2024年02月21日

矢向で背脂生姜しょうゆ

/京都ラーメン森井 矢向店@矢向(横浜市鶴見区矢向)にてレモンサワー、特製味噌乗せキュウリ、背脂生姜しょうゆ/

クリックすると拡大します

 雨が降って寒くないってどういう冬なんだろうか。
 週末の三連休は大撮影大会を予定しているのに、雨だと嫌だなぁ。

クリックすると拡大します

 夜は、京都ラーメン森井 矢向店@矢向(横浜市鶴見区矢向)公式インスタグラム)へ。
 向ヶ丘遊園店を皮切りに平間店、相模原店、愛甲石田店、新丸子店、明大前店(順不同)が閉店し、
 銀座店が2/9にオープンし、現在は10店舗かな。

クリックすると拡大します

 現時点のメニューと値段を整理しておきます。
 レギュラーメニューは京都熟成醤油ラーメン800円、塩ラーメン800円、醤油豚骨ラーメン880円、
 味噌ラーメン880円、辛味噌ラーメン950円。

クリックすると拡大します

 2023/12/1より始まった特製油そば1,100円、2024/2/20より始まった背脂生姜しょうゆ1,280円。
 油そばはレギュラーメニューの仲間入りに思えますが、背脂生姜しょうゆは期間限定販売に感じます。

クリックすると拡大します

 矢向店限定のおつまみメニュー。
 飲物はビール中瓶600円、ゴロ生レモンサワー550円、ホッピー550円、ハイボール450円、黒烏龍茶ハイ450円、レモンサワー450円、ホッピー中250円。
 料理は枝豆300円、特製味噌乗せ無限もやし350円、特製味噌乗せキュウリ350円、国産黒豚焼売380円、モチモチ水餃子380円、ワンタン400円、おつまみ盛り400円、炙りチャーシュー450円。

クリックすると拡大します

 券売機を見るとお子様ラーメン500円、おもちゃ付き600円があります。
 そのお子様ラーメンは月に数日間だけ100円でサービスされていて、今月は24日、25日。

クリックすると拡大します

 前客2人、お一人様はカウンターかなと店員さんと視線を合わせると、
 「こちらへどうぞ」とテーブル席に案内して下さり、「ラーメンは後でお願いします」と食券を店員さんに渡します。
 「茹で時間が掛かりますので、早めにお願いします」と、ラーメンの食券はテーブルに置いてくださいます。

クリックすると拡大します

 卓上の調味料はブラックペッパー(グラインド)、ニンニク、柚子胡椒、酢。
 替え玉はかえ玉100円、和え玉はねぎ塩和え玉200円、煮干し醤油和え玉200円、辛和え玉250円。

クリックすると拡大します

 先ずはレモンサワー450円でエアカンパイ。
 今夜は矢向で一人お疲れ様会。

クリックすると拡大します

 合わせたアテは特製味噌乗せキュウリ350円、白胡麻がぱらり
 注文が入ってから切り分けたキュウリに特製味噌を合わせていただく。

クリックすると拡大します

 シャキッとした歯応えのキュウリの仄かな苦味に、肉味噌の旨みがたまりません。
 キュウリを3つ残したところで、ラーメンをお願いします。

クリックすると拡大します

 程なくして、背脂生姜しょうゆ1,280円
 醤油たれを合わせた煮干しスープに生姜をきっちり効かせ、背脂の甘味がこれでもかと覆い被さる美味しさ。
 これでスープ量が足りていればと、無い物ねだりしたくなるほどの心好さ。

クリックすると拡大します

 このラーメン専用に用意されたと思われる縮れ平打麺、ジャストの茹で時間がスープと好相性。
 まごうことない燕三条系ですけど、大々的に謳ったりしてはいません。
 トッピングは薄切りチャーシュー3枚、細切りメンマ一掴み、バラ海苔、なると2個、味玉、刻み玉ねぎ。

クリックすると拡大します

 細切りメンマは他のメニューと同じようにも思えるし、専用にも思えるし。
 スープに合っているので、専用だろうか。

クリックすると拡大します

 豚肩ロースレアチャーシューはちょっとだけ厚切りされて3枚。
 おろし生姜が乗せられていて、ちょっとだけ変わった味わい。

クリックすると拡大します

 味玉は半熟とろり、無くてもいいけど、あれば嬉しい。
 好んで食べない味玉ですので、単に美味しいことしか分かりません。

クリックすると拡大します

 そのまま食べ切ってしまうつもりでいたけど、試しにおろしニンニクを合わせてみました。
 美味しいじゃ無いですか、このスープにニンニクは合いますね。

クリックすると拡大します

 ラーメンが振るわなければ潔く閉める店があれば、居酒屋形態を取り入れて営業を続ける店もある。
 どっちもアリだと思うので、色々な考えの人が営業する飲食店を食べ歩いています。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> まごうことない燕三条系ですけど、大々的に謳ったりしてはいません。

矢向初!新潟燕三条って書いてあるじゃないですか(笑)

> 味玉は半熟とろり、無くてもいいけど、あれば嬉しい。

食べかけを背景に汚く割った味玉…
美的感覚のかけらもないこの写真はフォトグラファーとしてどうでしょう?
Posted by tomoco at 2024年02月22日 19:45
tomocoさん

> 食べかけを背景に汚く割った味玉…

 私のブログ、ちゃんと読んでますか?

 綺麗な写真を撮るだけがフォトグラファーではありませんから。
 ピントが合っていなくても、ブレていても、露出が不適正でも、それが私の写真。
Posted by ふらわ at 2024年02月22日 22:42
> 綺麗な写真を撮るだけがフォトグラファーではありませんから。
 ピントが合っていなくても、ブレていても、露出が不適正でも、それが私の写真。

自分の趣味の範囲としては正論ですが、お店の実名を出しているからには綺麗に撮ることがお店にとってもプラスになりませんか?
Posted by 明大ふじそば at 2024年02月23日 11:02
明大ふじそばさん、コメントありがとうございます。

 仰るとおりです。
Posted by ふらわ at 2024年02月24日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190785632
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック