2022年08月28日

第八回波づき貸切会

/油そば専門店 ぶらぶら 杉田店@杉田(横浜市磯子区杉田)にてカレー油そば、生卵/第八回波づき貸切会/

クリックすると拡大します

 電車代の関係で新杉田で降りて、ラーメン屋に向かう小路がお祭りのように混み合っていて。
 って、昨日、今日は杉田祭りとのこと。
 ぽつぽつ降ったり止んだりでしたけど、何とか持ちこたえようで何より。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、油そば専門店 ぶらぶら 杉田店@杉田(横浜市磯子区杉田)公式ホームページ)へ。
 神奈川6店舗として2022/3/26オープン、立地は新杉田駅と杉田駅を結ぶ通りの杉田駅寄り。
 店舗は神奈川以外に東京5店舗、愛知と三重に1店舗ずつ、全13店舗を展開されています。

クリックすると拡大します

 店先に多くのサービスが掲示されています。
 雨の日は、トッピング無料券を配布。
 毎週月曜は60歳以上のシニア割、毎週水曜はレディース割として、スタンダード油そばが終日500円。
 平日14:30-16:30は夕暮れサービスとして、スタンダード油そばが500円。
 そして杉田祭り(8/27、28)としてトッピング1品無料サービス。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューはスタンダード油そば690円、塩油そば740円、辛塩油そば740円、辛しょうゆ油そば740円、
 辛味油そば840円、地獄油そば940円。
 期間限定のカレー油そば790円。
 ご飯物はぶためし並330円、玉子かけごはん並230円。
 おつまみやアルコール飲料も揃っています。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター2席と8席、4人掛けテーブルが2卓、計18席。
 椅子に貼られたテプラの番号を見るに、カウンター席は数席間引きされています。
 店員さんに食券を渡すと、杉田祭りの無料トッピングを訊かれますので、生卵をお願いします。

クリックすると拡大します

 お好きな席へどうぞと案内され、席に着くと刻みニンニクと刻み玉ねぎを置いて下さいます。
 卓上には魚粉、油そばのたれ、お酢、辣油、胡椒。
 いつもだったら「どれを掛けて楽しもうかなぁ」と妄想を膨らませるんだけど、今日はカレーだし。

クリックすると拡大します

 程なくしてカレー油そば790円、杉田祭サービスで生卵
 「カレーだから途中で生卵を合わせて味変♪」って思っていたけど、初めから合わせてあるのか。
 いつもだったら「辣油を三周、酢を二周」なんだけど、今日はカレーなので直ぐに混ぜます。

クリックすると拡大します

 混ぜてみると、驚くほどの短尺麺、たれやカレーにとても絡みやすいけど、汁(たれ)跳ねも手強そう。
 カレーの香りはしっかりめで辛さは程々、豚バラ肉も入っていて、とても美味しい。
 たれはなくてカレーだけかなと思っていたけど、ちゃんとたれも沈めてあり、ちゃんと油そば。

クリックすると拡大します

 店員さんがせっかく持ってきてくれたので、やっぱり、油そばだから刻みタマネギ、いきますよね。
 ちょろっと辣油を掛け、全体を馴染ませてから。
 シャキシャキ感が加わった油そば、良い感じです。

クリックすると拡大します

 たれを残すように麺を食べ切って、スープ割り、ではないけど、鶏スープを注ぎます。
 良い感じでカレーと生卵が残っていて、熱々のスープで伸ばして美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 アイドルタイムの訪問でしたが、先客4人、後客2人とノーゲスにはならず。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 中吉かぁ

クリックすると拡大します

 やっと予約が取れて、待ちに待った、第八回波づき貸切会
 ランチに一度伺っていて10回目の訪問になりますので、今回で私は卒業。
 いつまでもジジイが予約していたら、これからの若い人が食べられないですから。

クリックすると拡大します

 今夜の持ち込み酒。
 DATE SEVEN SEASONU Episode1 浦霞&黄金澤 セット R2BY。
 三重の蔵元である福持酒造場が醸す「BASIN(ベイスン)」純米吟醸酒 R2BY。
 山口の蔵元である澄川酒造場が醸す「東洋美人(とうようびじん)」純米大吟醸酒 特吟 愛山【専用皮袋入り】 R2BY。

クリックすると拡大します

 先ずは再会を祝しての乾杯。
 個人的には生ビールから入りたい派ですが、ゲストあっての貸切会ですからね。

クリックすると拡大します

 本日のネタ箱。
 一時の流行病も落ち着いて、今は二部制、日曜日はランチもやるので三部制。
 このネタ箱は店主さんも撮影して、インスタに投稿されています。

クリックすると拡大します

 名刺代わりの、ごま牛乳豆腐。
 毎月変わる自家製豆腐、先ずは豆腐を頂かないと波づきに来たことになりません。

クリックすると拡大します

 本鮪 トロ、赤身。
 切り身の一品目は必ず鮪、トロはトロでも大トロに近い部分のシモフリ。
 これまでも美味しかったけど、今日も美味しい、次があったらきっと美味しい。

クリックすると拡大します

 ます子だし漬け
 ます子とイクラの違いが良く分かっていないけれど、どちらも美味しいことは良く分かっています。

クリックすると拡大します

 イワシと生ふのりなめろう仕立。
 江戸前寿司のお店ですが、時々創作料理が出され、そのいずれもが美味しい。
 店主さん自らあちこちの飲食店に出向き、発想を得ているとのこと。

クリックすると拡大します

 黒ムツ 西京焼き。
 焼き物は旬の魚を焼いて下さり、今夜は黒ムツ。
 これでもかのふんわりした食感にしばし箸が止まる、、って二口で食べてしまった。

クリックすると拡大します

 前回あたりから登場しているガスコンロ。
 焼き物は奥の調理場でこなしていますが、一部はお客さんの前で焼いて下さいます。
 焼く香りも御馳走ですよね。

クリックすると拡大します

 焼きもろこしバター正油。
 一人一個かぁ、夢中でむしゃぶりつく焼きトウモロコシ。
 ちっちゃいのや、白いのも美味しいけど、やっぱり大きなトウモロコシが好きだなぁ。

クリックすると拡大します

 鮪油のオクラのサラダ。
 サラダにはいつも鮪油が掛けられていますが、オクラ入りは初めて。
 長い寿司の旅の合間の、箸休めかな。

クリックすると拡大します

 平貝いそべ焼き
 この平貝はガスコンロで焼き上げていたんだけど、海苔に巻いただけでメチャクチャ熱い。
 持っただけで熱いので食べたらもっと熱い、でも美味しいから許す。

クリックすると拡大します

 はーい、これから握りますから 山葵シャーベットが出されます。
 口をさっぱりさせてから寿司に移行するのが、波づき流。
 シャリの量を訊かれ、私以外は「少なめ」で。

クリックすると拡大します

 大トロ。
 今夜も鮨は大トロから、個人的に美味しいお鮨から食べるのは大好き。

クリックすると拡大します

 トロ。
 食べ比べと言うことでは無いけど、大トロが美味しければトロも美味しい。

クリックすると拡大します

 ノドグロ。
 桃色のノドグロ、個人的には鮪より旨味が濃密で美味しくて好きな魚。

クリックすると拡大します

 特大穴子唐揚げおろしポン酢。
 穴子を唐揚げして、おろしポン酢に乗せてあって、それって一般的には逆だと思うけど、これがいい。
 あっつあつなんだけど、ほっくほくで、美味しい。

クリックすると拡大します

 シマアジ。
 ネタは小ぶりですが醤油はしっかりめ。
 一口で頂きますが、これが美味しい。

クリックすると拡大します

 小柱。
 新進気鋭とか、創作中心とかの鮨屋では楽しめない、古風な軍艦巻き。
 年に1度も伺えないけど、定期的に通うって楽しむのが私の中での寿司道。

クリックすると拡大します

 次は鮑料理ですが、見たこともない大ぶりの鮑。
 いやいや自身の気持ちが高揚して、大きく見えたのかも知れません。

クリックすると拡大します

 ウニとあわびのいちご飯、特ポン酢タレ。
 先の鮑を大ぶりに刻み、雲丹を乗せたいちご飯、鮑の肝もたっぷり掛かっていて。
 こんな美味しいごはんを食べられて幸せ。

クリックすると拡大します

 真蛸のやわらか煮。
 ここで一息入れる箸休め、ほんわか炊き上げてある真蛸、大根も良い感じ。

クリックすると拡大します

 ヤリイカ。
 つるんとした舌触りと、むぎゅっとした食感、たまらないですなぁー

クリックすると拡大します

 赤出汁。
 なんか出されるタイミングがいつも違う気がするけど、美味しければいいか。

クリックすると拡大します

 アジ。
 こんなに包丁が入っているアジを見るのは初めて、もちろん食べるのも初めて。
 初めての食感ですけど、こういうお鮨も楽しいよね。

クリックすると拡大します

 焼ひしおサバ茶づけ。
 寿司、と言うか料理の量が多いので、提供される前にお持ち帰りの有無を訊かれます。
 数人が手を上げたけど、私はちゃんとお店で食べます。

クリックすると拡大します

 甘エビ。
 写真を撮ろうと構えると、「ふらわさん、お願い」とパスされる。
 分かりましたと、ニコニコで二個食べる私、幸せ二倍。

クリックすると拡大します

 穴子。
 エビが食べられなければ穴子も、とパス2回目。
 お鮨屋で穴子を2貫食べたのは初めて、長生きしていても初めてってまだある。

クリックすると拡大します

 塩水ウニ。
 ウニはパスされなかった、おかしいなぁ。
 この日は油紙で包まれた雲丹箱から見せてくれて、個人的に大感激。

クリックすると拡大します

 鮪MAX追トロタク。
 トロタクがどんどん多くなっていき、今では追いトロタクのMAXが付くようになっています。
 醤油をちょろりと垂らして食べると美味しいけど、今夜も垂らすのを忘れて頂きました。

クリックすると拡大します

 白いコーヒープリン。
 波づきの甘味、デザート、コーヒープリン。
 冷たすぎず甘過ぎず、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 あつあつ玉子焼き。
 夜の一部目は焼き立てなんだけど、日曜日はランチ営業しているので、しっとりめ。
 だしがしっかり利いていて、いつも美味しい玉子焼き。

クリックすると拡大します

 最後に熱々のお茶を飲んでお会計。
 会計すると、「次の予約を取りますか」と耳元で囁かれ、、、それじゃあお願いしますと。
 美味しいお鮨、美味しい料理、楽しいお喋り、どれもこれもご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ひさしぶりにコメント送ります。

写真も文章も変わっていなくて、そこもふらわさんらしいですね。
ただ、写真はあることに気を付けるだけでかなり印象はよくなると思いますよ。
Posted by ラーメンOL at 2022年08月29日 23:58
ラーメンOLさん、コメントありがとうございます。

 そうなんですか。
 ご指摘の点、今後は気を付けたいと思います。
Posted by ふらわ at 2022年08月31日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189781120
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック