2022年06月21日

日本酒と蕎麦前とせいろ

/竹岡式ラーメン 竹徳@南砂にて元祖竹岡式ラーメン/蕎麦割烹 一心(いっしん)にてせいろと辛味大根つゆ/

クリックすると拡大します

 もう6月の下旬、もう一雨か二雨過ぎると、夏。
 暑い夏は嫌いではないけれど、周りが暑い暑い言うのは嫌い。
 夏は暑さを受け入れ、冬は寒さを受け入れる。

クリックすると拡大します

 お昼は、竹岡式ラーメン 竹徳@南砂(江東区南砂)へ。
 2021/3/18オープン、立地は南砂駅から徒歩10分ほど。
 以前もラーメン店だったらしいけど、未訪になります。

クリックすると拡大します

 竹岡式ラーメンは「町興し」として作られたのでは無く、いわゆるご当地ラーメン。
 ですので、「これが竹岡式」という定義や決まりは最大公約数であって、最小公倍数ではありません。

クリックすると拡大します

 メニューは竹岡式ラーメンを踏襲した元祖竹岡式ラーメン880円、竹岡式ラーメンを竹徳風にアレンジした「改 竹徳ラーメン780円。
 サイドメニューは焼売(3個)と水餃子(3個)が390円。
 ご飯物は辛子高菜ご飯と明太子ご飯が220円、チャーシュー丼としらす丼が330円。
 飲み物はビール中瓶と冷酒が660円、本格焼酎とハイボールが550円、など。

クリックすると拡大します

 券売機隣の給水器からコップにお冷やを注いで、空いている席へ座ります。
 食券をカウンター台に「お願いします」と置くも、一瞥して直ぐに調理に取り掛かるワンオペ店主さん。
 気難しそうだ。
 席配置は厨房を囲むカウンター4席と7席と2席の13席。

クリックすると拡大します

 卓上には酢、醤油、拉麵胡椒。
 厨房を覗くと、元祖で使われている乾麺は、炭火でお湯を沸かして麺を茹でています。
 これって本家もそうなんだっけか?
 ちなみに、厨房内の写真は見る人が見たら保健所介入事案になりかねないので、撮影公開禁止。

クリックすると拡大します

 実際には8分ほどで提供された、元祖竹岡式ラーメン880円
 竹岡には10年以上行ってないので思い出補正済みですが、竹岡より竹岡らしい麺相の竹岡式ラーメン。
 千葉以外の地域では「地域名+ブラック」と呼ばれることが多い、真っ黒いスープ。
 チャーシューの煮汁をお湯で希釈していて、肉汁になるのでとても心好い。

クリックすると拡大します

 縮れ細麺は都一(みやこいち)の乾麺、やや固めの仕上がりでスープによく合っています。
 加熱がガスか炭火の違いは私には分かりませんでした。
 チャーシューメンばりにトッピングされているチャーシューはとろっとろで、いつかつまみに日本酒を。
 焼海苔は一枚、メンマは数本、刻み玉ねぎが大量にトッピングされています。

クリックすると拡大します

 レンゲがやや小さめでスープは飲みにくいのですが、丼を持ってスープを飲めばいいじゃない。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 赤坂勤務の友人から、「会社近くに楽しそうなお蕎麦やさんがあるので、一緒にいかが」とお誘いを受け。
 仕事帰りにいそいそと伺った、蕎麦割烹 一心(いっしん)
 去年の10月にオープンされ、ファサードや店内はまだまだ人の匂いが付いていません。

クリックすると拡大します

 友人が予約してくれていたのはテーブル席。
 入口に一番近い席ですので、他のお客さんの出入りが気になる人もいるかも知れません。
 私は、あんまり大騒ぎは困るけど、人の往来の程良い匂いは料理と一緒に楽しみたいタイプ。
 小雨も降ってきたことだし、今夜も飲みますか。

クリックすると拡大します

 先ずは乾杯、私はマスターズドリーム750円。
 今夜は赤坂で二人お疲れ様会、素敵なお店を予約して下さってありがとうございます。

クリックすると拡大します

 お店を予約して下さった友人は、乾杯からビールではなく白ワイン950円。
 ハウスワインであってもちゃんとボトルを見せて下さるのは、なんかこの店いいなぁと感じます。

クリックすると拡大します

 こちらは居酒屋ではなく蕎麦割烹ですが食べてしまう、ハムたっぷりポテトサラダ650円。
 取り皿はともかく、取り箸を用意されないお店がたまにあるけど、そんな心配は杞憂でした。
 名前負けしないほどハムがたっぷり入っているポテトサラダ、塩加減もちょうど良い感じでとても心好い。

クリックすると拡大します

 合わせた日本酒は、秋田の蔵元である新政酒造が醸す「Viridian ヴィリジアン -天鵞絨- 2021-」純米酒 美郷錦 R2BY。
 新政のカラーズシリーズは全て飲んでいると思っていたら、増えているのか。
 こちらには5種類のカラーズの3種類が用意されていて、未飲の一杯を。
 Viridian(ヴィリジアン)とは濃い緑色の顔料のことで、他ではちょっと味わえない独特の美味しさ。

クリックすると拡大します

 最後にお蕎麦を食べるので、蕎麦前ってことで青ネギのだし巻き玉子750円。
 だし巻き玉子は「そば屋の」「青ネギの」「とろけるチーズの」と3種類揃っていて、今宵は青ネギを。
 おろしはリボン結びされた笹の上に、玉子焼きはナイフで切り、ふんわりとろりと、とっても美味しい。
 「私、関西人なのでネギは青い部分が好きなんです」と、今夜は良く喋ってとても楽しそう。

クリックすると拡大します

 玉子焼きには、富山の蔵元である枡田酒造店が醸す「満寿泉(ますいずみ)」純米吟醸 生酒 R3BY。
 26種類の日本酒が用意されていますが、先の濃い緑色と、こちらのお酒だけが飲んだことの無い銘柄。
 北陸料理ってことで、富山、石川、福井の日本酒が充実しています。
 お酒毎に酒器を替えて下さるのは小さな心遣い、その心遣いがお酒をさらに美味しくします。

クリックすると拡大します

 メニューに見つけたら見逃すことが出来ないお刺身、極上 造里 盛り合わせ1,800円。
 今宵は本鮪、炙り太刀魚、アオリイカ、鱸、タコ、太刀魚、初鰹、炙り鰹、間八、白ミル貝の8食材10種類。
 薬味は山葵と生姜、それぞれに醤油皿が用意されていて、いちいちしっかりしています。
 刺身が美味しいのは食材が素晴らしいだけじゃ無くて、食材を活かす食器や調味料にも気を配っているから。

クリックすると拡大します

 最近飲んでいなかった、島根の蔵元である王祿酒造が醸す「超 王祿(ちょう おうろく)」純米酒 本生 R3BY。
 この蔵元は酒販店の管理が厳しいことで有名なので、中々手に入らないし、中々飲めない。
 きっちりと冷やされた王祿の何と美味しいことか、店員さんにも飲んでもらいたいほど。

クリックすると拡大します

 事前にお店のレビューを見て気になっていて、メニューに見つけた生桜海老のかき揚げ1,200円。
 去年はほぼほぼ捕れなかった桜海老、今年はあちこちで頂けるので、結構捕れたのかな。

クリックすると拡大します

 真っ赤になるほど生桜海老が使われたかき揚げ、半分は塩で、半分は蕎麦つゆで頂きます。
 ほんのり淡い桜海老の甘さは、塩でも蕎麦つゆでも引き立って、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 〆のお蕎麦に向けて、宮城の蔵元である平孝酒造が醸す「日高見(ひたかみ)」を燗付けで。
 温度帯が心配なお店ですと、「熱燗で」「飛び切り燗で」とお願いするところ、今夜は特に指定せずに。
 指定しなくとも、次はお蕎麦ですね、とぬる燗で付けて下さるのは素晴らしい以外の言葉は見つからない。
 かつては「居酒屋であれば当たり前」でしたが、今は昔、出来ることが素晴らしい時代になりました。

クリックすると拡大します

 お蕎麦は、せいろ600円、せいろハーフ350円、大ざる1,500円と用意されています。
 せいろのもり汁はスタンダード、辛味大根つゆ、胡麻ダレ、月見つゆ、月見ととろつゆ、カレー汁の6種類。
 もちろんせいろ以外に冷たいお蕎麦のぶっかけそば、温かいお蕎麦のかけそばも用意されています。
 親しみやすい値段なのは、お蕎麦屋として精一杯の矜恃なのでしょう。

クリックすると拡大します

 二人とも同じ、せいろ600円と辛味大根つゆ350円の組み合わせ。
 辛味大根は大根おろしだけでは無く、貝割れと花鰹も添えられています。

クリックすると拡大します

 お蕎麦の製麺は半個室のテーブル席からは伺えませんが、キリッとエッジが立った十割蕎麦はとても心好い。
 もり汁は冷やされすぎずに程良い冷たさ、お蕎麦もしっかり冷たいので食べやすい。
 このお蕎麦が(同じ値段で)ランチでも食べられたら、と食べたお客さんなら皆思うだろうな。

クリックすると拡大します

 〆はお蕎麦でも、本当の意味での〆は蕎麦湯で。
 丸湯桶に用意された蕎麦湯はとろりとした食感で、つい多めに入れてしまったけど、たっぷり飲んでしまいます。
 美味しいお蕎麦、美味しい料理、美味しい日本酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こちらの蕎麦は全粒粉でしたか?
Posted by グラノチャンチェンホイミンスパット at 2022年06月23日 07:58
> 食券をカウンター台に「お願いします」と置くも、一瞥して直ぐに調理に取り掛かるワンオペ店主さん。
> 気難しそうだ。

ふらわさんは
@何も言わずにすぐに調理を始める店主
A「フリー ブロガーのふらわさんじゃないですか!」と話しかけて調理しない店主
どちらがお好みですか?

> ちなみに、厨房内の写真は見る人が見たら保健所介入事案になりかねないので、撮影公開禁止。

ネズミでも居たのならともかく、わざわざそれを書く必要あります?
Posted by tomoco at 2022年06月23日 20:53
中本さんが家から近くに出来るみたいですね!
オープン日行くのですか?
7月以降なら御一緒しましょう!
Posted by アズ at 2022年06月23日 23:07
グラノチャンチェンホイミンスパットさん、コメントありがとうございます。

 未確認です。
Posted by ふらわ at 2022年06月25日 13:16
tomocoさん

> どちらがお好みですか?

 もちろん@です。

> ネズミでも居たのならともかく、わざわざそれを書く必要あります?

 すみません。
Posted by ふらわ at 2022年06月25日 13:17
アズさん、コメントありがとうございます。

 私、中本出禁の設定なので、行かれないんですよ。
Posted by ふらわ at 2022年06月25日 13:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189618058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック