2024年06月08日

横須賀と紫陽花

/干潮の不如帰の碑/麺処 会心の一撃!!@京急津久井浜(横須賀市津久井)にて魚介豚骨、ごはん(小)/スカ醬本舗(スカジャンホンポ)@(横須賀市森崎1-1-9)にてつけ麺オリジナル/

クリックすると拡大します

 お休みの日が晴れていると、それだけで嬉しい。
 一週間ぶりの休みなので、あちこちに出掛けたり、自宅でパソコン作業したり、やりたいこと山積み。
 最低限のパソコン作業を済ませ、いざ、三浦半島へ。

不如帰の碑
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 55mm / FV (F8 1/160 0EV ISO100) / Auto
不如帰の碑

 海岸沿いの国道を走り、鎌倉を過ぎて逗子に入って下り坂を左へ曲がると右に見えてくる、
 初めて見ました、干潮の不如帰の碑。

三浦庚申塔あたり
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F16 1/80 0EV ISO100) / Auto
三浦庚申塔あたり

 久し振りの三浦市、同じ神奈川県でも自宅から最も遠い市。
 自分の中で三浦市の中で一番の高台にあると思っている畑、庚申塔(こうしんとう)の近く。
 思わずバイク(原チャリ)を停めて、青空を撮ってしまったよ。

クリックすると拡大します

 ラーメン屋に着いたのは、自宅を出て3時間後、遠い。
 お店には駐車場がないので、駅の駐輪場に停めます。

クリックすると拡大します

 1時間無料なので、ラーメン一杯食べるだけなら間に合うな。
 その後、13時間って何を基準に決めたのかな。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、麺処 会心の一撃!!@京急津久井浜(横須賀市津久井)公式インスタグラム)へ。
 麺屋庄太津久井浜店(2012/3/17-2023/10/22)の跡地に、2023/10/28オープン、というかリニューアル。
 京急津久井浜駅から歩いて1分の立地、麺屋庄太時代の2015/2に伺っています。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-21:00、日曜は11:00-17:00、水曜定休。
 店舗専用の駐車場は用意されていないため、駅前のコインパーキングを利用されたしとのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入ると左手に券売機。
 豚骨らーめん950円、魚介豚骨1,050円、白醤油900円、タンタン麺1,000円、
 魚介つけめん1,200円、旨辛つけめん1,200円、カレーつけめん1,100円、まぜそば950円
 ご飯ものは賄い肉ごはん350円、こだわりカレー350円、きまぐれごはん350円。
 飲物はビール650円。

クリックすると拡大します

 席はカウンター6席、4人掛けテーブルが2卓、14席。
 先客3人を眺めつつ、斜め正面から光線の入る一番奥のカウンターへ座ります。
 店主さんのワンオペ、なんだけど、ホールに出てきてお冷やを用意してくださる好接客。
 たまたま空いている時間帯だけかも知れないけど、そうであっても、嬉しいものは嬉しい。

クリックすると拡大します

 卓上には煮干し酢、ミックスペッパー、七味、白胡麻、辛子、豆板醤。
 情けないことに、この時点までこの店は家系ラーメンの店だと思っていて、
 家系ラーメンならライスだろと思っていたし、家系ラーメンで和え玉はおかしいだろう、と思っていたし。
 「なんでニンニクが無いんだ?」と訝しがっていた私、、、もうラーメンは中退だな。

クリックすると拡大します

 程なくして、魚介豚骨1,050円、ごはん(小)100円
 黒の高台丼に綺麗に盛り付けられた一杯、丼まで熱々なので気を付けて持ちます。
 ド豚骨スープに、大畑鮮魚から仕入れた魚から造った魚介出汁を合わせ、香り豊かで心好い味わい。
 この時点で「あっ、家系ラーメンじゃないんだ」と気が付く私。

クリックすると拡大します

 かつては自家製麺でしたが、現在は増田製麺の太麺、やや柔らかめ仕上げでとても美味しい。
 スープとの相性は抜群、麺を持ち上げる度に湯気が立ち上るのもいいですね。

クリックすると拡大します

 豚肩ロースチャーシューは大ぶりのが1枚、柔らか仕上げで崩れ落ちる寸前。
 トッピングメニューには「ぶあつい肉」「やわらか肉」が用意されているので、試してみれば良かったなぁ。
 他のトッピングは焼海苔1枚、長いメンマ、九条ネギ、刻みタマネギ、ちょこんと柚子かけ。

クリックすると拡大します

 ご飯を家系海苔巻きで巻くわけにはいきません、、、巻いてもいいけど。
 それではとスープにダイブさせます。

クリックすると拡大します

 殆どのラーメンスープは塩味が強めで、濃いめの味付けですから、ご飯と合わないわけがない。
 デブまっしぐらであっても美味しいものは美味しいし、美味しさには決して抗えません。

クリックすると拡大します

 いやぁ、美味しかった。
 後客の邪魔にならないように席を立つタイミングを計っていると、店主さんから話し掛けられてびっくり。
 そんなこと訊かれてもにゃー
 スルッと食べてご馳走様でした。

津久井浜から望む東京湾
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 24mm / FV (F16 1/400 0EV ISO320) / Auto
津久井浜から望む東京湾

 三浦半島から東京湾を望むと、海の向こうに房総半島が見えます。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、スカ醬本舗(スカジャンホンポ)@北久里浜(横須賀市森崎1-1-9)へ。
 イツワ製麺所食堂が改装され、一酵や@西横浜(-2023/12/31)を移転する形で、2024/4/27オープン。
 立地は北久里浜駅からなら徒歩11分ほど、平作川沿い。
 お店の生い立ちは、こちらのブログで丁寧にまとめられています。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:30-14:00 17:30-20:30、月火水がお休み。
 営業終了時間ってお店ごとに異なり、「14時まで」の場合は15分前にライスオーダーとなる店舗も多いです。
 こちらは14時までに入店されれば大丈夫みたいです。

クリックすると拡大します

 店内に入ると広めの待合席が用意されています。
 満席の場合は名前を書いて待つシステムのようですが、私が伺った時は待ち無し。
 店のメニューを見て食べるラーメンを決める場合が多い私、先ずはメニューを凝視します。

クリックすると拡大します

 ラーメンは塩ら〜めん900円、醤油ら〜めん900円、岩中豚骨ら〜めん900円、スカ醤カレーら〜めん950円。
 つけ麺オリジナル900円、塩つけ麺900円。
 ご飯ものはミニ豚バラ丼600円、自家製岩中ハム600円。
 飲物は銀河高原ビール(缶)450円、角ハイボール500円、日本酒玉乃光600円。

クリックすると拡大します

 店内に入り受付に進むと、受付のテーブルにもメニューが用意されています。
 ま、フードコートやフードコーナーと同じですね。
 先払いすると呼び出しベルを渡され、空いている席で待つスタイル。
 受付の隣には、つけ麺のスープ割りとホワイトペーパーパウダーと白胡椒が用意されています。

クリックすると拡大します

 厨房には樋田店主と奥さんと思われる女性店員さん、2人。
 お冷やを汲んで空いているテーブルへ座ります。
 店内はカウンター2席、テーブルは2人掛けが3卓、4人掛けが3卓、計20席。
 前客3人、後客4人、店舗の立地や分かりにくさはお店の営業とどのくらい関係するのだろうか。

クリックすると拡大します

 少し待って、つけ麺オリジナル900円
 僅かに暖かみを感じる木製トレーにつけめんと箸袋入りのエコ箸、奥には濡れ布巾が乗せられています。
 つけめんの麺量が多く見えますが、ネット情報では300gですので、多いけれど多めと言うことはなさそう。

クリックすると拡大します

 なにはなくともベジタブルファースト。
 ベジタブルはモヤシとキクラゲ、モヤシはヒゲ付き。
 このまま食べても美味しいし、麺と一緒に食べても美味しい。

クリックすると拡大します

 自家製の細麺をつけ汁に浸けて頂きます、うんまい。
 甘さを主体とした旨味ではなく、酸味とスパイスをバランス良く合わせた旨味。
 年老いて全く衰えず、むしろ磨きが掛かっているとさえ思える味わい、自宅から近ければなぁ。

クリックすると拡大します

 大きめのカットされた豚肩ロースチャーシュー。
 そのまま食べても美味しいとは思いましたが、こうしてつけ汁に浸けて食べても美味しい。

クリックすると拡大します

 あっという間に麺を食べてしまい、つけ汁の容器を持って受付に向かいます。
 つけ汁に割り入れる割スープの量を調整するため、割スープをレンゲに少し乗せて味と温度を確認します。
 温度はやや熱め、味わいは鰹出汁、美味しいからたっぷり入れるか。

クリックすると拡大します

 席に戻ってきて、軽く混ぜてからスープ割りを楽しみます。
 ウンマイ。

クリックすると拡大します

 食べ終わった時点で14時を過ぎていたみたいで、何人かのお客さんが入店を断られていた様です。
 ふう、間に合って良かったよ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

紫陽花 子供連れ
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 240mm / FV (F6.3 1/200 0EV ISO400) / Auto
紫陽花 子供連れ

 沢山の紫陽花が咲いている中を切り取るのは楽しい。

紫陽花 離れて咲き誇る
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 70mm / FV (F5.6 1/200 0EV ISO400) / Auto
紫陽花 離れて咲き誇る

 少し斜めで、少し葉っぱが切れていて、残念。

紫陽花 今期の壁紙
CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 218mm / FV (F6.3 1/100 0EV ISO800) / Auto
紫陽花 今期の壁紙

 これからまだまだ紫陽花は撮るけど、
 パソコンの壁紙を、桜からこの紫陽花に変えました。

クリックすると拡大します

 帰宅してみると、アマゾンに注文していいたエアーダスターアマゾンのサイト)が届いていました。
 クリックされても私に一円も入らないのをなんとかしたい。
 エアーダスターをググるとどれを買ったらいいのか分からないほど、多くの種類が販売されています。
 120000RPMと言われても分からないので、1台目はお試し的な購入ですね。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/190931901
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック