2022年09月23日

ブルーライン沿いで

/らぁ麺 みつは@中田(横浜市泉区中田東3-1-8)にて京鰹節中華そば(淡口 あっさり)、〆の鰹節ごはん(小)/名代 箱根そば イトーヨーカドー立場店にてかき揚げ天そば/

クリックすると拡大します

 今日はブルーラインで食べ歩く日。
 食べ歩くと言っても殆ど歩かず、電車に乗っているばかりなんですけどね。
 ということで、先ずはラーメン店から。

クリックすると拡大します

 早めのお昼は、らぁ麺 みつは@中田(横浜市泉区中田東3-1-8)公式ツイッター)へ。
 2022/9/13オープン、立地は中田駅3番出口を出て右手すぐ、源泉中田店跡地。
 営業時間は、11:00-14:30 17:30-21:00、10月以降は月曜定休。

クリックすると拡大します

 食後に店主さんに出身を訊くも、色々とやっていた、とのこと。
 それじゃあ製麺所はと訊くと、言えないんです、と。
 そういうことは明らかにしない時代なのに、昭和の男の私はついつい訊いてしまう。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左側の券売機へ。
 メニューは京鰹節中華そば(淡口 あっさり)800円、京鰹節中華そば(濃口 濃厚鶏白湯)850円、
 濃厚鰹つけ麺900円、濃厚鰹辛つけ麺950円。
 ご飯ものは〆の鰹節ごはん小150円、並250円。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲、厨房を囲むカウンター3席と5席、4人掛けテーブルが2卓、計16席。
 飲食店の営業に慣れているように見える店員さんが2人、テキパキと働いています。

クリックすると拡大します

 「そちらの席へどうぞ」と案内され、カウンター1番席へ。
 卓上には黒煎り七味。
 カウンター席はパーティションで仕切られ、全てに席に調味料とピッチャーが置かれています。

クリックすると拡大します

 ラーメンが出来上がるまでの間、当店のこだわりを読みます。
 スープは2種類、麺は3種類、チャーシューは2種類、新規オープンでもここまで用意する時代になったのか。

クリックすると拡大します

 程なくして、京鰹節中華そば(淡口 あっさり)800円〆の鰹節ごはん(小)150円
 スープは鰹節出汁と鶏白湯のブレンド、鰹節出汁多めが「淡口」、鶏白湯多めが「濃口」。
 京鰹節のスープは経験が殆どありませんが、そういうことじゃなくて、このスープはとても美味しい。
 やや肌寒い陽気に合わせた温度帯も素晴らしく、気軽にこのスープを味わえる地のお客さんが羨ましい。

クリックすると拡大します

 細麺は艶かしい仕上がりで、淡口スープに最適化されている印象。
 スープの種類だけ麺を用意できないので、平均的な麺を用意してしまいがちですが。
 こちらではスープの種類だけ麺を用意しているので、スープの出来に合わせた麺の茹で加減も調整できる。
 チャーシューは真空低温調理の豚肩ロースと豚バラの2種類、筍、アーリーレッド、三つ葉。

クリックすると拡大します

 麺を殆ど食べたところで、〆の鰹節ごはん。
 このサイズで小なんだ、ラーメンを合わせて1,000円以下だったので躊躇したけど、小で正解。
 山葵は最後に使うんだろうけど、初めから使っちゃうもんね。

クリックすると拡大します

 ごはんに山葵を乗せて、残ったラーメンスープを回し掛けます。
 写真が下手で、刻み海苔が乗っているとどうしても綺麗に撮れません(すみません)。
 それはそれとしてお茶漬けは美味しい、山葵が良い感じ。

クリックすると拡大します

 早めの昼食とばかりに前客5人に後客は1人、既に地のお客さんに認識されていますね。
 これから限定メニューをリリースしていくとのこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 先の店から歩いても16分だったので、歩く気満々でしたが。
 雨が降ってきたんだよね、残念。
 ということで、ブルーラインで一駅、立場駅のイトーヨーカドーへ。

クリックすると拡大します

 お昼は、名代 箱根そば イトーヨーカドー立場店へ。
 1階のフードコートへ2021/10/26にオープン。
 小田急線沿線ではない場所にある箱根そば。
 二駅隣の湘南台駅にも箱根そばがありますから、知っているだけではなく食べたことがあるお客さんも多そう。

クリックすると拡大します

 メニューは見慣れているので、食券を買う行列に並びながら、たまにはかつ丼を食べてみるかと妄想。
 いやいや、ここは季節限定メニューだろ、それはそれとしてかつカレーもたまにはどうだ。

クリックすると拡大します

 タッチパネル式券売機は、箱根そばで導入されている券売機の中では最新式。
 他店に設置されているのは交通系ICカードまでの対応ですが、こちらはクレカやQRコードも対応されています。
 しかし500円前後のお蕎麦をクレカで買うかな、買うか。

クリックすると拡大します

 券売機で発券されるのは食券ではなく引換券、つまり注文は厨房に通っています。
 調理の間に座る席を探さなければならないのに(席を確保してから並ぶべき)、ボケッと調理を眺めていて。
 お蕎麦が出来上がってお箸を取る段階で、座る席が無いことに気が付く。
 しばしうろうろする、アラ高な私。

クリックすると拡大します

 かき揚げ天そば470円
 寒めの陽気なので温かいかき揚げそばを食べて、暖まります。
 レシピも食材も全店共通だと思われますが、店舗によってここまで蕎麦つゆの味わいが違いますか。
 随分とすっきりした味わいで、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ここでお蕎麦も美味しければって話しですが、、茹で置きはいただけませんな。
 早く提供した方が良いことは分かるけど、茹で置きしてまで時短するのはやり過ぎに思います。
 まま、1,000円以下のお蕎麦にやり過ぎもなにもないか。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月22日

頑張って黒字に

/中華餃子楼 東陽町店@木場(江東区東陽)にてマーボー麺+半チャーハン/ラーメン家がんくろ@武蔵小山(品川区荏原3-3-20)にてビール、塩ラーメン、ライス/

クリックすると拡大します

 今日を頑張れば明日から三連休、三連休が終われば一週間で九月終了。
 時間は前にしか進まないので、頑張れば頑張っただけ成果が上がります。
 さて、今日も頑張っていこう。

クリックすると拡大します

 お昼は、中華餃子楼 東陽町店@木場(江東区東陽)公式ホームページ)へ。
 東向島店、押上店(2020/9/16-)に続く3店舗目として、2021/9/1オープン。
 立地は木場駅からちょっと歩くかな、まあ、歩くって程ではないけれど。

クリックすると拡大します

 いわゆるチェーン店系の中華料理店、店舗によって味付けやメニュー、ランチメニューが異なります。
 こちらでは麺料理のランチメニューとして、野菜湯麺、五目麺、マーボー麺、担々麺、ワンタン麺、味噌ラーメンが全て700円。
 半炒飯は100円増ですので、麺料理と半炒飯で800円と安めの設定。
 さらに、日替わりとしてマーボー麺と半チャーハンが750円、つまり50円引き。

クリックすると拡大します

 店内は混み合っていて、テーブル席に斜向かいに座る相席しか空いていません。
 カウンター席は無く、6人掛けが2卓、4人掛けが6卓、計36席。
 卓上には特製餃子タレ、酢、特製ラー油。白胡椒、生しょうゆ、辛子。
 口頭注文後会計、テレビを観ながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、マーボー麺+半チャーハン750円、のラーメン。
 スープ自体は中華料理店の王道を感じさせる鶏ガラ出汁、様々なトッピングに合うあっさりとした美味しさ。
 多少の違いはあっても、チェーン店系の中華料理店はほぼこの味わい。
 それでいて、どの店も繁盛されています。

クリックすると拡大します

 平打中細麺はやや固め仕上げで、スープによく合っています。
 トッピングは麻婆のみ、麻婆と麻婆豆腐の違いが良く分かっていなくて、麻婆豆腐にみえるけど、こちらは麻婆。
 辣油由来の辛さは抑えめ、山椒は殆ど感じず、挽肉は適量の味わい。
 もちろん辛さが好みながら辣油を掛けたらいいんだけど、私はこの味が好きです。

クリックすると拡大します

 チャーハンはスプーンで。
 お店の数だけレシピがあるんだろうけど、玉子、チャーシュー、青ネギなどを共に炒めています。

クリックすると拡大します

 食べるときはレンゲとスプーンで食感が変わり、スプーンで食べた方が掬いやすいし、美味しいし。
 食感はパラパラタイプ、ラーメンのスープによく合います。

クリックすると拡大します

 満席で追い返されている人もいたので、食べ終わったら直ぐに席を立ちますが。
 食べ終わってものんびりされているお客さんもいて、店員さんに声掛けせず、いろいろありますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、ラーメン家がんくろ@武蔵小山(品川区荏原3-3-20)へ。
 2022/9/7オープン、せたが屋初の家系ラーメンブランド、だそうだ。
 だいぶ家系ラーメンから離れちゃっているのを店主さんも自認していて、「家系ラーメン風です」とのこと。
 看板が「がんくろ ラーメン家」になっているのは、看板業者との調整ミスとのこと。

クリックすると拡大します

 平日19時頃で外待ち5人、後客続々、10分ほどで店内へ、左手の券売機で食券を買います。
 メニューはラーメン850円、塩ラーメン950円。
 トッピングは味玉130円、特製ニラキムチ150円、九条ネギ150円、海苔増し120円、ほうれん草増し150円。
 つまみとしてニラキムチチャーシュー300円、ご飯ものは豚まぶし飯250円。

クリックすると拡大します

 食券を買って振り向くとホールが食券を引き取りに来ていて、「お好みはございますか」と訊いて下さいます。
 好みを伝えて、お冷やを自身で注いで、と。
 「こちらへどうぞ」と奥に長い店内を案内して下さいます。

クリックすると拡大します

 席は厨房に面した真っ直ぐなカウンター17席、奥に6人掛けテーブル、計23席。
 店員さんは見える範囲で5人、バックヤードにも何人かいるみたい。
 前島さんの不在でしたが、十分想定内。

クリックすると拡大します

 卓上にはブラックペッパーグラウンド、酢、カエシ、にんにく、しょうが、一味。
 家系ラーメン店であれば豆板醤は必須ですが、こちらでは用意されていません。

クリックすると拡大します

 カウンター台に貼り出されている、がんくろの召し上がり方。
 家系ラーメンとと勘違いして「味濃いめ」と伝えると、「卓上のかえしで調整して下さい」と言われます。
 ちなみに、がんくろとは「頑張って黒字になろう」の略とのこと。

クリックすると拡大します

 先ずはビール500円、今夜は武蔵小山で一人お疲れ様会。
 新しいブランドの立ち上げ、おめでとうございます。

クリックすると拡大します

 ビールが飲み終わった辺りで、塩ラーメン950円、ライス100円。お好みは柔らかめでお願いしました。
 券売機の塩ラーメンのボタンに「ネギ抜きできません」と朱書きされていた意味が、提供されて分かりました。
 豚バラ肉(チャーシュー)とネギを、フライパンで炒めて乗せてあるんですね。
 醤油のトッピングはほうれん草ですが、塩はレタス、生ではなく軽く茹でてあります。

クリックすると拡大します

 スープを味わってみると豚骨出汁が綺麗に炊き出されているバランス型、美味しいですねぇ。
 バランス型といっても家系バランスでは無く、せたが屋バランス、家系ラーメン店ではありませんから。
 中太麺はコナノチカラ製麺所、まー、スープより麺の方が美味いな。
 油炒めした斜め切りの長ネギと豚バラ肉が絶妙、レタスがスープに合うなんて、誰が気が付いたんだろうか。

クリックすると拡大します

 ご飯はそのまま食べる前提なのか、漬物が添えられています。
 豆板醤が無いので刻みニンニクだけで、家系海苔巻き、いや、家系風海苔巻き。
 固めに炊き上げられたご飯をスープをたっぷり吸わせた海苔で巻けば、目を開けていられない美味しさ。
 2貫目に一味を試してみましたがイマイチ、やっぱり豆板醤じゃないとね。

クリックすると拡大します

 麺を半分以上食べたところで、お楽しみの味変タイム。
 豆板醤がないので(しつこいっ)、おろしニンニクだけで味変します。
 スープの温度が下がってきて違う味わいが楽しめ、さらにニンニクで違う味わいが楽しめる。
 豚バラ肉、結構多め。

クリックすると拡大します

 ネットには家系ラーメンだとか、家系ラーメンとは違うとか、スープの温度が低いとか、客回転が悪いとか、はびこるだろうなぁ。
 まま、そんな話をする人は一杯しか食べないだろうから、お店側は気にしていないだろうけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年09月21日

催事場への出店

/うしお@新宿高島屋美味コレクション2週目にて鯛出汁ラーメン/のどぐろ酒場 浜吉丸 蒲田店にてのどぐろ塩焼き(小)他/

クリックすると拡大します

 いったん出社したんだけど、やむにやまれない事情で、自社へ。
 この歳になっても色々な事があって、人生ってこんなに楽しいものなのかと。
 とはいえいつまでも続くわけではないだろうから、今を楽しまないと。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、うしお@新宿高島屋美味コレクション2週目へ。
 新宿高島屋の11F催事場にて、春秋と開催される美味コレクション。
 テイクアウト中心の催事ですが、お寿司や丼物もあり、2022年のしんがりを務めるは、うしお@藤沢。
  9/21-26 10:30-19:00、最終日は17:00まで。

クリックすると拡大します

 11Fの催事場、フロアの最新宿駅寄りの仮設店舗。
 壁側全体を仮設店舗としており、真ん中辺りが入口と会計。
 入って左手が丼物のきむら丼、右手が本格鯛出汁ラーメンのうしお。

クリックすると拡大します

 メニューは温かい「鯛出汁ラーメン」、冷たい「鯛出汁の冷やし昆布水つけ麺」の2種類。
 どちらも1,320円。
 細かい話しをすると、藤沢の店舗では1,200円と1,300円で販売されています。

クリックすると拡大します

 店内は壁向きカウンター7席、4人掛けテーブルが3卓、計19席。
 調理場は全く見えないので、平山さんが何を調理しているのか、そもそもいるのかも不明ですが。 
 会計や配膳は高島屋の店員さん、平均点以上の接客はできても、ラーメンに寄り添った接客を期待できない。
 まー、仕方ない。

クリックすると拡大します

 程なくして鯛出汁ラーメン1,320円
 催事初出店とは思えない出来映え、リハーサルされる時間的余裕は殆ど無かっただろうに。
 余計はお世話ですが、何食分用意されたんだろうな。

クリックすると拡大します

 ニラペーストもちゃんと別皿で用意されています。
 店員さんから「ニラペーストは途中から入れて味変にお使い下さい」と説明されていました。

クリックすると拡大します

 ラーメンのスープと言うより、和食のお出汁に感じる鯛出汁スープは藤沢の店舗と遜色のない味わい。
 麺はやや柔らかめで、スープとよく合っていてとても美味しい。
 油と脂は極力排除されているので、あっさりしてすっきりした食べ応え、素晴らしい。
 トッピングの鯛の切り身が、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ニラペーストは店舗で頂いている味わいより、やや辛味強め。
 狙ってのことか、季節による食材の差異か分からないけど、このくらい強い方が分かりやすい。

クリックすると拡大します

 私としては、とても嬉しい出来栄え。
 ただ、催事場に来たついでにラーメンを食べた人や、藤沢までは行かないけど新宿なら、
 と食べた人に上手く訴求できただろうか。
 とはいえ催事初出店の初日、スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お誘いいただき、今夜はのどぐろ酒場 浜吉丸 蒲田店へ。
 立地は蒲田駅東口から徒歩1分、バスターミナルのアーケードを伝っていけば、雨でも傘は要りません。
 少し早くお店に着いたので、店先で待っていると、続々とお客さんが入店されています。
 ふー、予約しておいてもらって良かったです。

クリックすると拡大します

 案内されたのは2階の個室。
 ゆったりしたスペース、ソファのクッションも柔らかめ。
 個室といっても隣部屋からの喧騒は伝わってくる造りで、これはこれで嬉しい。

クリックすると拡大します

 今夜は蒲田で二人お疲れ様会。
 日本酒がずらりと揃っているけど、まずは生エビスビール580円で乾杯。
 突き出しは鶏皮ポン酢、ビールによく合ってとても美味しい。

クリックすると拡大します

 さて、料理を注文しようと店員さんを呼ぶと、魚のカマを箱詰めにして持ってきて下さいます。
 刺身にした魚のカマを塩焼きや煮付けにして、お客さんにサービスしているそうです。
 カマが揃い次第の裏メニュー、今夜はツイてますな。

クリックすると拡大します

 色々な料理をちょこちょこ味わいたい人向けの、珍味3種盛り合わせ700円
 何が盛り付けられているかは来てからのお楽しみで、今夜は梅水晶、カラスミ、つぶ貝ワサビ。
 貝のワサビ和えをいただくのは初めてで、塩加減も程々でとても美味しい。

クリックすると拡大します

 居酒屋ベンチマークとしての、ポテトサラダ600円。
 魚料理や飲み物が正統派だけあって、ポテサラも王道的な仕立て。
 器は吸い付くように冷やされていて、ポテサラもアイスクリームの様。
 それでいて凍っておらず、美味しくいただけます。

クリックすると拡大します

 日本酒をお願いすると、まずお猪口を持ってきて下さいます。
 色々なお店でお猪口が選べるサービスがありますが、私はこのサービスがとても好きです。
 できるだけ杯の似た平たいお猪口を選びます。

クリックすると拡大します

 岐阜の蔵元である渡辺酒造店が醸す「W(ダブリュー)」純米酒 無濾過原酒 愛山 R3BY。
 いつもは自分で日本酒を選びますが、今夜は飲み友にお任せしました。
 一口目に爽やかな口当たりのお酒を選ぶところは、いわゆる「門前の小僧 習わぬ経を読む」なのかな。

クリックすると拡大します

 で、カマの身の部分、特上のどぐろ入りお造り盛り合わせ(一人前)1,900円、を二人前。
 今日の魚は左上から時計回りにカガミダイ、クロムツ、スズキ、ノドグロ、マグロ、ホタテ
 ツマやワカメなどで盛り立てずに、刺身だけを味わう盛り付け。
 どの刺身も美味しかったなぁ。

クリックすると拡大します

 愛知の蔵元である長珍酒造が醸す「長珍(ちょうちん)」純米吟醸酒 50 無濾過生 R3BY。
 久し振りに長珍、新聞紙ではないけれど、一時は毎日のように飲んでたなぁ。

クリックすると拡大します

 ここでソイの煮付け、先程のカマを煮付けて頂きました。
 この煮付けが望外に美味しく、また食べるのにも時間が掛かるので、食べようと思っていた何品か(デサートとか)を食べ損いました。
 こちらとしては安く上がって嬉しいけれど、お店側としてはどうなんだろうか。

クリックすると拡大します

 島根の蔵元である王祿酒造が醸す「王祿 渓(おうろく けい)」純米吟醸酒 本生 R3BY。
 メニューに載せていない隠し酒、ですかな。
 なんと口切り、蔵元で直接飲んでいるかの様なシュワシュワ感がたまりません。

クリックすると拡大します

 のどぐろ居酒屋でのどぐろの刺身を食べたら塩焼きもね、と、のどぐろ塩焼き(小)2,800円
 若い頃、魚の食べ方は刺身が一番と固く信じていたけど、今は塩焼きが最高。
 のどぐろの塩焼きの美味しさったら、もう一度人生をやり直したくなるほど美味しい。

クリックすると拡大します

 奈良の蔵元である千代酒造が醸す「櫛羅(くじら)」純米吟醸酒 無濾過生原酒 中取り 山田錦 2020BY。
 自分だったら1杯目に選んでいた未飲の蔵元、でも飲めたから嬉しい。

クリックすると拡大します

 最後に天ぷらを食べようと、天ぷら盛り合わせ1,200円。
 本来のコースならご飯ものや甘味を食べるところですが、天ぷらで十分。
 海老や茄子、サツマイモ、かぼちゃと天つゆで楽しみます。
 美味しいのどぐろ料理、美味しい日本酒をご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記