2011年12月04日

紅葉狩り

/らーめん麺太郎@平塚市にて魚介みそ豚骨/紅葉狩り/らーめん円熟屋板戸店@伊勢原市にて肉ブラック/

 昨日の雨が嘘のように晴れ上がって、愛犬の散歩に行きました。
 あちこちで紅葉が始まっていて、天気もいいので今日は紅葉狩りに行くかと。

 お昼にらーめん麺太郎@平塚市へ行きました。
 (市は違いますが)自宅近郊に出来た家系のラーメン屋さんということで、開店した頃はもの凄く嬉しかったけど、結局あんまり行かないという飽きっぽさ。
 久しぶりに来てみたら駐車場が整備されていて、店先に5台分、裏に2台分も用意されています。
 店内に入ってみると店主さんの姿が見えず、バイトさんが厨房から「いらっしゃい」と声を掛けてきました。
 あれれ、と思いつつも奥に長いカウンターの中央辺りに座り、目の前のカウンター台に貼られたメニューを見ると大幅にリニューアルされています。

 って、あちこちに貼り出してあった限定メニューをとりまとめだけのようです(自信なし)。
 家系メニューはラーメンとチャーシュー麺、説明はないけど明らかに豚骨醤油スープでしょう。
 麺太郎オリジナル麺ニューとして魚介醤油豚骨、みそ豚骨、魚介みそ豚骨、辛みそ豚骨、極細しょうゆ豚骨、極細みそ豚骨、値段は600円から700円の間でとても良心的ですね。
 卓上に置かれたおろしニンニク、おろし生姜、豆板醤の容器も変えたようですが、蓋が閉まらないのは同じです。

 麺が茹で上がる頃になると奥から店主さんが出てきて、ちゃっちゃと湯切り、盛り付け、していただきました。
 食べたのは魚介みそ豚骨650円、ぱさっと上から海苔を乗せられると見栄えが良くないですね。
 かといって海苔をどかして撮影し直すのもどうかと思ったので、ぱぱっと写真を撮ってすぐに食べました。
 先ずスープ、しっかりとした旨味が感じられる豚骨スープに味噌ダレを合わせ、魚粉を散らした感じでまとまりある味にはもう一歩だと感じました。
 でもまあ、こうやってお客さんの提供しながら味を仕上げていくのは悪いことじゃないです。

 やや細く感じた麺はちょうどいい感じで茹で上げてあってスープとの絡みはバッチリ、スルスルと食べられます。
 チャーシューは小さくなっていた感じがしましたがたまたまでしょう、ほうれん草に板海苔三枚は従来通りでした。
 ご馳走様でした、また食べにこよっと。

 その後、陽が高いウチに紅葉狩り
 いつも撮影に行く山の頂上には植林したモミジがあってそれはそれは綺麗なのですが、個人的には森の中で自生している方が好きです。

 自然相手の写真は太陽の光線がどこからどこに抜けていくのかがとても大切です。
 カメラの向ける方向、つまりアングルが全てだと思っていて、アングルは想像力ですね。
 この方向から撮ればこんな風に撮れるはず、とあれこれ想像しながら下から撮ったり上から俯瞰したり、引いたり寄ったり、あれこれと動き回ります。

 長い間に撮影していると陽が段々と傾いていくのが分かるほど、傾きが変わると光線も変わるし、影も変わります。
 それがまた面白いし、想像力の働かせどころ、ですね。

 夜はらーめん円熟屋板戸店@伊勢原市に行きました。
 一般的に支店展開する支店名は市名としますが(この店の場合は伊勢原店)、円熟屋はなぜか町名なので支店名を聞いただけではパッと場所が思い浮かびません。

 神奈川にはこの店の前に遠藤店と中島店がオープンしていますが、それぞれが藤沢市、茅ヶ崎市、とは中々想像出来ません。
 もう少し厚木寄りのお店に行こうとクルマを走らせていましたが、あまりも国道が混雑していたので諦めてしまいました。
 麺食堂杜屋が一年間営業して閉店したかと思ったら円熟屋としてオープン、場所がいいだけに以前の店もその前の店も営業不振で閉店したとはとても思えないのですが。
 この日もお客さんは半分ほど入っていましたし。
 ガラス戸越しに券売機が見えたので、その券売機の前の戸を開けようとしたら開かない。

 二枚ほど左側の戸を開けるように変更されていて、店内に入って数歩右に歩いて券売機に向かわなければなりません。
 本店にも行きましたが、どの店舗でも共通している分かりにくいメニュー構成と券売機のボタン、当たり前のように踏襲されています。
 この分かりにくいメニューが円熟屋の特徴といってしまえば特徴ですし、こんな分かりにくいんだったらお客さんは困るだろうと言っても山梨県に4店舗、神奈川県に3店舗も展開しているほど流行っているし。
 麺の量は細麺が130g、中太麺が170g、極太麺が240gと案内されています。
 大盛りでなければどれでもいいかと、ちょっと目を引いたメニューを買って空いていたカウンター席に座りました。
 くの字カウンターは5席と5席、小上がりは4人掛けと以前の店舗からその構成は変わっていませんが、カウンター席は脚の高い丸椅子ではなく、床を一段上げてクッションの効いた椅子に変更されていました。
 一杯ずつ丁寧な調理は本店譲り、ドンブリは茹で湯の湯煙で温めているし、トッピングするチャーシューは盛り付ける直前に茹で湯で温めています。

 肉ブラック590円、麺が茹で上がるタイミングで無料トッピングを聞かれたのでニンニク、ヤサイでお願いしました。
 他に味の濃いめと脂が追加できるみたいで、メニューによって追加できるトッピングは券売機のボタンと食券に書かれています。
 G系が流行りだした頃はこの程度の盛り付けでも話題になりましたが、今時ではどうなんでしょう。
 そもそもモヤシなんていくら食べてもアゴが疲れるだけでお腹一杯になんてならないと思うけど。

 シャキシャキしたモヤシとホンのわずかなキャベツには辛めと称した醤油ダレが掛けられているのでそのままでも食べられなくないけど、スープに浸して食べるとまずまず。
 そもそもスープの豚骨ダシがかなりマイルドで、もはやあっさりのエリアに感じます。
 料理名のブラックはマー油にしては甘さが足りず、焦がし醤油にしては辛味が足りず、一体なんなのか分かりませんでした。
 麺は中太麺なので食べやすいけどスープとイマイチ合わず、好みの違いと言ってしまえばそれまでだけど。

 ニンニクもトッピングされていましたが、あまり辛味を感じることはありませんでした。
 「肉」と言うにはその思いが伝わってこないチャーシュー、味はいいのですがボリュームは若者向けではありません。
 ご馳走様でした。
 男性店員さんが2人働いていましたが、どちらも見たことのある顔、どこの店だったっけな。

 以下、フォト蔵にアップした紅葉の写真へのリンクを貼っておきます。
 気になった写真があったらクリックしてみて下さい。

裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
裏山の紅葉
posted by ふらわ at 23:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
いただきま〜すm(__)m
Posted by MA◇ at 2011年12月05日 01:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51377782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック