2021年12月30日

晩酌は赤ワイン

/まぜそば 凜々亭 ミナカ小田原店@小田原にて北海道味噌バターコーンラーメン/大雄山鉄道/石塚酒店にて試飲会/晩酌は赤ワイン/

クリックすると拡大します

 カメラのレンズを買い足そうとネットを検索するも、どこも品切れ、入荷待ち半年。
 世界的な半導体不足の影響がこんなところにも出ているのか。
 ネットにはないけど店舗に在庫が残っているかも知れないので、家電量販店に行ってみます。
 訊けば2週間で入荷するという、値段交渉せずに「端数を切っておきましょう」と値引きして下さり。
 ああ、今から入荷が楽しみ。

クリックすると拡大します

 少し遅めのお昼を、小田原駅隣接のミナカ小田原へ。
 かるびラーメン、1号店の小田原店を閉店し、2号店の横浜も閉店してしまって、今やこの一店舗のみ。
 メニューを見ると食べたことのあるメニューばかりだったので、いったん保留。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、まぜそば 凜々亭 ミナカ小田原店@小田原へ。
 ラーメンのサイドメニューだけだった営業から、色々とメニューを増やしている様子。
 新しいメニューの調理施設は間に合っているのだろうか、と余計なお世話だって。
 券売機は現金以外に交通系ICカード、クレカ、電子マネーに対応しました。

クリックすると拡大します

 まぜそばのラインナップがだいぶ変わっています。
 節系和風まぜそば、濃厚しょうゆまぜそば、味噌チーズまぜそば、新台湾まぜそば、塩レモン台湾まぜそば、
 チーズカレー台湾まぜそば、台湾ダージーパイまぜそば。
 ラーメンが追加されていて、小田原中華そば、台湾ラーメン。
 ラーメン以外にからあげ定食とカレーが始まっています。

クリックすると拡大します

 ということで、今日は北海道味噌バターコーンラーメン990円
 味噌ラーメンに挽肉、メンマ、バターをトッピングした麺相。
 随分前、北海道から関東へ味噌ラーメンが進出したときのラーメンをイメージされているでしょうか。
 凜々亭は福島県郡山市に本店を構えるので、北海道との関連性は不明です。

クリックすると拡大します

 スープはあっさりした口当たり、味噌は麦味噌のようなさらりとした味わい、とても心好い。
 随分前の味噌ラーメンってどこもこんな感じだったなぁ、って懐古狙いの味わいなのか。
 富多屋生麺の細麺はまぜそばのと違うので、ラーメン専用なのかな、スープとは好相性。
 このラーメンの限定メニュー、小田原だけなのか、本店でも始めたのか、気になる。

クリックすると拡大します

 麺量とスープ量を多めに感じたので、食べ切れないかなと思いましたが。
 フードコートなので全く自身のペースで食べられるから、とても楽ですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 初めて乗った、大雄山鉄道
 小田原辺りだとクルマかバイク(原チャリ)で来てしまうので、今まで乗ったことがありませんでした。
 今日も小田急の方が早いとグーグルマップが答えれば、乗らなかっただろうな。

クリックすると拡大します

 年末のご挨拶に、懇意にしている石塚酒店へ。
 平日はほぼ伺えず、日曜日はお休みなので、伺うとしたら土曜日だけなんだけど。
 なんとか年に数回は伺えているかなぁ。

クリックすると拡大します

 今日は試飲会をやっていて、ので電車で小田原まで行ったんです。
 お酒が飲み放題で1,000円、コスパ最強でよろしかったでしょうか。
 何が飲めるかは日によって変わるので、行ってからのお楽しみ。

クリックすると拡大します

 お酒用のガラスコップと和らぎ水の紙コップは分かるけど、お燗用のお猪口も用意されています。
 コップで日本酒を一通り頂きます。
 なんら立ち飲みと変わらないけど、飲める日本酒が違いますな。

クリックすると拡大します

 一通り冷やを飲んだところで、燗酒。
 店主さん自ら燗を付けて下さいます。
 一通り飲んだところで、四合瓶を三本ほど購入。
 今年も大変お世話になりました、来年もよろしくお願いします。

クリックすると拡大します

 新しいソムリエナイフをポチッとしたので、早速ワインを買ってきて使ってみる。
 近場のイオンにあるワインコーナーで購入した、マライ リミテッド エディション シラー 赤 2017 チリ
 いわゆるフルボディ、燻製のチーズを合わせてみたのですが、全く歯が立たない。
 明日は肉料理と合わせてみようか。

河のある風景
 河のある風景
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 62mm / Auto(F6.3、1/200秒、±0EV) / ISO 100
 ゆっくりと流れる河。

枯れ木
 枯れ木
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 52mm / Auto(F7.1、1/250秒、±0EV) / ISO 100
 全ての葉を落として冬に備える。

輝く枯れ木
 輝く枯れ木
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 113mm / Auto(F6.3、1/320秒、±0EV) / ISO 200
 何気ない、どこにでもある風景。
posted by ふらわ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189237781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック