2012年08月01日

水道橋にて

/つけ麺久兵衛(きゅうべえ)@水道橋にてつけ麺大盛(400g)/蒙古タンメン中本渋谷@渋谷にてジャージャー麺/

 お昼はつけ麺久兵衛(きゅうべえ)@水道橋にてつけ麺大盛(400g)750円
 麺喰屋澤水道橋店が人手不足で多摩に移転してしまいましたが、移転先は未だに訪問できず。
 店先に掲げられた大きな看板には「究極の美味」のコピーと共につけ麺の写真が掲げられていますが、なんとも素人写真。
 なんでもかんでもプロがきっちり撮影すればいいというわけではないでしょうけど。
 入るとすぐ右手に券売機、メニューはつけ麺、辛つけ麺、味噌つけ麺、辛味噌つけ麺、ゴマつけ麺、辛ゴマ味噌つけ麺の6種類。

 麺量は普通200g、中盛300g、大盛400gまでは同額で、特盛500gは100円増し。 サイドメニューにはライス、豚めし、ビールは生と瓶が用意されていました。
 最近は大抵のお店に用意されるようになった紙エプロン、この店にも用意されていて、店員さんがお客さんに使うかどうかを確認されていました。
 店内は居抜きそのままでカウンターのみ9席と2席は変わらず、厨房には店員さんが3人いらっしゃいましたが、なぜか奥に集まっていてテーブルウォッチングどころではなさそうです。

 9分ほどで先につけ汁、続けて麺皿。
 『豚骨、鶏ガラ、魚介、野菜を贅沢に使い仕上げた極上のスープ 甘、辛、酸の絶妙なハーモニーをご堪能ください』とコピーにあるように麺よりつけ汁に力を入れているようです。
 3:2:1くらいの割合で甘みが強いつけ汁で、甘さが好きな人には堪らない味付けです。
 白みを帯びた中太麺は水を切りすぎてしまっていますが、まあまあ食べられます。
 つけ汁にはチャーシュー、メンマ、細切りネギが沈められていて、麺を浸ける毎に一緒に食べます。

 麺皿には小さな板海苔が一枚のラインナップで、値段の割には美味しいですね。
 カスターセットは魚粉と一味唐辛子、魚粉が入れてあった壺には「つけ麺専用」とテプラが張ってありましたが、メニューにはつけ麺しかないようですが。
 麺を食べ終わったのでスープ割りをお願いすると、器をいったん引き取って割りスープを入れてくれます。
 事務所から近いのでこれからもちょくちょく行くかも知れません。

 夜は蒙古タンメン中本渋谷@渋谷(渋谷区道玄坂)、今週中には中本スタンプラリーも終わってしまいそう。
 月に一度しか来ないけど、ここ何回かは店先をぐるっと回るほど外待ちしていて、なんていうかもの凄い人気です。

 並び始めて15分ほどでカウンター席に案内され、先月末で倉井副店長が抜けてしまったなぁと昔を思い出していると、今度は目黒、蒲田と修業されてきた菅野さんが厨房にいらっしゃいました。
 おお、飲まなくてもいいビール500円を頼んでしまったよ。
 付き出しはいつもの冷やし茹でモヤシ、黒胡椒がさっと振られています。

 ビールを半分ほど飲んだところでジャージャー麺700円、今日の調理担当は大滝(?)さん。
 この料理専用の太麺に賽の目切りのタケノコ、挽き肉をたっぷり入れた餡を掛けてあり、上からどさっと細切り胡瓜を乗せてあります。
 よくかき混ぜて食べるか、かき混ぜずに綺麗に食べるか、悩みつつも程々にかき混ぜて食べてしまいます。

 辛さは全くありませんが普通のラーメン屋さんのように美味しい、しかもこの値段は嬉しいです。
 細切り胡瓜は邪魔に思えて実はいいアクセントになって美味しいです。
 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
うどん屋さんみたいな名前なんですね〜こちら。

こちらのつけダレは甘さを感じたんですね!

”麺座でん”のあの甘さより甘いとは・・・。

Posted by at 2012年08月05日 22:27
桜さん

 元々、つけ麺には砂糖を入れているので、本当のつけ麺は甘くて酸っぱいんです。
 次代と共に味や提供方式が変わって来ましたけどね。
Posted by ふらわ at 2012年08月07日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57443913
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック