2024年04月09日

淵野辺と上溝と桜

/支那そば想@淵野辺(相模原市中央区淵野辺)にて角煮支那そば(しょうゆ味)/中華そば上溝屋@上溝(相模原市中央区上溝)にて醤油ワンタン/

クリックすると拡大します

 天気予報通り、朝から大雨。
 お昼過ぎにはやんで、明日は晴れるそうだけど、なにもかもが待っていられない。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、支那そば想@淵野辺(相模原市中央区淵野辺4-17-15)公式X)へ。
 2024/3/16オープン、立地は淵野辺駅北口を出て線路沿いを南下、ファミマの手前。
 軒先に余裕があると、今日みたいな大雨の日は助かるし、酷暑の夏でも助かります。

クリックすると拡大します

 2010/ 6/ 6 支那そば哉@逗子、オープン。
 2023/12/ 3 移転のため閉店。
 2024/ 3/16 支那そば想@淵野辺、オープン。 いまここ

クリックすると拡大します

 メニューはしょうゆ味の支那そば890円、しお味の鶏そば890円、みそ味の赤そば1,170円。
 サイドメニューは餃子(6個)480円、にんにく無しえび餃子(6個)480円、ひとくち餃子(10個)400円、
 ハーフひとくち餃子(5個)250円。

クリックすると拡大します

 ご飯物はねぎチャーシューごはん270円、鶏そぼろ・煮玉子ごはん350円、にんにくタラコごはん390円、
 極たまごかけごはん400円、豚角煮ごはん450円、ミニカレーライス430円。
 単品のカレーライス920円。
 飲物はびんビールアサヒ・キリン650円、日本酒600円など。

クリックすると拡大します

 限定メニューとして、角煮支那そば(しょうゆ味)1,200円、白正油支那そば九条ねぎ入り1,100円、
 ピリ辛!!やみつきネギラーメン1,150円。
 ぞれぞれ限定10食、白正油は逗子で食べたから、角煮かピリ辛だな。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター8席と3席、壁側に4人掛けテーブルが3卓、計23席。
 「いらっしゃいませ、お一人様ですか?お好きなカウンター席へどうぞ」と案内されます。
 給水器は店内中央に1台だけ置かれ、最初の一杯は店員さんが注いで持ってきて下さいます。

クリックすると拡大します

 卓上にはしょうゆ、辣油、酢、胡椒。
 食券制であってもメニューが用意されているのは、とても好感が持てます。
 雨の平日の開店直後、先客なし、後客4人。

クリックすると拡大します

 程なくして、角煮支那そば(しょうゆ味)1,200円
 角煮が乗せてあるってことはチャーシューは無いのかなと思っていましたが、ちゃんとあります。
 スープは角が取れた味わいの鶏ガラスープ、パンチもフックもコクも感じられません。
 しかしして、感じられないこその味わいがこちらのウリであり、だからこそ永く営業されてきました。

クリックすると拡大します

 角細麺はスープによく合っていてとても美味しく、製麺所を訊き忘れました。
 スルスルと喉を滑っていき、印象に残らないけど、敢えて残さないようにされているように感じます。
 こちらには現在、三つの味わいが用意されていますが、麺は共有されているのかな。

クリックすると拡大します

 一口大の角煮、三つというか三つ半がトッピングされています。
 スープの味わいに合わないだろうなと構えましたが、柔らかめの味付けでスープによく合います。

クリックすると拡大します

 チャーシューの部位は豚肩ロースかな、やや厚切りで食べ応えがあります。
 こちらもスープによく合う味付けで、とても美味しい。
 他のトッピングは青菜、メンマ、なると、焼海苔2枚。

クリックすると拡大します

 すんごく美味しいわけでは無いけど、美味しいラーメン、美味しいラーメンと追うのに疲れたらおいでよ、的な。
 長く食べてもらいたい味は、お客さんが歳を取っても食べられる味わいってことだろうな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華そば上溝屋@上溝(相模原市中央区上溝5-3-7)公式X)へ。
 らーめん 花楽 上溝店(-2024/2/28)をリニューアルする形で、2024/4/8オープン。
 神奈中システムプラン(公式ホームページ)のらーめん花樂、北海道らーめん麺処うたり、に続くサードブランド。
 バイク(原チャリ)で来ていれば、スッと停められるんだけど。
 車なのでいったん通り過ぎて、慣れない道をUターンしてきたら駐車場の空き、最後の1台分。

クリックすると拡大します

 メニューは醤油900円、塩900円。
 ご飯ものは叉焼飯350円。
 サイドメニューは(今のところ)無くて、飲物はアサヒ生ジョッキ缶350円、氷結レモン300円など。

クリックすると拡大します

 前店は未訪問ですので、店内の様子の変更点(リニューアル内容)は分かりません。
 入店すると少し広いスペースの先に、券売機が用意されています。
 交通系ICカードのセンサーをわざわざ塞いでいるのが気になります。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと、「お好きな席へどうぞ」と案内され、奥のカウンター席へ座ります。
 席は厨房に面したカウンターが3席と4席、窓向きのカウンターが11席、計18席。
 花楽って家族連れで食べに行くイメージがあるので、かつてはテーブル席があったのだろう。

クリックすると拡大します

 前客は6人、後客は8人、
 卓上にはブラックペッパー(グラインド)のみ。
 目の前の厨房の様子がよく見えます。
 調理の様子が見られると楽しいという人もいるけど、必ずしも楽しいことばかりではありませんね。

クリックすると拡大します

 商品の紹介写真って、特製とか、全部乗せとか、とかく見栄えのする商品であることが多いのですが。
 こちらではデフォの写真、何か理由があるのでしょう。

クリックすると拡大します

 程なくして、醤油ワンタン1,150円
 『厳選した大量の国産鶏を時間をかけて炊き上げたスープに香ばしさが広がる複数の醤油を合わせ、
 香り高い鶏油で仕上げました』
 味わってみると分厚い鶏ガラ出汁、肩に力を入れた個人店かと思うほどの強い旨味。
 チェーン店だろうから、最大公約数的なベクトルの味かと思った私は、遠い過去の人。

クリックすると拡大します

 麻生製麺の各細麺は僅かに固め仕上げで、スープとはちょっと隙間を感じます。
 でもまあ、オープン二日目で相性が合っている分にはいいけど、合っていなくてもこのままじゃないだろうし。

クリックすると拡大します

 豚肩ロースチャーシューは、いい感じに味が付いていて、とても美味しい。
 醤油味のスープともよく合っていて、塩味とも合うことでしょう。

クリックすると拡大します

 ワンタンは4個、単体で追加したら250円ですので、同額ですね。
 目の前の厨房で店員さんが包んでいましたので、冷凍物では無く包みたての雲呑。
 少なめの餡量に程々の雲呑皮、スープによく合ってとても美味しい。
 他のトッピングはなると、メンマ。

クリックすると拡大します

 チェーン展開するなら、店名を「上溝屋 上溝店」「上溝屋 本店」にすると思います。
 未確認ですが、直営ではなく独立店、FC展開店なのかも知れません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

上溝本町交差点の桜
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 168mm / FV (F16 1/250 0EV ISO4000) / Auto
上溝本町交差点の桜

 信号待ちで停まると、目の前に桜。
 助手席に置いたあったカメラを手にし、窓を開けて撮影。 そこはかとなく圧縮効果


厚相バイパスと太井上依知線が交わる辺り
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 62mm / FV (F9 1/80 0EV ISO160) / Auto
厚相バイパスと太井上依知線が交わる辺り

 厚相バイパスを走っていると、右手(東側)に桜の木が見えてきます。
 車をぐるっと大回りして向かわせて。
 ここの桜は初めてかな。


坂本青少年広場の桜並木
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 58mm / FV (F9 1/125 0EV ISO400) / Auto
坂本青少年広場の桜並木

 冬のウチに桜の木を探しておいた場所。
 結構咲いていますな。


桜吹雪
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 162mm / FV (F9 1/1000 0EV ISO6400) / Auto
桜吹雪

 雨と風が吹き荒れて、桜吹雪。
 花びらを流すか停めるか逡巡し、1/1000で切って、後は何とかする。


千頭橋から七沢を眺める
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 118mm / FV (F16 1/500 0EV ISO1000) / Auto
千頭橋から七沢を眺める

 玉川沿いには多くの桜が咲いていますが、こちらの桜は初めて。


反対側の丘から眺める桜
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 58mm / FV (F10 1/320 0EV ISO800) / Auto
反対側の丘から眺める桜
"
 ワークマンプラス厚木愛名店の反対側、グランレーヴ厚木の桜。
 山の中腹の桜が見え、反対側を見ると小高い丘がある。
 勘で坂道を上っていき、桜が見える場所を探す。
 電線、思いっ切り消しました。


小野神社の桜
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 100mm / FV (F8 1/160 0EV ISO800) / Auto
小野神社の桜

 民家の庭に咲く桜はいくら何でも撮るわけには行かないけど、
 神社の桜ならいいだろう。


小野橋から七沢を眺める
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 38mm / FV (F16 1/160 0EV ISO1250) / Auto
小野橋から七沢を眺める

 毎年、楽しませてもらっている桜。
 雨が上がってきて、山々にもやが掛かってきました。


相模原大磯線を走っていて
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 70mm / FV (F10 1/80 0EV ISO1250) / Auto
相模原大磯線を走っていて

 ふと、見掛けた桜を、車を路肩に停めてパチリ。
 グーグルマップで場所が分かる時代。


セブンイレブン 厚木岡津古久店からの景色
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F9 1/320 0EV ISO1000) / Auto
セブンイレブン 厚木岡津古久店からの景色

 セブンイレブンに前を走る通る反対側。
 自然に散ると、こんなに綺麗に均等に散りますか。
posted by ふらわ at 21:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
> すんごく美味しいわけでは無いけど、美味しいラーメン、美味しいラーメンと追うのに疲れたおいでよ、的な。

「追うのに疲れたおいでよ」とは?
Posted by tomoco at 2024年04月10日 21:23
tomocoさん

 直しておきました。
Posted by ふらわ at 2024年04月12日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190850086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック