2022年07月29日

誕生日

/麺屋 ルリカケス@木場(江東区東陽)にて塩そば/誕生日/

クリックすると拡大します

 うだるような暑さ。
 何日かこの暑さを過ごせば身体が慣れてくるので、それまでの我慢。
 朝、起きたところから暑かったので、朝食はコンビニパンにしたんだけど、お昼はどうしようか。

クリックすると拡大します

 お昼は、麺屋 ルリカケス@木場(江東区東陽)公式ツイッター)へ。
 オープン時に販売されていなかった塩味が、7/27から始まったとツイッターに投稿されていました。
 初日に伺おうと思っていたのに忘れていて、2日遅れで伺います。

クリックすると拡大します

 事務所から歩いてすぐですが、夏本番。
 こんな暑い日に熱いラーメンなんて、なのでしょうか。
 外待ち無し、店内は前客4人、後客2人。

クリックすると拡大します

 券売機をみると、無事に塩そばの売り切れランプが消えています。
 とはいえ、販売を予定している残り二種類、いつから販売されるのかなぁ。
 ラーメンを食べ歩いている人達の殆どは、私も含めて一軒一杯が圧倒的です。
 (醤油そばを食べて)よほどこの店を気に入ったか、お店が生活圏にあって伺いやすいか、でないと塩そばは食べないでしょう。

クリックすると拡大します

 食券を買って店内を振り向くと、「お好きな席へどうぞ」と案内されます。
 席に座ってカウンター台に食券を置き、お冷を汲んで飲んで、一息入れて。
 厨房では、店主さんと共に若い女性店員さんが働かれています。
 会話から想像するにアルバイトやパートには感じられなかったので、奥さんかご兄弟なのかな。

クリックすると拡大します

 程なくして、塩そば1,050円
 醤油そばの丼は淡いコバルトプルーとルリカケスをイメージさせますが、塩そばはオフホワイト。
 醤油そばは鶏飯をイメージさせる盛り付けでしたが、塩そばは何をイメージされたのでしょうか。
 トッピングはチャーシューは豚肩ロースと黒豚モモ、穂先メンマ、鶏団子、浅利ワンタン、紫玉ねぎ、焦がしネギ、カイワレ。

クリックすると拡大します

 スープは醤油そばの「地鶏×鰹節」に「×貝」と表記されていて、味わった感じでは塩たれに貝を使われている様な印象。
 平打細麺は自家製麺ですが、加水が足りない味わいで、これはこれで「オープン当初の」限定麺。
 トッピングは一口サイズがちょこちょこ乗っていて、色々な味わいが楽しめます。
 チャーシューやメンマはともかく、鶏団子やワンタンはまだまだ美味しくなりそう。

クリックすると拡大します

 このラーメンに限らず、どんなラーメンでもどれが美味しいかは完全に好みの問題です。
 ※逆に「好みが分かれない」ラーメンがあったら、知りたい。
 私は醤油そばは味が完成している気がするけど、塩そばはまだまだ伸び代を感じます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189704950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック