2022年05月15日

寒川辺り

/横浜家系らーめん天王家 寒川総本店@高座郡寒川町小谷にてねぎチャーシューめん、らーめん、ほうれん草/晩酌/

クリックすると拡大します

 久し振りの強めの二日酔い、速攻で鎮痛剤を飲んで、事態が収まるのを待つ。
 事態が収まってから、ワークマンにオンラインで取り置いてもらったレインコートを取りに行って。
 ついでにラーメンを食べるよ的な話をしたら、あたしも行くと。

クリックすると拡大します

 お昼は、横浜家系らーめん天王家 寒川総本店@高座郡寒川町小谷公式ツイッター)へ。
 ワークマンに行く前に立ち寄ったら駐車場が満車で、ワークマンに先に行って戻ってきたら空いていました。
 駐車場が空いていたので、店外待ち無し。

クリックすると拡大します

 券売機をみると前回踏襲、食材の値上がりは全く反映されていません。
 今日は生ニラを食べようと思っていたのに、チャーハンも食べようと思っていたのに、両方忘れる。

クリックすると拡大します

 食券を店員さんに渡すと家系お好みを訊かれますので、「両方とも普通で」と伝えます。
 初めて案内されたテーブル席。
 卓上の調味料を撮ったり、お冷やを飲んだりしながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして女房のねぎチャーシューめん1,050円
 スープ温を下げるほど大量の白髪ネギ、丼をはみ出る燻製チャーシュー、ほうれん草も多いのかな。

クリックすると拡大します

 同時に運ばれてきたらーめん700円、ほうれん草100円
 スープは豚骨がしっかり炊き出された味わい、一体どこまで美味しくなるんだよ。
 チー油は少なめに感じましたが、昨今のチー油不足が影響しているのだろうか。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は大橋製麺多摩、いつも柔らかめで頼んでいるので、随分と固めに感じます。
 トッピングは豚バラ肉チャーシュー一枚、焼海苔が三枚、これでもかと盛り付けられたほうれん草。
 ほうれん草を大盛りにすると苦味は残るほどになるかなと思ったけど、そうでもありません。

クリックすると拡大します

 手作りぎょうざ350円。
 餡が透けるほど薄皮の餃子、一口より少し大きめ。

クリックすると拡大します

 大好きな酢胡椒を付けて食べると、とても柔らかい皮にうっとり。
 ひょっとして、注文が入ってから包んでいるのだろうか。
 餡にはニラなどの野菜がたっぷり入っていて、弾けそうです。

クリックすると拡大します

 残すべきと身体が断っても、心は正直、どうしてもスープを飲み干してしまう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 晩酌
 岩手の蔵元である南部美人+Bが醸す「南部美人(なんぶびじん)」大吟醸酒 斗瓶囲い しずく酒 R3BY。
 令和三酒造年度の岩手県新酒鑑評会にて、知事賞第1位を受賞した日本酒。
 アテは合鴨パストラミ。
posted by ふらわ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189536629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック