2022年01月20日

たまには箱根そば

/箱根そば登戸店にてあんこう天と春菊天そば/

クリックすると拡大します

 今日は新しいラーメン店が溝ノ口と阪東橋でオープンするので、なんなら二軒、と意気込んでいたのに。
 仕事が出来ない男には夢のまた夢、すっかり遅くなってしまって、登戸で下車。
 遅めの夜は、箱根そば登戸店公式ホームページ)へ。

クリックすると拡大します

 箱根そばは殆どの店舗で券売機2台体制。
 ゆで太郎は片方だけ高額紙幣対応機ですが、箱根そばは2台とも対応されています。
 しばらく伺っていませんでしたが、テイクアウトを分かりやすくしていますね。

クリックすると拡大します

 少し前から始まった、冬そば。
 あんこう天と春菊天そば、鴨そば〜九条葱添え〜、鶏天の玉子とじ丼セット。
 何回来るか分からないけど、取り敢えず上から順番に食べてみますか。

クリックすると拡大します

 食券を受付に渡すと「そばですか、うどんですか」と訊かれるので、「そばをお願いします」と答えます。
 店内は半分程度埋まっていて、昨今の事情から先客の隣に座るのは避けます。
 一時、お箸はエコ箸ではなくビニール袋入りの割り箸でしたが、今は元に戻ったのかな。

クリックすると拡大します

 少し待って、あんこう天と春菊天そば560円
 箱根そばの特徴であるわかめが乗っていて、そばにあんこう天が二つ、丼を大きくはみ出して春菊天。

クリックすると拡大します

 お蕎麦と蕎麦つゆは今更なにがどうという話もない、小田急沿線住まいが長い私にはとても心好い味わい。
 私にとって、立ち食いそばや路麺店のお蕎麦の基準が箱根そば。
 なので、箱根そばがブレてしまっては困るんだけど、ブレていないので安心。

クリックすると拡大します

 あんこう天、注文が入ってから揚げているみたいなホクホクした食感。
 あっさりした味わいながら、蕎麦つゆを染み込ませて食べると、とても心好い。
 この天ぷらをアテに一杯が厳しい御時世、テイクアウト?

クリックすると拡大します

 蕎麦つゆ一滴まで残さずいただきまして、ご馳走様でした。
 さてさて、さっさと寝ますか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189287215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック