2014年04月01日

冷味復活

/蒙古タンメン中本蒲田@蒲田(大田区西蒲田)/五目味噌タンメン980円の麺半分、プチ味噌タンメンスープ180円/

 ここの現場に来て初めての紫陽花の季節。
 紫陽花は多年草なので、一度咲いた場所を覚えておけば、来年も同じ場所で咲きます。

 お昼はお手製のお弁当。
 冷食を3つほど解凍しただけのおかず、寂しい。

 午後の仕事はちょっと立て込んでしまい、悩んでしまう時間、多々。
 コンピューターの仕事は、力仕事的な場面が殆どですけど、管理作業というか事務作業の時間も長い。
 非常に非生産的ではあるけど、誰かがやらなければならない。

 仕事が終わって蒲田へ。
 行きたいお店、行かなくちゃ行けないお店、沢山あるけど、今日は蒙古タンメン中本蒲田@蒲田(大田区西蒲田)
 お店に訪問した記念として店先を撮るのですが、真っ正面に樹木が生えていて、上手に店先が撮れない。
 いやいや、上手に写真が撮れないのは自身の撮影技術が低いからであって、樹木は関係ないな。
 店内に入ると厨房の店員さんちょこちょこと動き回っていて、それもそのはず座席が全て埋まっているようです。

 おお、店内待ちかもと思いながら券売機に向かいます。
 券売機のメニューには変化がありませんが、「冷味丼340円、冷味丼弁当並550円、大650円、冷味餡550円」が貼り出されていました。
 中本は辛いメニューが有名で食べに来るお客さんの殆どが辛いメニュー目当て、この冷味も例えようにない辛さ。

 先ずはビール520円、今夜は蒲田で一人お疲れ様会。
 中本で飲むビールは格別にウマい、蒲田謹製の冷味モヤシの付き出しも実にビールに良く合います。


 ゴクゴクと飲んでいると「お先にどうぞ」と冷味丼340円のご飯半分、復活を待ち望んでいた一人です。
 ドロリとした冷味餡がご飯の乗せられていて、茹でモヤシ(量は店舗によって異なる)、薬味ネギ。

 半分ほど食べたところで「お待たせしました」と調理の荒木師範店長自ら運んできて下さった五目味噌タンメン980円の麺半分、プチ味噌タンメンスープ180円
 先ずはしっかりと炒められた野菜、つまりはキャベツ、モヤシ、タマネギ、豚バラ肉、等々。
 しばらく野菜を食べた後でスープを味わってみると、海より深い味わい、最高です。
 サッポロ製麺の中太麺は押しつぶされたりせず、とても美味しいです。
 スルッと食べてしまってご馳走様、ああ、美味しかった。

posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98099340
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック