2022年01月12日

久し振りに用賀へ

/中華そば 瀧壺(たきつぼ)@用賀にて鴨南醤油ラーメン、季節の野菜/

クリックすると拡大します

 朝は昨日に引き続き自宅飯、何だやれば出来るのか。
 お昼はいつも通り客先の社食、今日はサラダうどん。
 仕事は定時を少し過ぎて終わり、さて、どこでラーメンを食べて帰るか。

クリックすると拡大します

 夜は、中華そば 瀧壺(たきつぼ)@用賀(世田谷区用賀)へ。
 2021/9/22オープン、立地は用賀駅徒歩数分。
 野方ホープを支店展開する株式会社創龍(公式ホームページ)の、新しいブランド。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00からスープ終了まで。
 って、昼のみ営業なの?夜もやっているの?
 地のお客さんなら「やっていたらはいる」で良いけど、わざわざ伺う人には厳しい。
 食後に店員さんに尋ねたら「八時までです」と力強い返事、スープ終了まででは?

クリックすると拡大します

 店内右手に電子マネーやクレカに対応した、タッチパネル式券売機が置かれています。
 メニューは鰹塩ラーメン、鴨南醤油ラーメン。それぞれ中850円、大900円。
 「並」「大」ではなく、「中」「大」の表記が、いかにも野方ホープ由来でしょうか。

クリックすると拡大します

 ご飯物は厚切り炭火焼豚丼400円、鴨と鶏そぼろ飯500円。
 チャーシューやトッピングを選択して、発券をタップします。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むL字カウンター3席と4席の7席。
 各席にはパーティション設置済み。
 先客1人、後客3人。

クリックすると拡大します

 お好きな席にどうぞ、の声掛けを待っていると、「こちらの席へどうぞ」とお冷やを置かれた席を案内されます。
 卓上には胡椒、一味が用意され、柚子胡椒、酢、おろしニンニクは店員さんに声を掛けて提供してもらいます。
 紙エプロンも声掛けが必要ですが、まま、今夜のところは無しで。

クリックすると拡大します

 程なくして、鴨南醤油ラーメン850円季節の野菜100円
 事前情報では、火傷するほど熱いスープとのことでしたが、今夜は猫舌の私でも普通に飲める温度。
 鰹節や宗田節などの魚介だし中心で組み立てた、口当たりから舌上、喉越しまであっさりした美味しいスープ。
 油絵的な昨今の濃厚スープを飲み慣れていると、薄味に感じるほどの仕上がりが心好い。

クリックすると拡大します

 細麺は自家製麺と称されていますが、自社製麺の方が今風の言い回し。
 麺の風味が強めで、スープとの相性はあまり良くありませんけれども、これはこれでこちらの味わい。
 トッピングはチャーシューとして鴨肉、長葱、メンマ、三つ葉、季節の野菜、今夜はほうれん草。
 鴨肉は、今風のラーメンの鴨肉と比べると弱々しいけれども、ウチはウチの味ってことですな。

クリックすると拡大します

 柚子胡椒は青ゆずこしょう。
 九州でも有数のゆずの生産地である、宮崎県西都市東米良の銀鏡(しろみ)産。

クリックすると拡大します

 スープの味を変えることなく、辛味だけを加える秀逸な柚子胡椒。
 ネットでポチッとしてしまいそう。

クリックすると拡大します

 最後まで飽きることなく頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189271456
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック