2011年11月05日

磯子で3軒

/壱六家(いちろくや)@磯子にてラーメン並/だて屋@新杉田にてつけそば/家系ラーメン磯子家@磯子にてラーメン/

 早起きできたので愛犬を連れて散歩に出掛けました。
 特に用事がない土曜日は散歩をしながら今日の予定を考えます。
 以前伺った時に財布を忘れて訪問できなかったお店に行っておこうと思います。

 横浜から京浜東北根岸線磯子駅から歩いて5分の壱六家(いちろくや)@磯子(横浜市磯子区)ホームページ)にやっと訪問できました。
 家系(いえけい)のラーメンは吉村家を祖として修行関係にあるお店とそのお店での修行経験が全くないお店の2種類に大きく分けられて壱六家は修行経験の無いお店の筆頭です。
 その支店やFC店には数え切れないほど訪問しているのに本店への訪問が今頃になるなんてとてもラーメン食べ歩きをしているとは言えません。

 11時開店ジャストに到着するとちょうどシャッターを上げるところで一番客です。
 シャッターを上げた直後に店先を写すと暖簾が写らないことが多いので帰り際に撮り直すことが多いのですがこの店は暖簾が無いから撮り直す必要がありません。
 家系のラーメン屋さんが暖簾を掲げていないお店が多いのはラーメンショップに暖簾が無いのと関係しているのかも知れません。
 店内は奥に長いカウンター席のみで手前が3席で奥に10席と満席時には店外に並ぶようになりそうです。

 土曜日の開店直後でしたが食べている時に常連さんがいらっしゃって店員さんから「並の(味を)濃いめ、(脂を)少なめですよね」とか「特製の麺少なめ、油少なめですよね」と声を掛けていました。
 口頭オーダーの前金制で券売機はありません。
 メニューは(つけ麺やあぶらそばはなく)ラーメンだけで醤油味、塩味、100円増しで味噌味も用意されていました。
 大きな寸胴からスープを雪平鍋ですくって網越しにドンブリに注ぎ入れる調理方法にうっとりと見とれてしまいます。

 程なくしてラーメン並600円、厳密な意味では違うけど一番だしのスープを味わえます。
 目で見て分かるほど油が浮いたスープをすくって飲んでみると豚骨の甘さが昇華した極上スープに再びうっとりしてしまいます。
 美味しいですよね、あれこれいじくらずに豚骨をこんこんと煮出した家系のスープは本当に美味しい。
 スープの味わいを邪魔せずにホンのわずかに足りない味を補っている醤油ダレもいい感じです。
 長多屋製麺の太麺は家系とは思えないほどの太さですがこれがまた旨いです。

 チャーシューは大ぶりで脂身が多かったですが味に問題ありません。
 茹でた冷凍ほうれん草に三枚の板海苔に壱六家の象徴であるうずら玉子が一つ乗せてありました。
 麺を二口ほど残して卓上に用意された辛子ニンニクを入れて味替えを楽しみました。
 ご馳走様でした。
 この地に来たら塩味も食べてみたいです。

 3軒目の予定のお店に行くとまだ開店時間前で営業しておらず店先で十数分待つことも考えましたが3軒目に予定しているお店は開店しているはずなので先に行くことにしました。

 店先の通りをそのまま南下していくとだて屋@新杉田(横浜市磯子区)が通り右側に見えてきます。
 この辺りには他に訪問してみたいラーメン屋さんがありますがラーメンの繁盛店2011年版の掲載店巡りを優先させます。
 先の店の最寄り駅は磯子駅ですがこちらは新杉田駅が最寄り駅で、この店に来るのに電車で一駅乗らずに歩いてきたのは歩いた方が早いからです。
 駅まで歩いて電車を待って電車に乗って駅からお店まで歩く時間を考えるとまっすぐにお店を目指した方が遥かに早いですし都会の一駅は充分に歩ける距離です。

 これが地方ですと「次の電車が来ないから」という理由で歩くことになります。
 店先をざっと見るとランチセットがウリのようですが連食中にセットメニューを食べる人はいないでしょう。
 店内中央の通路を入ると正面の厨房に面したカウンターが8席で両側に2人席が3卓ずつの構成です。
 メニューを見るとラーメンは塩味、醤油味、100円増しの味噌味、つけ麺にご飯物といったシンプルなメニューでラーメン3杯は辛いのでつけ麺にしました。
 この時間から先客数人とこの家系激戦区でお店を営業されているだけはあります。

 なぜか分かりませんが10分ほど待ってつけそば700円、醤油味と塩味が用意されていますが好みを伝えなければ醤油味になるようです。
 まず驚いたのは角盆の上につけ汁と割りスープだけを乗せて麺皿は別の手で持ってきたことです。
 普通は一つのお盆に乗せるでしょうと思いつつひょっとして後からつけ麺をメニューを追加したからお盆が小さくて乗らないのかと思って手元で乗せてみましたが乗るじゃないですか。

 もう一つ驚いたのは細麺だと言うこと。
 お店の隣に製麺室が用意されていることからも分かるように自家製麺なのにラーメンとつけ麺でなぜ麺を変えないのでしょうか。
 変える必要は無いということかも知れないなと二本ほど摘んで食べてみるとふにゃっとした食感でつけ麺には厳しい感じです。
 つけ汁は豚骨スープと魚粉なつけ汁には端材のようなチャーシューとメンマが沢山入っています。
 水菜と白ネギも沢山浮かべてありましたが程々の豚骨スープと程々の魚介ダシの味わいなのでそこまでさっぱりさせる必要はなさそうです。

 麺を食べ終わってのスープ割りはつけ麺と一緒に出された徳利から注ぎ入れるのですがすっかり冷めてしまっています。
 つけ麺を渡された時に「つけ汁が濃かったら薄めて下さい」と声を掛けられたのでひょっとしたら割りスープは別に用意されているのかも知れません。
 ご馳走様でした。
 食べ終わって改めてセットメニューがウリなのが分かりました。

 来た道をそのまま戻って家系ラーメン磯子家@磯子(横浜市磯子区)に到着しました。
 しかし徒歩数分に壱六家があり隣の駅には杉田家があるこの立地であっても家系のラーメン屋さんが営業していける横浜という地に驚くばかりです。
 家「系」というくらいなのでどこかで修行されたか独学なのかを調べてみましたがよく分かりませんでした。
 大きなお店の看板の下の右半分はラーメン屋さんですが左半分は理髪店という変わった構造でお店に入ると奥にまっすぐのカウンター8席の奥に厨房があります。

 この店も後会計かなと席に座ろうとすると「食券をお願いします」と声を掛けられるので鞄だけ椅子に置いて奥に進むと左手に曲がった場所に券売機がありました。
 店内奥に券売機があると分かりにくいですけど二代目梅家@厚木でも同じように店内奥にありますし。
 メニューはラーメンとつけ麺のみですが細麺の用意もあると貼り紙がありました。
 それにしても店内は暑くて既に暖房が入っているようですが外から入ってきたお客さんはそんなに寒くないしラーメンを食べたら身体が温まりますよね。

 食券を買って店員さんに渡すと「お好みはありますか」と聞かれましたので「普通で」とお願いしました。
 さて空いている席はどこかなと入口の方を振り向くと「5番が空いているのでどうぞ」と言われました。
 席を番号で案内されたのは初めてです。
 横浜のラーメン屋さんにはあまり行ったことがないのですがこの地では珍しくないのかも知れません。
 卓上のカスターセットを確認してみるとおろしニンニクと紅生姜が用意されていました。

 なぜか分かりませんが10分ほど待ってラーメン600円、半熟玉子がデフォで乗せられてくる家系ラーメンも珍しいですね。
 醤油ダレがキリッと効いた豚骨スープは油が少なくてコクをあまり感じられませんでしたがこの地で既に10年近く営業されているのことから横浜の人の懐の深さを感じます。
 大橋製麺の平打ち麺は食べにくいほどの固め仕上げで何かを間違えたかのようです。

 チャーシュー、冷凍ほうれん草、板海苔、そして家系ラーメンでは珍しい半身の半熟玉子が乗せられています。
 ご馳走様でした。
 食べ終わった辺りにはお客さんが来ませんでしたのでマンガを一冊読んでしまいました。

 帰りも磯子駅から乗りました。
 まだまだラーメンの繁盛店2011年に掲載されている未食店は30店舗ほどありますが、その全てを訪問してしまったらそのあとはどうしようか計画がありません。
 無計画な食べ歩きで情けない。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは。
ご無沙汰しております。

磯子家なんですけど、2回行きました。
1度目はまあ普通でした。
しかし、数年前2度目に訪問した時に麺固めで麺が生煮えでまさかの(前にも後にもない)作り直しをお願いしました汗
そうしたら、二度目もほとんど変わらずで半分くらい食べて逃げ帰りました・・・。
前払いでよかったです。
それから二度と・・・です。

家人の話ですと、豚骨臭がひどくてマンションの住人の方々が困っておられるそうで。

レポ楽しみに拝見しています。
それではまた☆
Posted by RYURYURYU星人 at 2011年11月06日 23:25
ご無沙汰しております。

麺の生茹でがあったのですか、それはそれは。
沢山のお店を食べ歩きされていると色々なことがありますね。

確かに豚骨臭は店外にまで漂っていました。
近隣の方がどう感じているかまでは分かりませんでしたが、採算ベースでの営業は出来ているようでした。
Posted by 管理人 at 2011年11月06日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49939905
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

横浜家系らーめん 壱六家 磯子本店 @磯子
Excerpt: お越し頂きありがとうございます♪ 2014年11月、出張先は磯子に出没v^^v  今回は出張ではなく地域活動のお手伝いで強制連行・・・  お手伝いの前に腹ごしらえをしようとお昼には少々早いが..
Weblog: 出張先
Tracked: 2014-12-24 13:18