2022年09月07日

雨の川崎

/ゆで太郎もつ次郎門前仲町店にてミニのり弁セット(冷)、コロッケ/中華そばやなぎや@川崎大師(川崎市川崎区池上新町)にて中華そば(醤油)/川崎家系ラーメン神輿家@川崎市川崎区桜本にてラーメン/

クリックすると拡大します

 お昼は、ゆで太郎 もつ次郎 門前仲町店ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺チェーン店、現在はゆで太郎システムと共に営業されています。
 そろそろ新しい現場を探さないとならないので、合わせてゆで太郎を食べに伺います。

クリックすると拡大します

 今日は水曜日、お得セットはミニ海老舞茸天丼セットなのか。
 ちょっとそそらないので、今日も今日とでのりのり祭に乗っかります。
 店内に入って券売機で食券を買い、店員さんに「冷たいので」と伝えて食券を渡します。

クリックすると拡大します

 程なくして番号が呼ばれ、ミニのり弁セット(冷)520円、クーポンコロッケ
 受付で受け取ったら、直ぐ隣の調味料コーナーで紅生姜を乗せ、揚げ玉は乗せず、コロッケにはソースを。

クリックすると拡大します

 人によって食べる順番や食べ方があろうかと思います。
 私は先ず、お蕎麦を手繰るところから。
 程良く冷やされたもり汁に、しっかりと冷やされたお蕎麦を浸けて手繰る、美味しい。

クリックすると拡大します

 お蕎麦を半分ほど食べたところで、コロッケ。
 今日のコロッケアートは大失敗してしまい、何を書こうとしたかはとても言えません。
 それでも揚げたてのコロッケは温かくて美味しい。

クリックすると拡大します

 ミニのり弁にはマヨネーズをさっと、綺麗に掛けたつもりでも、ざっとこんなもの。
 それでも温かいフライにマヨネーズはとてもよく合います。
 紅生姜で酸味をアクセントにしながら、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 夜は川崎へ。
 雨が振っていますが、行こうと決めたら行かないと。
 目的のラーメン屋は最寄り駅から徒歩20分、雨でも歩いたこともあったけど、バスかタクシーが最善策。
 そこで私はカーシェア、EV車が空いていたら乗りたかったなぁ。

クリックすると拡大します

 カーシェアは予約時にカーナビの目的地をセット出来るので、予め調べておいたコインパーキングをセット。
 空いていなければどうするかって話しはありますが、それはそれ、今夜のところは空いてて良かった。
 一時間300円が、高いか安いか分からないし、安いところを探すすべも私にはありません。

クリックすると拡大します

 夜は、中華そば やなぎや@川崎大師(川崎市川崎区池上新町2-4-13)へ。
 2022/8/14オープン、立地は川崎大師駅から徒歩20分なので、まんま歩くか、川崎駅からバスかタクシーか。
 「やなぎや」は店主さんの苗字の「柳沼(やぎぬま)」から、ラーメンチェーン店を何軒か渡り歩いての独立。

クリックすると拡大します

 店内に入って右側の券売機で食券を買います。
 メニューは中華そば(醤油・塩)800円、つけ麺850円。
 トッピングはチャーシュー300円、ネギ150円、メンマ150円、味玉100円。
 ご飯ものは玉子かけごはん300円、ごはん100円。

クリックすると拡大します

 「お好きな席へどうぞ」と案内され、先客三人と空いているカウンター席へ。
 席配置は、奥の厨房を囲むL字カウンター3席と5席。
 カウンター席の後ろ側はテーブルが置けるかどうかの、ゆったりめ。

クリックすると拡大します

 卓上にはゆず七味、酢、胡椒、辛味噌。
 厨房には50歳に手が届くかどうかのご夫婦、営業時間も標準的で、決して無理はしない姿勢。
 調理はなかなか道に入っていて、長いラーメン店経験を十分に発揮されているようです。

クリックすると拡大します

 程なくして提供、中華そば(醤油)800円
 脂に頼らず、魚介を中心に豚ガラと鶏ガラの旨味を差し込み、人柄をも落とし込んだ、心好い味わい。
 ゆったりとした身のこなしからは想像ができない重厚なスープは、店主さんの顔がよく見えます。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は平打太麺、押し返すような歯応え、スープに絡みつくしなやかさ。
 トッピングは、豚肩ロースチャーシューが二枚、メンマが数本、青ネギがひとつかみ。
 メンマがコリコリして美味しいのなんの、青ネギも良い感じですなぁ。

クリックすると拡大します

 淡麗系ラーメンではあまり味変はしないのですが、今夜はしたい気分。
 卓上に用意されていたゆず七味を振ってみます。
 日本蕎麦みたいな風味になって、これはこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 食べ歩きだけではこの味にはならないだろう、チェーン店で働いていてもスープの仕込みは習わないだろう。
 どこかで味わったことがある味わいで、食べている時には思い出せなかったけれど。
 THE FINEST NOODLES EL DORADO エルドラド、ただの独り言です、はい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 二軒目は先ずカーナビに目的地までをナビさせ、スマホでコインパーキングを探して、と。
 お店の近くに停めたんだけど、40分200円ってのが消されていて不安。
 不安だけど、他に見当たらないし。

クリックすると拡大します

 遅めの夜は、川崎家系ラーメン 神輿家(みこしや)@川崎市川崎区桜本公式ツイッター)へ。
 2021/9/16 オープン。
 2022/5/24 店主急死し、休業に入る。
 2022/8/ 2 弐七家とコラボして、リニューアルオープン。

クリックすると拡大します

 ネット情報での店名は「神輿家×横浜ラーメン 弐七家」。
 そこまで書くなら「川崎家系ラーメン神輿家×横浜ラーメン 弐七家」ではないでしょうか。
 しかしながら、その「×」は営業形態であって、屋号自体は神輿家のまま。

クリックすると拡大します

 リニューアルして外観とメニューは一新されましたが、店内の調度品と厨房施設は変わっていない様子。
 メニューは、ラーメン800円、塩ラーメン800円。
 ご飯ものはネギチャ丼300円、飲物はスーパードライ350円など。
 塩とか味噌とかやらないんだけど、トッピングの種類は多い。

クリックすると拡大します

 50円の刻み玉ねぎ、もやし、コーン、バター、薬味ねぎ、コロチャ。
 100円の味玉、ほうれん草、うずら5個、メンマ、のり5枚、キムチ。
 200円の白髪ネギ、250円のチャーシュー4枚。
 限定50円として揚げネギ、高菜。

 麺を半分にしたり、モヤシに替えたりできます。
 モヤシに替えたら、もはやラーメンとは異なる料理に思えます。

クリックすると拡大します

 「お好きな席へどうぞ」と案内され、店内奥のカウンター席へ座り、家系お好みを伝えながら食券を渡します。
 厨房を囲むL字カウンター5席、3席、4人掛けテーブルが2卓。
 卓上にはにんにく、生姜、辛味、胡椒、白胡麻、酢。
 厨房に調理人が2人、片方は前店主さんに顔つきが似ているけど兄弟なのかな、他人の空似かな。

クリックすると拡大します

 10分程して、ラーメン800円。家系お好みは麺柔らかめ。
 スープを味わってみると薄め、、、麺を湯がく要領で全体を馴染ませると、そうでもない。
 調理をちゃんと見たわけではないけど、煮詰まったスープに水道水を注いで希釈したばかりかも知れません。
 こういうことも、そういうこともあっての店内炊き、下ブレにあたってああだこうだは違うと思う。

クリックすると拡大します

 太麺は柔らかめ仕上げですが麺の角が透き通っていないので、大橋製麺多摩ではなく丸山製麺の印象。
 スープとの相性はほどほどで、とても美味しい。
 小ぶりのチャーシュー、3枚の焼海苔、茹でほうれん草、薬味ねぎは先入れ。

クリックすると拡大します

 さて、お楽しみの味変タイム。
 今夜はおろし生姜、辛味(豆板醤)、白胡麻で楽しむことにしました。
 おろし生姜はおろしニンニクほどの力強さはありませんが、このスープにはおろし生姜がよく合いました。

クリックすると拡大します

 立地は住宅街なので、昼より夜が混んでいると踏んでいましたが、雨の中、満席外待ちするほどの繁盛ぶり。
 周りに飲食店が少ないことも関係しているのかも知れません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189800684
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック