2022年05月09日

たまにはジンギスカン

/ゆで太郎東陽五丁目店にて天中華、温玉/大衆ジンギスカン酒場 東京ラムストーリー 関内店にてジンギスカン料理/

クリックすると拡大します

 世の中は連休明け。
 リフレッシュして心機一転、仕事に勉強に頑張るわけです。
 もちろん、私も頑張る。

クリックすると拡大します

 お昼は、ゆで太郎東陽五丁目店ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺チェーン店、現在はゆで太郎システムと共に営業されています。
 今月から始まった天中華を頂き、いざ、ゆで太郎へ。

クリックすると拡大します

 麺を温かいスープに入れた天中華、冷たい中華麺ともりつゆをつけ汁にした天ざる中華。
 いずれも500円と破格の値付け。
 合わせて肉舞茸せいろ、肉舞茸そばも590円でラインナップ。

クリックすると拡大します

 程なくして天中華500円、クーポン温玉
 こちらの店舗では、番号を呼ばれて引き取りに行くと、「かき揚げは入れちゃって良い?」と訊かれます。
 「はい」とお願いしますが、店内大混雑で混み合っていても、やるべきことはしっかりやる、と。
 トッピングは朝ら〜の温かいのにかき揚げを追加、かき揚げの値段は130円って計算になるかな。

クリックすると拡大します

 角細麺はスープに馴染んでとても美味しく、週のはじまりに相応しい。
 かき揚げをスープに浸しながら頂くのは当たり前の風景に思えるけど、決して不変で無いことに感謝。
 無料サービスの紅生姜の酸味が、ピリリとアクセントを付けます。

クリックすると拡大します

 途中で温玉を入れて、ふんわりと味変。
 温玉って提供されているラーメン専門店もあるけど、私にとってはゆで太郎で食べられれば十分。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘い頂き、今夜は大衆ジンギスカン酒場 東京ラムストーリー 関内店へ。
 飲食事業、広告事業などを展開するS.H.N株式会社の経営、大塚店、品川店に続く3号店。
 関内店とありますが、伊勢佐木長者町駅の方が少し近い。
 小雨が降りしきる、まだまだ火が戻ってきていない繁華街を明るく照らすファサードに引き込まれます。

クリックすると拡大します

 東京ラブストーリーのBGMやらオマージュに満たされた店内。
 「武勇伝禁止」とか、耳が痛い。
 店内は奥に長く、カウンター12席、テーブル38席、意外と大箱。
 1990年の放映当時に思い馳せながら席に案内され、オーダーの説明を受けます。

クリックすると拡大します

 ラムストーリーだけに、ジンギスカン料理がメイン。
 食べられる部位が異なる2種類の羊肉食べ放題コースと、アラカルトが用意されています。
 食べ放題には惹かれないアラ高な2人、今夜のラブストーリーはアラカルトで。

クリックすると拡大します

 飲み物は『レモンサワーは突然に』がイチ押し。
 飲み放題60分はちと短いような気もするけど、120分まで延長できます。
 他はビール、ハイボール、酎ハイ、焼酎、ワイン、などなど。

クリックすると拡大します

 ということで、今夜は関内で2人お疲れ様会。
 雨ですが、週の初めから生ビール450円で乾杯すると「今週も頑張ろー」というテンションになります。
 生ビールはサッポロ黒ラベル、かぁー、ウマい。
 ちなみにオーダーは、QRコードを読み込んでのスマホオーダー。

クリックすると拡大します

 コースと共に予約したので、テーブルには既にジンギスカン初回セット880円が用意されています。
 ジンギスカン初回セットは、「生ラム肩ロース、野菜盛り(玉ねぎ、ヤングコーン、ピーマン、ミニトマト)、オリジナル薬味」のセット。
 セットに好みでラム肉や野菜をプラスして焼いたり、飲み物を頼んだりするシステムですな。
 そのシステムと、ジンギスカン鍋での焼き方を、店員さんが説明してくださいます。

クリックすると拡大します

 先ずは、ポテトサラダ380円と、うずら燻製250円。
 メニューにあれば頼むことにしているポテサラ。
 こちらのポテサラはオーソドックスな仕立て、青海苔がパラッと振られていて、突き出し代わりにピッタリ。
 うずらの燻製は、向付代わりに注文しましたが、美味しくて先に食べてしまいました。

クリックすると拡大します

 先ずはセットの生ラム肩ロース、オリジナル薬味が付いています(お代わり自由)。
 我々世代が食べた羊肉は殆どが冷凍物(ロール肉)、食べる直前で解凍するスタイルでした。
 オーストラリア産の生ラム肉は、身厚で美味しそうなこと。

クリックすると拡大します

 焼き過ぎないように焼き上げ、特製タレにつけて頂くと、値段不相応に美味しい。
 まあ、値段と美味しさに相関関係は無いんだけど。
 生の羊肉の美味しさったら、牛や豚と肩を並べるほど。
 アラカルトメニューには含まれていないので、追加注文出来ないのか。

クリックすると拡大します

 飲み物はハイボールやワインもありますが、ここはひとつ、レモンサワーは突然に500円。
 シロップはボトルで提供され、グラスには工夫を凝らしたコピーが書かれています。
 初めてなので、友達はリカレモン、リカはもちろん、赤名リカ。

クリックすると拡大します

 私が瀬戸内レモン。
 シロップは何人でも二種類まで、グラスも氷(お代わり自由)が運ばれてきます。

クリックすると拡大します

 サワーはテーブルに設置されたサーバーから自身で注ぎます。
 自分で注ぐので、オーダーしたけどちっともこない、はナッシング。
 最初に一杯目はイマイチでしたが、徐々に注ぎ方も慣れてきます。

クリックすると拡大します

 追加で注文した、生レモンラムタン780円。
 2人で飲みましたが、色々な部位を楽しみたいので、羊肉は全て1人前で注文。

クリックすると拡大します

 ラム(生後12ヶ月未満の仔羊、12ヶ月以上はマトン)のタン、牛や豚とは違った、美味しさ。
 旨味は及ばないけれど、あっさりとした味わいは会話を邪魔しない美味しさ。
 タンはホルモンの中では一番好きな部位、は羊肉でも踏襲。

クリックすると拡大します

 次に、漬け込みラム肩ロース680円。
 ジンギスカンと言えば北海道、その北海道には「羊肉をタレに漬け込んでから焼く」味付け式と、「焼いてからタレに付ける」後付け式があります。
 ※味付け式、後付け式の名称は正式に定義されておらず、便宜上の呼び名。
 味付け式は松尾ジンギスカンに代表されることから松尾式、松尾ジンギスカンの製造元が滝川市にあるので滝川式とも呼ばれます。

クリックすると拡大します

 どちらの味付けも美味しいので、両方楽しめるのは嬉しい。
 羊肉自体の鮮度が高く、羊臭さはどちらも感じませんが、味付け式の味の一体感がとても美味しい。

クリックすると拡大します

 もやし180円。
 羊肉を追加していくと、セットの野菜では足りないので、野菜を追加。
 こちらはジンギスカン鍋全体に並べ、一旦火を通します。

クリックすると拡大します

 野菜盛り(玉ねぎ・ピーマン)280円。
 もやしで覆われたジンギスカン鍋の淵に、玉ねぎとピーマンを並べます。

クリックすると拡大します

 スタミナハツ780円。
 タンを食べたらハツ、心臓ですね。
 何がスタミナなのか分かりませんでしたが、スライスにんにくが乗せてあるんですね。

クリックすると拡大します

 コリコリ感は少なくて柔らかい食感、特製タレに付けて食べると、まあ美味しい。
 ジンギスカン鍋の脂が切れてきたら、店員さんに追加をお願いします(無料)。

クリックすると拡大します

 ラムレバー680円。
 タン、ハツと食べたのでレバーも食べます。
 タレは牛や豚と同じでネギ塩タレでいただきます。

クリックすると拡大します

 さらに追加した野菜、ブロッコリー380円、エリンギ380円。
 焼肉屋に行ったら肉ばかり食べることが多いけど、ジンギスカン屋だと野菜も食べたくなる。
 羊肉の油でいただくブロッコリーやエリンギも、美味しいですね。

クリックすると拡大します

 最後にラムソーセージ580円、厚切りベーコン680円。
 羊肉専門店に思えて、ベーコンだけは豚肉。

クリックすると拡大します

 羊肉ばかり食べていると豚が食べたくなる、ってことですな。
 単に食べたくなるだけじゃなくて、このベーコンがとても美味しい。
 美味しい羊肉、美味しいレモンサワーをご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189525619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック