2013年02月26日

ビストロでラーメン

/蒙古タンメン中本渋谷にて五目味噌タンメンの野菜大盛り、北極玉子/焼き立てチーズタルト専門店PABLO渋谷店/ビストロケイスケ@銀座にて和牛のローストビーフとコンソメスープ、トリュフの香り/

 お休みの日の朝は愛犬の散歩から。
 今日は近場をぐるっと回っただけけど、少しは満足出来ただろうか。

 開店時間に合わせて家を出ると不足の事態に対応できないため、少し早めに出ると不測の事態がなかった場合の対応に困る。
 不測の事態がなくて一時間近く早く渋谷についてしまったので、飲食店が開店する前に開店しているヤマダ電機へ。

 スマフォ用のバッテリィーを物色して時間をつぶしから蒙古タンメン中本渋谷、平日の開店直後で既にほぼ満席。
 地下二階の突き当たりにお店があるので、ふらっと通りがかったり、他のお店のついでに見つけたりがあり得ない立地。
 つまり、お客さんの全員がこの店を目指して来店されているのではないでしょうか。
 夜に来店することが多いので(シフトの関係から)昼間の店員さんとは顔馴染みではなく、若い店員さんから「当店はかなり辛いですけど大丈夫ですか?」と聞かれ、辛いの大丈夫かなぁと心配になったりします。

 ということで食べるメニューを決めて券売機で食券を買い、店員さんに渡しながら、カウンターの空いている席に座ります。
 荷物を椅子の下にしまい、コートを脱いで席に着くころには何人かの顔馴染みの店員さんが挨拶にいらっしゃいまして、恐縮することしきり。
 先の若い店員さんは「えっ?」とバツが悪そう、いえいえ、単なる通りすがりですから気になさらずに。

 程なくして五目味噌タンメン950円の野菜大盛り60円、北極玉子110円をつけてみました。
 中本では他の中華料理屋さんのタンメンではあまり使われない部位の野菜も使いますが、それがまた中本らしく、それがまた美味しく、芯まで火が通っているととても美味しいのです。
 季節を通じて殆ど同じ野菜が使われますが冬の期間だけ白菜が使われ、この白菜が中本特製の辛し味噌で炒められるとホントおいしいです。

 全部野菜炒めだけでも構わないのですが、そこはタンメン、サッポロ製麺の中太麺、野菜の甘みが染み出たスープをよく吸って美味しいですね。
 これだけの量を食べるのは時間がかかり、食べ終わるころには店外待ちのお客さんも溢れていました。
 ご馳走様でした、また食べに来ます。

 レセプションまで時間があるので、近くのカフェで一息入れて。
 ちょうどランチタイムでしたので店員さんに「コーヒーだけでも構いませんか」と確認してから入店、「コンセントがある席はどこですか」と確認してから着席しました。

 時間になったので焼き立てチーズタルト専門店PABLO渋谷店ホームページ)、カフェでのんびりしすぎて誘った友達を待たせてしまいました。
 3/1にグランドオープンする焼き立てチーズタルトのテイクアウト専門店、大阪での大好評を受けて東京へ初進出です。
 場所は渋谷のセンター街、ハチ公前交差点から少し歩くと右手に洋服の青山が見えてきますので、その先の角です。
 私はチーズタルト、いや、スイーツには明るくないので、他店と比べてどうとか、伝統や流行との関連とか、さっぱり分かりません。

 まあそれでも、このチーズタルトがワンホールで780円(一般的には1500円から2000円)なのがどれだけ戦略的な値付けなのかは分かります。
 「チーズタルトはアメリカが発祥なんですよ」など企業努力、営業努力もたくさん見聞きしましたが、拙い日本語で書くと正しく伝わらないので、あえてここでは書きません。
 味や食感の感想も同様、私のようなスイーツ素人が変に書くとおかしなことになりますから。

 ラーメン一杯分(にしてはちょっと高いので、ラーメンと半チャーハンセット)、ランチ一食分と思って買って、試してみて下さい。
 チーズの柔らかさは好みに応じてレアとミディアムが用意されていて、もっと硬いのが好みの人向けに「ウェルダン」に相当する濃厚プレミアムチーズタルトもあるのですが、数量限定とのことです。
 この日はレセプションということで、焼き立てのチーズタルトをシャンパンと共にいただいたのですが、通常営業ではテイクアウト専門となります。
 なんとかイートインのスペースを作って、この焼き立てを食べてもらいと思ったのは、私だけではないでしょう。

 銀座という街は私とかなり不釣り合いなので年に数回しか訪れ無いのですが、その中の一回が今夜ですね。
 都内にラーメン店を10店舗近く、シンガポールに数店舗を展開するラーメンけいすけ(ホームページ)が新しく出店したビストロケイスケ@銀座
 ビストロですがラーメンとパスタを提供していて、ランチだけではなくディナーでも食べられるとのこと、せっかくですから夜にアラカルトをいただいた後で味わいたいものです。

 何とか都合の付く友達を誘っての来店、地下のお店で大きな宣伝とかしていないと思われますが、2人掛けテーブルが2卓、2人掛けが4卓、カウンター5席のゆったりした店内のカウンター以外は既に予約で満席。
 そんな中でふらりと立ち寄ってワイン1杯にアラカルトで2品くらいをさっと食べて立ち去る紳士が1人、2人、格好いいなぁ。
 ビスロトなのであまり気取らなくてもいいのですが、それでもビールで乾杯ではせっかくのデートが台無し、シャンパーニュ1500円で再会を祝します。

 この歳になってやっとシャンパーニュの違いが分かってきましたが、銘柄を覚えるまでにはあと10年は掛かりそうです。
 居酒屋ならお通し、ビストロなのでアミューズ500円(で合っているのか?)、ちゃんと料理の説明がありましたが覚えておらず、覚えているのは「茶碗蒸しのようなものです」とだけ。
 木製の小さなレンゲで頂くのですが、ダシが効いていてとても美味しい。

 オードブルにアボガド鮮魚のサラダ、静岡県天城の本わさび1500円。
 アボガドをメインに据えて、季節の野菜としてミニ大根とミニキャロット(ベビーキャロット?)を添えて、魚の切り身をあしらってあります。
 鮮魚や野菜の説明もしっかりとありましたが忘れましたので、お店で食べてご自身で確認されて下さい。

 冷たい料理が続いたので暖かい料理と言うことで、7種の野菜のコンフィ、モンゴル岩塩とディジョンマスタードで1500円。
 コンフィとは獣系の肉を煮込んで保存食にすることですが、そのままでは食べにくい根野菜をコンフィするとほくほくになってとても美味しく食べられます。
 そこを根野菜ではなく、2種類の白菜、カリフラワー、フルートトマト、じゃがいも、パブリカとそのままでも十分食べられる野菜をコンフィしてあります。
 そのままでも十分美味しくいただけますが、塩かマスタードを添えてさらに美味しく頂きます。

 シャンパーニュを飲み終わったので白ワイン。
 自分並みにお酒が強くてがぶがぶ飲む人の場合と、自分のようにそこそこ飲めて嗜む人ではセレクトが違うのですが、今夜は白ワインの’11シャブリ ルネ マニュエル3200円。
 値段と味は比例しないとは言え、ン万円もするワインは自腹ではとても飲めません。
 すっきりとした軽めのボディで後味も爽やか、今日の料理にピッタリで我ながらのセレクトにうっとり。

 メインはメバルのアクアパッツァ3800円、アクアパッツァとはイタリア語で「水で薄めたワイン」という意味だそうです。
 ていうか、この料理はイタリアンではないかと思うのですが、ビストロでだしたら悪いわけではないし。
 この料理だけ濃い紅色のプレートであることに意味があるのだろうけど、フレンチを年数回の私にはさっぱり分からず。
 メバルを水と白ワインで煮込み、オリーブと十三湖しじみをあしらってあります。

 メインを頂いたらデザート、のところをスープヌードル、つまりラーメン。
 2種類用意されている中で再訪を考えて和牛のローストビーフとコンソメスープ、トリュフの香り(ランチでは『和牛コンソメのスープヌードル トリュフの香り』)のフルサイズを「2人で頂きます」と伝えました。
 取り皿ではなくスープカップが用意されてから顔より大きいディッシュで提供、聞くところによるとこのディッシュは店主自身でろくろを回して焼いたとのこと。

 和牛をふんだんに使ったコンソメスープは程よい塩加減であくまでも食材の旨み重視、ラーメンのスープは熱々でないとなんていう人には不向きかも知れません。
 トッピングはローストビーフ、牛スジ煮込み、チコリのコンフィ、揚げネギと思いの外多め、このトッピングがフレンチのラストを締めくくるにはベストです。
 トリュフは削って合わせてあるわけではなくトリュフオイルとしての香り付け、当たり前ですが、あると無いとではまるで違います。

 麺は(らーめんケイスケだけに)全粒粉に襖入りのカネジン特注麺、パスタのようなつるんとした麺肌であるのに、スープをよく吸い上げます。
 割り箸でががっと食べるわけにはいかず、一口一口食べたのでラーメン感には乏しいですが、これはこれで立派なラーメンです。
 とても美味しかったです、ご馳走様でした。

 さて、アフタービストロへ。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
全粒粉の麩入り麺とは美味しそうですね。
やっぱり食感も違うものですか?
Posted by くまきち at 2013年03月01日 23:20
くまきちさん

 コメントありがとうございます。
 ワインの飲み過ぎで食感が分からなかったです。
Posted by ふらわ at 2013年03月02日 00:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63038429
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【番外編】話題になること間違いなし!大阪からやってきたトロッととろけるチーズタルト
Excerpt: 3月1日に渋谷にオープンしたテイクアウトのチーズタルト専門店に行ってきました。 こちらがそのお店の外観。 「PABLO(パブロ)」というお店です。
Weblog: 横浜ブログ
Tracked: 2013-03-15 22:42