2023年09月18日

博多ラーメンとは

/博多長浜豚骨ラーメン 博多鷹マル@上溝(相模原市中央区上溝)にて豚骨ラーメン、半替玉/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日は敬老の日でお休み、つまり三連休最終日。
 今度の土曜日の秋分の日までを、シルバーウィークって呼んでいる人もいるけど。
 ちょっと無理がある気がする、気のせいかも。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、博多長浜豚骨ラーメン 博多鷹マル@上溝(相模原市中央区上溝7-17-18)へ。
 2023/9/7オープン、9/14まではラーメン一杯500円セールでしたが伺えず。
 立地は上溝駅から徒歩2分、西村家の跡地。
 店主さんは、長浜らーめんとん平門司本店に物心着いた頃から通っていたそうです。
 縁があって神奈川に移り、博多山笠平塚紅谷町店でも修業され、晴れて独立されたそうです。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を購入します。
 豚骨ラーメン750円、チャーシューメン1,000円、ちゃんぽん900円。
 ご飯物はチャーシュー丼400円、ミニチャーシュー丼300円、焼飯650円。
 サイドメニューはぎょうざ7ヶ380円、野菜炒め500円、もやし炒め380円、蒸し鶏450円、からあげ5ヶ500円。
 飲物は生ビール500円、びんビール550円、酒450円、ウーロン茶200円など。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと、麺の茹で加減を訊かれますので、「固めで」と伝えます。
 席は厨房を囲むコの字カウンター、3席、5席、2席の10席。
 先客5人、後客2人、店主さんと女性店員さんの2人。

クリックすると拡大します

 卓上には辛味噌、醤油、白胡椒、白胡麻、おろしニンニク、カウンター台には粒ニンニク。
 博多ラーメンを謳っておきながら、紅生姜とか辛子高菜とか、用意してないのか。

クリックすると拡大します

 って思ったら、店内のコーナーに用意されています(スミマセン
 この調味料コーナーは店員さんから案内がないので、気が付かないかも知れません。
 私のように店内を探さないと、見つけられないかも知れません。
 まま、紅生姜や辛子高菜がないとラーメンが食べられないわけではないですから。

クリックすると拡大します

 程なくして豚骨ラーメン750円、お好みはメンカタメ。
 家系ラーメンだったら「チャーシュー、海苔三枚、茹でほうれん草」が必須だけれど。
 博多ラーメンは「チャーシュー、焼海苔、キクラゲ、ネギ」は必須ではありません。
 それでも、青ネギではなくて白ネギってのは違和感があるなぁ、見た目だけの話しだけど。

クリックすると拡大します

 ほんのりとろみの店内炊き豚骨スープ、豚骨を炊いた寸胴から直接スープを注いでいるので、骨感もあります。
 ギュッと煮詰まったような味わいがまさに博多ラーメンのスープ、、本格的とはちょっと違うかな。
 細麺は大久保製麺、佐賀県神埼市から取り寄せているのは「長浜らーめんとん平」で使っているから。
 コシがあるのに伸びにくくて美味しい細麺は、この店専用に特注されているそうです。

クリックすると拡大します

 チャーシューは煮豚仕立てが二枚、博多ラーメンにしては美味しい。
 スープは本格的な博多ラーメンだけど、他は少しずつアレンジされているようです。
 キクラゲは有料トッピングなのでトッピングされていません。

クリックすると拡大します

 替え玉する予定ですので、先に粒ニンニクをクラッシュして、と。
 特別にニンニクを入れなくてもいいんだけど、入れて食べてみたい気持ちは抑えられず。
 クラッシュニンニクを入れたスープ、うんまい。

クリックすると拡大します

 半替玉100円、食券は作ってもらいたくなったら店員さんに渡します。
 ステンレスの丸皿がキラキラと輝き、麺の上には白ネギが乗せてあります。
 麺皿のステンレス丸皿は九州ではよく見かけるけど、関東では滅多に見かけないのはなぜだろうか。

クリックすると拡大します

 麺を入れたら、紅生姜と辛子高菜を乗せて、一気に全部を混ぜ合わせます。
 そうしなければならないと決められているわけではないけど、混ぜてみたい気持ちは抑えられず。

クリックすると拡大します

 替玉も美味しいねぇ、スープが冷めても美味しいってことだ。
 日和って半玉にしてしまったけど、一玉の方が良かったな。

クリックすると拡大します

 食べ終わる頃に、店員さん同士がラーメンの話を始めたので、そこはかとなく加わってみます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰る途中、ちょっと脇道にそれてみたら彼岸花が咲いていたので、撮ってみた。
 以前なら「頑張って手撮り」でしたが、今の私には三脚があります。

クリックすると拡大します

 晩酌
 海老名の蔵元である泉橋酒造が醸す「む」生酛純米酒 酵母無添加 山田錦 R5BY。
 これまで泉橋酒造では日本醸造協会の協会酵母を使用して、酒造りをしてきました。
 今回蔵人たちの探求心から、酵母を添加せずに酒蔵に自生する、いわゆる「蔵付き酵母」で酒を造ってみたいという試みにより、このお酒が誕生しました。

 アテは焼き松茸、女房が「安かったから」とスーパーで購入し、一本を焼いて醤油を垂らし、お酒に合わせました。
posted by ふらわ at 21:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
博多ラーメンでしたか?長浜ラーメンでしたか?
勿論違いは分かりますよね?
Posted by 節っちゃん at 2023年09月19日 03:37
ふらさわんさん

そこはかとなく店員さんの会話に加わってみたときには
博多長浜っておかしいですよね?ってつこんだんですか?

もっともどこが変なのか分かってますよね?
Posted by 半兵衛 at 2023年09月19日 08:23
節っちゃんさん、コメントありがとうございます。

 こちらのラーメンは長浜ラーメンでも博多ラーメンでもありません。
 「博多長浜豚骨ラーメン」って名乗っているじゃないですか。
Posted by ふらわ at 2023年09月19日 21:26
半兵衛さん、コメントありがとうございます。

> 博多長浜っておかしいですよね?ってつこんだんですか?

 ツッコんでいません。
Posted by ふらわ at 2023年09月19日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190564212
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック