2013年07月25日

幡ヶ谷にて

/お手製お弁当/どっかん@幡ヶ谷にて特背脂煮干らぁ麺(並)/

 朝、寝坊してしまって朝ごはんはおろか立ち食いそばも食べられず。
 遊びに行くときに寝坊したことは一度も無いけど、仕事だとどうしても起きられない。
 それでも始業には間に合ったから良かったものの、始業にも間に合わないと社会人としての存続を問われるな。

 お昼はお手製お弁当、昨日のウチに仕込み済みなのでご飯を詰めるだけ。
 おかずは夕飯の残りの野菜炒め、レンジでチンした焼き魚、こんな物でも一食だから助かります。

 早く仕事を上がって明日の支度をしたかったのに、ずるずると遅れていく仕事。
 こんな仕事を選んだのは紛れもなく自分なので誰にも文句言えないし、文句が言えたとしても変わる必要があるのは自分だし。
 まあ、あと十年足らずなのでのんびりやるか。

 今夜の京王線も1分と遅れずに出発、この「常に遅れることのない電車」がどれだか社会生活を支えてきたかとういう話だよ。

明大前、笹塚で乗り換えて幡ヶ谷、この辺りのお店には何度も足を運んでいますが、いつも代々木上原から歩いて来てしまうので、駅で降りたのは2回目くらい。
 地上に出て、笹塚方面へしばらく歩くとどっかん@幡ヶ谷、我無者羅の弐号店になります。
 新潟出身の店主さんのお店で、今夜は新潟ラーメンも楽しみですが働いてる店員さん目当てです。
 ざっと店構えを見渡してから店内に入ると、厨房にお目当ての店員さんが奥で洗い物をしていてほっと一安心、軽く会釈してから振り返って券売機に向かおうとすると「ふらわさん」って客席から声がします。

 振り返った身体を戻すと腰に悪いのでそのまま一回転して声がする方を見ると、なんと、かなり久しぶりな感じ。
 カウンター5席と3席、隣がちょうど空いていたのですかさず鞄を降ろして、もう一度券売に向かって食券を買って着席。
 気が付くとお気に入りの店員さんが一番近くに来て盛り付けされているじゃないですか、そしてしてサッポロ黒ラベル(中)500円、オヤジのつまみ300円。
 アルコール飲料を頼むと何か付き出しが付くことがあるので、つまみをいきなりは買わないことにしているのですが。

 食べてみると冷凍の枝豆ではなく、味も枝豆よりしっかりしているし、ここラーメン屋なのに変だなと思ったら、今日、新潟から運ばれてきた茶豆とのこと。
 このクオリティの茶豆をさっと軽く塩で茹でただけで出されたら、ビール一本というわけにはいかないだろう。
 ビールを飲みながら、茶豆をつまみながら、お喋りしていると驚くべき情報を入手、一つは某チェーン店、もう一つは日本橋の激辛メニュー、どちらも彼に会わなければ知らなかった話。

 彼はビールを飲み終わった辺りで退店、お客さんがちょうど谷間になったのでお気に入りの店員さんとお喋り。
 まだまだ茶豆が残っているので芋焼酎400円、飲んだ感じでは黒霧島でしたがどうでしょうか。
 このまま飲み続けたい気持ちに駆られつつ席を立って券売機に向かいます。
 改めてメニューを見ると、背脂煮干ラーメンとつけ麺の2種類だけ、大盛とかトッピング増量とかがあるのみ。
 食券を渡すと背脂の量を聞かれるので、0あぶ(なし)、1あぶ(標準)、2あぶ(多め)、鬼あぶ(もっと多め)の中から鬼で。

 程なくして特背脂煮干らぁ麺(並)900円、本家燕三条系にかなり酷似しています。
 白い雪のように背脂が掛けられていますが、一人前ずつ雪平鍋で温めているだけあってくどくなくて喉ごしも滑らか、トッピングされた茹でモヤシと頂くととても美味しいです。
 背脂というと真っ直ぐ身体に悪い印象があり、確かに身体に悪い背脂も多いけど、どっかんの背脂はかなりの良質、甘味さえ感じます。
 スープは濃厚な煮干し出汁でくっきりした煮干しの味わいが素晴らしく、中太麺との相性もぴったりです。

 本場の麺はもっとごわごわしているけど、それだとこの地に受け入れられないかも知れないし、考えどころです。
 トッピングは先の茹でモヤシ以外に両面を炙ったチャーシューが数枚、メンマがどっさり、味玉に板海苔、そして春菊のおひたし。
 春菊のおひたしがラーメンにトッピングされるのは初めて、この煮干し出汁あっての春菊と感じました。
 これが美味しい、アレが美味しいとお喋りしながらご馳走様でした。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/71387323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック