2022年04月10日

神奈川初進出

/博多一幸舎 厚木店@厚木市戸室にてミニチャーハン、中華そば/

クリックすると拡大します

 庭仕事の道具などを、店が混まないウチにホームセンターへ。
 9:30開店の10分前に着いたら、駐車場はほぼ埋まり、開店待ちのお客さんも多い。
 休日の開店直後は混み合うことを学習した(何か特売でもあったのだろうか)。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、博多一幸舎 厚木店@厚木市戸室1-36-3公式ホームページ)へ。
 2022/4/9オープン、一幸舎として神奈川初進出とのこと。
 立地は大正麺業厚木店(2016/10/27-)、まるおおラーメン(2021/2-)の跡地。
 最寄り駅の本厚木から歩くと30分弱。

クリックすると拡大します

 混んでいるだろうから14時過ぎに伺うと、店先の駐車場を閉鎖された場所に外待ち20人以上。
 厚木のラーメン好きは情報通が多いですね。
 やや暑くなってきた直射日光を浴びて待っていると、店員さんから紙コップでお冷やがサービスされます。

クリックすると拡大します

 30分ほどで店内へ、もちろん満席。
 前店の水場は踏襲され、左手に厨房、右手が客間。
 席配置は店内中央に相対カウンター10席、テーブルは窓側に6人掛け、壁側に4人掛け4卓、計32席。

クリックすると拡大します

 案内された席に座ると、店員さんがお冷やを運んできて下さいます。
 オーダーはタブレットオーダー、もうすっかり慣れましたね。
 一流ブロガーならば全画面を撮影してアップするところですが、私も頑張るかな。

クリックすると拡大します

 メニューは豚骨ラーメン830円、塩豚骨ラーメン830円、赤ラーメン930円、黒ラーメン930円、中華そば800円。
 替玉は150円、半替玉は100円です。
 サイドメニューは博多一口餃子(5個)350円、BIG唐揚げ250円など。

 ご飯ものは明太丼350円、チャーマヨ丼350円、肉飯380円、チャーハン600円、ミニチャーハン400円。
 セットメニューは豚骨ラーメンと塩豚骨ラーメンのみで、他のラーメンではお得になりません。

クリックすると拡大します

 相対カウンターでは、調味料などはテーブル中央に置かれ、正面のお客さんと取り合いになるかも。
 左からごま、こしょう、替玉のタレ、餃子のタレ、辛味、しょうが、辛子高菜。

 とんこつラーメンなら紅生姜で味変だろ、は一幸舎では通用しません。
 スープの色がピンクに染まらない白いしょうが用意されています。
 とんこつらーめんならニンニクだろ、は一幸舎ではタブレットからオーダー、マシマシも出来ます。

クリックすると拡大します

 調理の関係からか、先に運ばれてきたミニチャーハン400円
 オーダー時にネギの有無が選択できますので、ネギありで。
 そのまま撮ると炒飯にピントが合って奥の文字が読めないか、全体にピントが合って何を撮ったのか分からなくなる。
 ので絞りを調整して、、なんてやってないで、さっさと食え>オレ

クリックすると拡大します

 炒飯は水分を飛ばしたパラパラ系と、水分を残したしっとり系に大別されますが、結構しっとりした食感。
 事前情報ではパラパラ系とのことでしたが、調理人によって違いが出るのかも知れません。
 あくまでもラーメンのサイドメニューとしての位置付け、具材は程々で味付けは薄めに感じます。

クリックすると拡大します

 炒飯を食べ終わらないうちに、中華そば800円
 オーダー時にネギの有無、メンマの有無が選択できますので、両方ともありで。
 去年の9月にオープンした博多一幸舎博多駅筑紫口店の、同店限定として販売された中華そばの様です。
 逆に言えば、国内に19店舗ある博多一幸舎の中で、博多駅筑紫口店と厚木店のみの限定メニュー。

クリックすると拡大します

 鶏ガラ出汁と、煮干しやうるめ節などの魚介系出汁のブレンドスープ、甘みの強い醤油たれを利かせ。
 とんこつスープも美味しいけど、鶏ガラ魚介スープも負けていないよと。
 博多一幸舎の製麺所である製麺屋慶史の力強く波打った太麺、スープによく合っていてとっても心好い。
 トッピングは豚バラ肉チャーシュー、メンマ、白ねぎ。

クリックすると拡大します

 この手の醤油ラーメンにしては旨すぎるチャーシュー、肉盛り中華そばに激しく惹かれますな。
 味変の必要性を全く感じませんが、それでも味変してしまのはラヲタの性か。
 しょうがと辛味を乗せ、全体を馴染ませて食べてみると、かなり辛い(当たり前)。
 いつの日か、この辛さをとんこつラーメンに合わせてみるか。

クリックすると拡大します

 食べ終わったら、注文伝票を持ってレジへ。
 今のところは現金のみでのお支払い、近いうちにクレカとかQRコード決済とか、対応されるでしょう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 もうすっかり葉桜。
 葉桜は葉桜で楽しめると思うのですが、そう思うのは私だけか。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189458376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック