2022年04月30日

初ウーバー

/ウーバーイーツ/博多一幸舎厚木店@厚木市戸室にて塩豚骨ラーメン、博多一口餃子(5個)/KYリカー/晩酌/

クリックすると拡大します

 特に用事を入れていない土曜日は、朝から庭掃除。
 掃除って言うか、チェーンソーで切った木を、ハンディチェーンソーや裁ちばさみで細かくします。
 庭なんて要らないし、庭木なんてもっと要らないけれど、文句言っても何も変わらない。

クリックすると拡大します

 特に出掛ける用事も無いので、最近になって2,000円のクーポンをもらったウーバーイーツに初挑戦。
 アプリはとっくに入れてあったけど、「そんなに手数料が掛かるんだったら、自分で買いに行くわ」だったけど。
 使ってもいないのに文句言うのはどうなんだと思い、2,000円クーポンもらったから試してみることに。
 スマホでオーダーすると15分ほどで到着、思っていた以上に早い。
 配達状況が通知されるので、ウーバーに不慣れな私は玄関先で待ち受けて、受け取ってしまいました。

クリックすると拡大します

 すき家の牛丼並580円、カクテキは付きません(自宅にあったもの)。
 お店でテイクアウトするのと同じですので、味や量についての説明はしません。
 サービス料185円、配達手数料200円を加算すると965円。
 店舗で買うと400円、倍以上の値段になると考えるか、たったの565円で配達してくれるのかと考えるか。
 サービス料等は杯数に関係ないので、牛丼並580円、牛丼大盛820円、牛皿450円の1,850円でも同額。
 どうしても食べたいときは、お金で何とかなる時代になったということだ。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、博多一幸舎 厚木店@厚木市戸室公式ホームページ)へ。
 オープン時に伺って、トッピングか替え玉無料券をもらったので、使うべく再訪。
 休日の15時過ぎに伺えば、ガラガラで写真撮り放題だと思った私は、一幸舎のこと何も分かっていない素人。
 店先の駐車場は満車じゃ無いですか。

クリックすると拡大します

 前回は祝い花で店先が見えず、博多豚骨の提灯はありませんでした。
 改めて見てみると、「製麺屋 慶史」の木札が掲げられています。
 自社系列の製麺所を改めて掲示する必要って、私にはよく分かりません。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、前回とたまたま同じカウンター席。
 カウンター席は10席あるので、1回目と2回目が同じ席にある確率って100分の1、なのかな。
 前回は中華そばだったので、今日は塩豚骨にしよっと。
 茹で加減は固めにして、餃子も付けちゃうおうかな。

クリックすると拡大します

 程なくして、塩豚骨ラーメン830円
 泡系豚骨ラーメンを食べていないけど、表面が泡だっていないので、スープからして別なのかな。
 飲んだ後でもスッと身体に入ってくるあっさりした味わい、塩気は見た目ほどは高くは感じません。
 泡系の脇役かと思ったら、そうでもないのか。

クリックすると拡大します

 製麺屋慶史謹製の中細麺、固めの茹で加減がスープによく合っています。
 スープの方向性に合わせて麺を打っているから合っているのが当たり前、合っていなかったらそっちがレア。
 トッピングは豚肩ロースチャーシュー、メンマ、長葱。
 泡系豚骨ラーメンは醤油味なのでキクラゲ、塩味はメンマ、ってことか。

クリックすると拡大します

 特別に味変の必要性は感じませんが、目の前に置いてあると、どうしてもね。
 塩味には合わないと思ったけど、おろしニンニクと辛子高菜。
 想像通り、合わなかった。

クリックすると拡大します

 合わせて頼んだ、博多一口餃子(5個)350円
 博多ラーメンの括りがよく分かっていませんが、この一口餃子に初めて接したのが一風堂。
 一風堂も一幸舎もチェーン店なので、博多の個人店でも餃子と言えば一口餃子なのかは不明。

クリックすると拡大します

 餃子のたれを作ってももちろん構わないけど、博多一口餃子は辛味噌なんじゃないかな。
 五個分あるかと訊かれると、五等分して食べたらいいんじゃ無いかな。
 とても美味しくて、ラーメンによく合います。

クリックすると拡大します

 帰る頃にはお客さんがまばらだったので、単に30分早かっただけかも知れない。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 カクヤスが経営しているKYリカー
 大量消耗品であるお茶とか水、ビールや発泡酒を安く購入する店の印象なんだけど。
 意外に日本酒も揃っていて、しかも店舗毎に品揃えが違うという。
 さらに蔵元企画もやっていて、ラインメンバーからの予約で林本店企画の4本セットを購入。

クリックすると拡大します

 晩酌
 新潟にある蔵元である吉乃川が醸す「吉乃川(よしのがわ)」純米吟醸酒 無濾過原酒 自社栽培米<五百万石> R3BY。
 米の栽培から酒造りまで一貫して行う「自社栽培米の酒シリーズ」の無濾過原酒。
 長岡のお米と長岡の水で醸す、長岡テロワール。
 アテはオートバックスのイベント会場で購入したカクテキ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189505438
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック