2022年03月24日

初めての田村牛

/東京スタイルみそらーめん ど・みそ 京橋本店@京橋にて特製みそオロチョンらーめん(激辛)/田村牛を食べたくて焼肉ホルモン 青一へ/

クリックすると拡大します

 まん延防止等重点措置がやっと終了して、今日は楽しみにしていた焼肉。
 いやいや終了したのは月曜日だから、火曜日に行くべきなんだろうな。
 私には友達が少ないので(いないとも言う)、今日になってしまったんですな。
 久し振りに都内に出るので、まずはラーメンを食べにいこうか。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、東京スタイルみそらーめん ど・みそ 京橋本店@京橋(中央区京橋)公式ブログ)へ。
 1/31からリニューアル工事の為に休業し、3/23リニューアルオープン。
 多くの有名店々主を輩出されていることもあってか、まるで新装開店のような祝い花。

クリックすると拡大します

 メニューはみそらーめん(背脂なし)830円、みそこってりらーめん(背脂あり)830円、
 みそオロチョンらーめん1,000円、みそカレーらーめん1,000円。
 特製みそまぜそば1,200円、特製辛みそまぜそば1,300円、特製カレーみそまぜそば1,300円。
 ご飯ものはチャーシュー丼350円、炙りチャーシュー丼350円。

クリックすると拡大します

 店内はすっかりリニューアルされていて、席数は奥に2席、中に6席、入口近くに2席、計10席。
 卓上の調味料は山椒、黒胡椒、一味唐辛子。
 厨房には二人の店員さん、先客6人、後客4人。

クリックすると拡大します

 程なくして、特製みそオロチョンらーめん(激辛)1,300円
 こちらのみそらーめん(オロチョン、カレーも)にはチャーシューが乗らないので、特製にしてみました。
 オロチョンは辛さが普通、激辛、ファイヤーから選択でき、日和って激辛で。
 パパッと盛り付けて、ハイどーぞと渡されますが、ニラのひとかけまでも綺麗な盛り付け。

クリックすると拡大します

 豚ガラ、鶏ガラ、人柄の旨みたっぷりスープに数種類の味噌をブレンドした味噌たれを合わせ、唯一無二の味わい。
 故齋藤店主が創り出し、全世界に広め、現宮本店主が引き継いで更に高みへ。
 平打太麺は浅草開化楼、以前よりやや細くなった気がするけど、自身の記憶は当てにならないからな。
 しかしして、スープとの相性は抜群で、額に汗かくほどの辛さも健在。

クリックすると拡大します

 トッピングは大ぶりのバラ巻きチャーシュー二枚、味玉一個、ひき肉、茹でモヤシ、ニラ、糸唐辛子。
 今更ひとつひとつの説明は要らない、味玉は半熟。
 いやぁ、旨かった。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 都内の天気はイマイチですが、せっかく都内に出てきたので、ぶらぶらと歩いてみる。
 所々でソメイヨシノが咲き出していて、まあ、綺麗なこと。

クリックすると拡大します

 濃いピンク色の桜は緋寒桜かな。
 土日だと人通りが絶えないのかも知れないけど、平日は空いていますね。

クリックすると拡大します

 夜は、焼肉ホルモン 青一へ。
 まんぼう明けたら焼肉行こうよ、と、田村牛が頂けるお店を友人が予約してくださいました。
 ああ、持つべき共は美味しい焼き肉屋を予約してくれる友。
 ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 完全予約制のお店ではありませんが、今夜は全席予約済み。
 予約が取りにくいと言うことは無いそうですけど、しばらくは予約で満席が続いているとのこと。

クリックすると拡大します

 世情の影響からか飲食の回数は減っていると思う。
 減ってはいるけど止めてはいないので、どうせ行くなら良い店へ、に傾いている気がする。

クリックすると拡大します

 先ずはマスターズドリーム880円で乾杯。
 今夜は青山で二人お疲れ様、ふう、次の波が来るまで飲みまくるぞ(言ってるだけ)。
 付け合わせはタンシチュー、ビールでは勿体ないくらい美味しい。

クリックすると拡大します

 せっかくだから田村牛を心ゆくまで食べようと、コースではなくアラカルトにしました。
 ということで、一品目は青一サラダ660円。
 キュウリとサニーレタス、大根、ニンジンなどを特製ドレッシングでまとめ上げたサラダ。
 さっぱりしつつもしっかり美味しいサラダ、心好いですなぁ。

クリックすると拡大します

 お肉の友に、ナムル盛り合わせ770円。
 モヤシや青菜などはよく見掛けるけど、ブロッコリーのナムルは初めて。
 柔らかく仕上げてあり、お肉の友にするつもりが先に食べ終わってしまうという。

クリックすると拡大します

 Les 5 Vallées Blanc レ・サンク・ヴァレー ブラン フランス 2020 白。
 ワインはワインリストから選ぶべきですけど、今夜はハウスワインで楽しみたいと思います。
 先に白、5はフランス語で「サンク」と発音すると知ったのは、茅ヶ崎のラーメン屋で。

クリックすると拡大します

 先ずは生肉(刺し)から食べようと、和牛ユッケ1,540円。
 刺しは食べログ上のメニューには掲載されていませんが、お店のメニューには用意されています。
 こんもりと盛り合わせられてユッケに卵黄を乗せ、醤油ベースのたれが掛かっています。
 牛肉の香りが感じられる美味しいユッケ、アッという間に食べてしまいます。

クリックすると拡大します

 焼きの最初は牛タン、タンは5種類用意されているので、今夜は極厚上タン塩2,420円。
 色々な牛タンを食べているつもりでいましたが、こんなに厚切りの牛タンは初めて。
 ハサミが付いているし。
 もちろんレモンも。

クリックすると拡大します

 テーブルには七輪、着席時に店員さんが火を付けてくれるのかと思ったら、既に火が付いています。
 中を覗き込むと白炭じゃなくてオガ炭の様、手を離すと焼きすぎてしまうほど強い火力。
 厚切りタンをハサミで半分に切ってから、各面を均等に焼き上げます。
 焼き上がったらレモンを搾って美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 田村牛を食べる前にホルモンを食べようかと思い、それならばとウィスキー。
 私は山崎1,100円、友達はグレープフルーツビア770円。
 山崎はロックでお願いしましたが、いつ飲んでも山崎は美味しいですね。

クリックすると拡大します

 ホルモン5種盛り1,980円。
 それぞれに札が付いていて、ハツ、シビレ、レバー、青一ホルモン(マルチョウ)、ギアラ。
 薄味から食べていこうと、先ずはハツを焼き始めます。

クリックすると拡大します

 七輪の送付口を締めても火力が弱まることがありません。
 中心ではなく端っこで焼けばゆっくり焼けるけど、お喋りや飲みに夢中になっているウチに焦げてしまいそう。
 ということで強火勝負、焼きすぎないように目を離すことなく、今夜は焼き奉行に徹します。
 どの部位も美味しいけれども、マルチョウが一番美味しかったな。

クリックすると拡大します

 もう少しホルモンを食べようかと、メニュー外のメニューを見て、新鮮レバー焼1,100円。
 あるときだけのレバーで、コース料理だと食べることは出来ないみたい。
 薬味に生姜とニンニク、青ネギ、小皿にネギ油。

クリックすると拡大します

 レバーも目を離すことなく芯まで焼き上げます。
 うーん、美味しい、鉄の味がするほど新鮮なレバー。
 もう生で食べられることな出来ないけど、焼いてもとても心好い。

クリックすると拡大します

 Les 5 Vallées Rouge レ・サンク・ヴァレー ルージュ フランス 2020 赤。
 さて、ここで赤ワイン、白と同様のハウスワイン。
 同じワイナリーから白と赤を取り寄せているんですね。
 個人的な好みで申し訳ないけど、焼肉に合わせると軽さがちょっと気になる。

クリックすると拡大します

 メインディッシュの、田村牛6種盛り合わせ6,600円。
 盛り合わせの部位は日によって違うようで、今夜はランプ、シンシン、カメノコ、イチボ、トウガラシ、サーロイン。
 イチボとサーロインはたれが掛かっているので粒胡椒、他は山葵を合わせてお楽しみください、と。

クリックすると拡大します

 田村牛はサシ(脂身)が均等に入っていて融点が低く、そのまま食べてもとろけるような味わい、とか。
 ですので、さっと炙る程度に焼き上げます。
 焼肉は柔らかめ正義には最高の焼肉、柔らかめ正義ではない私には最上の焼肉。
 旨いですねぇ、予約さえすれば田村牛が食べられるのは素晴らしいですね。

クリックすると拡大します

 もう少し食べようかと、上ハラミ2,090円。
 4枚で2,000円だから1枚500円、、なんて計算はしてはいけません。
 とろける柔らかさの肉も美味しいけど、少し歯応えがあった肉も美味しい。
 つまりどちらでも美味しいってことですな。

クリックすると拡大します

 飲み友はおなか一杯むね一杯になってしまったとのことで、一人でカルビクッパ1,210円。
 軽くご飯を頂いて、そこはかとなくお腹のすわりが良くなりました。
 美味しい焼き肉、特に田村牛、美味しいワインをご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189421874
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック