩羅はかぼちゃ、おくら、半かき揚げ。
 薬味のネギと山葵は少なめ。

クリックすると拡大します

 先ずはお蕎麦、蕎麦つゆは辛味が抑えめですっきりした味わい、心好く感じます。
 お蕎麦自身がとても心好くて、つるりと頂けます。
 二口くらい手繰ったら薬味ネギと山葵で甘みを切って、再びお蕎麦を楽しみます。

クリックすると拡大します

 天麩羅は揚げたてでサクサクとした心地よい食感。
 野菜自身に程良く火が入っていて、心好く感じます。
 かき揚げは半分なんだ、半切りじゃなくて半分の量を揚げているんですね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、自家製麺 福は内@曙橋(新宿区住吉町)へ。
 2020/9/25に熊谷から移転オープン、店主さんは俺の空@池袋出身とのこと
 熊谷の店舗は未訪、仕事帰りに店先を通ったらたまたま空き席が目に付いたので、入店。
 常に外待ちとのネット情報ですので、席が空いていたのでたまたま、食べ終わる頃には外待ちがありました。

クリックすると拡大します

 メニューはつけめん900円、辛つけめん950円、カレーつけめん950円、らーめん900円、酸辣麺1,200円。
 食べログレビューは48件もあるので、改めて既食(代表)メニューを食べる必要はないと思われます。
 麺量は200gか300gで選べ、400gの大盛り100円、500gの特盛150円。
 ご飯物は白飯100円、TKG150円、TKM500円。
 券売機の千円札読み取り口に不具合があって、隣の両替機で500円2枚に両替して、と。

クリックすると拡大します

 酸辣麺の説明。
 半肉増し150円、半ライス50円は現金対応なのか、同額食券で対応なのか、不明。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に面したカウンター5席。
 卓上には箸のみ、カウンター台に一味唐辛子。
 店主さんのワンオペ営業、カウンター台が高いので調理は殆ど見えません。
 お客さんとの触れ合いを重視しているのなら最悪の間取りですが、1人で黙々と営業したいのであれば最良。

クリックすると拡大します

 10分ほどで酸辣麺1,200円、麺量は200gをお願いしています。
 チャーシューやメンマがトッピングされたレギュラーラーメンに、ニンニクと生姜、辛味、酸味を加えています。
 刻みタマネギと焼海苔も忘れずに、さらに全体に黒胡椒を振ってあります。
 平たく言うと濃厚豚骨魚介のスープに味全部足し、咳き込むほどに当たりが強い。
 ここまで味を足して加えていても、味に一体感があるあたりが素晴らしい。

クリックすると拡大します

 当たりの強いスープに合わせるのは自家製麺に極太麺、これだけスープが濃ゆいのに、全く負けていません。
 チャーシューは大きくて固くて美味しいんだけど、スジが切れてなくて噛み切れず、一口で食べる羽目に。
 半切りするか、隠し包丁を入れてくれると、私のようなアラ高には優しい。
 メンマは存在感が殆ど感じられないので、なくても良いんじゃ無いかなぁ。

クリックすると拡大します

 10年前、いや、20年前の自分だったら一心不乱に啜っているところですが、アラ高の私はそうもいかず。
 それでも昔取った杵柄を頼りにスープまで飲み干してしまい、単なるバカジジイ。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>箸をお盆に置くときに器の並びを変更しています。
配膳のイロハも店員に指導してない店かと勘違いしましたが、
この一文を読んで、仕方がないと納得しました
Posted by 小田原城子 at 2021年12月10日 15:54
小田原城子さん、コメントありがとうございます。

 配膳のイロハ?
 一汁山菜に沿って、主食のお蕎麦を左手前に置くってことでしょうか。
Posted by ふらわ at 2021年12月12日 21:47
ふらわさんは写り映えを気にして器を並び替えることがありますが
それが普通の人には不自然に見えてしまうんですよね。

以前やってたクリックすると元の配置がわかりますっての復活させてほしいです♪
Posted by tomoco at 2021年12月13日 21:10
tomocoさん

 配膳されたままのお蕎麦を、クリックした先の画像としました。
 あっ、割り箸は私が乗せています。

 お店のありのままを紹介するブログじゃないんだけどにゃー
Posted by ふらわ at 2021年12月15日 01:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189190841
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック