2022年01月04日

平日限定メニュー

/麺場 瀧@秦野市曽屋にて醤油豚骨らーめん、平日ランチ限定セットミニ炒飯/

クリックすると拡大します

 斎場での打ち合わせを終え、父が懇意にしていた電器屋に伺うも、正月休み。
 ま、仕方無しと、お昼は麺場 瀧@秦野市曽屋公式インスタグラム)へ。
 店先には冷凍餃子の自販機があり、野菜餃子は店内で販売されておらず、自販機限定餃子。

クリックすると拡大します

 店内に入って券売機、前回と変わった点はありません。
 今日はたまたま平日なので、平日限定メニューをポチッとな。

クリックすると拡大します

 今日は空いているカウンター席に座り、目の前の厨房で鍋を振っていた店員さんに食券を渡します。
 「いらっしゃいませ、お店、すっかり変えちゃったんです」
 「瀧って誰かの名前?」
 「社長がやっていた平塚の飲食店屋の名前だそうです」

クリックすると拡大します

 程なくして、醤油豚骨らーめん690円平日ランチ限定セットミニ炒飯200円
 豚骨らーめんは醤油と塩があるので、先ずは醤油から。
 スープの色合いは醤油と言うより味噌に近い濃い橙色、しっかり豚骨が炊き出されていて、とても心好い。
 やや脂分が多めに感じますが、脂分がラーメンのスープを美味しくするので、とても大切。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の角中太麺は僅かに固め仕上げ、スープとの相性に問題はありません。
 リニューアルして麺茹でにも慣れてきたように感じるので、そろそろ茹で加減の好みを伝えても良さそうですね。
 トッピングは豚バラ肉チャーシューが1枚、メンマが数本焼きのりが1枚、青ネギ。
 大きめのチャーシューは食べ応えがあって、嬉しいです。

クリックすると拡大します

 ミニ炒飯は通常350円ですが、平日ランチは200円。
 辛炒飯はしっとりタイプでしたが、炒飯はパラパラタイプに仕上がっています。
 タイプの違いは、炒飯と辛炒飯の違いなのか、中華鍋を振る調理人の違いなのか、不明。
 味付けは薄めで、どのラーメン(スープ)にもよく合いそうな味わい、とても心好い。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 何としてもラーメンを食べるなら食べられたけど、つれづれなるままに食べていなくて。
 4日ぶりのラーメンはとても心好かった、今年もラーメンを食べ続けていきたい。
posted by ふらわ at 21:57| 日記