2017年02月21日

初キッチンジロー

/キッチンジロー外神田店にて若鶏の唐揚(3)、スタミナ焼のセット/すごい煮干ラーメン凪秋葉原UDX店にて塩煮干ラーメン/

 そろそろ桜も本格的に咲き出しました。
 咲くまでは待ち遠しいけど、咲くと一週間くらいで散ってしまう。
クリックすると拡大します

 都内に20店舗以上展開されているキッチンジロー外神田店ホームページ、あちこちで見かけていましたが、ラーメンファーストの時代は見向きもせず。
 今頃になって同僚と訪問してみました。
 老舗とも呼べる洋食屋のイメージがあり、長くやっているのは美味しいだけじゃなくて他にも理由があるのかと思ったのですが。
クリックすると拡大します

 店内はカウンター6席にテーブル16席のテーブル中心の構成で、一人だと強制的にカウンター席へ、一人以外だとテーブル席に案内されるようです。
 メニューはテーブルに貼り付けてあり、二品組み合わせるコースが二つ、一品もののアラカルトにカレーライス。

 組み合わせるコースはハンバーグ、和風ハンバーグ、メンチかつ、デミメンチ、ロースかつ、と、スタミナ焼き、チキンかつ、帆立コロッケ、魚フライ、チキン南蛮、若鶏の唐揚、カレーライス、海老フライから一品ずつ。
 ※目視で転記していますので、間違っていたらすみません。
クリックすると拡大します

 ざっと見た感じでは、揚げ物とカレーしかなく、サラダや飲み物は見当たりません。
 一品ずつ丁寧に調理されているし、営業時間も決して長いとは言えないのに、長く営業されているんですね。
クリックすると拡大します

 食べたのは若鶏の唐揚(3)、スタミナ焼のセットで880円
 サラダのスパゲッティの付け合わせ、ご飯に豚汁、味や量より高く感じたランチでした、ご馳走様でした。
クリックすると拡大します

 揚州商人秋葉原UDX店、先月末で閉店されていました。
 売り上げが伸び悩んだというより、初めからの契約だったような気がしてなりません。
クリックすると拡大します

 残る二店の内、未食のすごい煮干ラーメン凪秋葉原UDX店@秋葉原拉麺劇場(千代田区外神田)へ。
 理由を説明するわけにはいきませんが、凪にはあまり行かれておらず、グループ全体に対して7年ぶりの訪問、初訪となんら変わらないですな。
クリックすると拡大します

 メニューは醤油と塩、つけ麺とまぜそば。
 タッチパネル式の券売機は店舗に直接連絡されているため、適当な席に座って番号を呼ばれるまで待つシステムです。
 麺の茹で加減は調整出来るようですが、そのシステムゆえ、殆どのお客さんはスタンダードで食べているようです。
クリックすると拡大します

 少し待たされた勘の後で番号を呼ばれ、塩煮干ラーメン850円
 味調整用の調味料は受付の隣しか用意されていませんので先ずは気が付きませんし、気が付いても味見をしないで胡椒や煮干油は何とも、だからと言って初めから味を変えたくても直ぐ後ろに並ばれているし。
クリックすると拡大します

 スープはザ・煮干味で、数種類の煮干を合わせて煮出したと説明されていますが、ブランドした方が美味しいのか、単一煮干しの方が美味しいのか、私には分かりません。
 平打太麺は凪グループの自社製麺、かなりの硬め仕上げで、スープとの絡みは良くありません。
クリックすると拡大します

 幅が1センチを超えるイッタンモメン(でしたっけ?)が4本、「別に茹でました」的にトッピングされており、こちらはかなりの柔らかめ。
 どちらも美味しいか美味しくないかで聞かれたら美味しいのですが、その目指している「凪の麺」は私には分かりません。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月20日

とんかつ定食

/金の蔵にてとんかつ定食/油そば春日亭神保町店@神保町にてしょうゆ油そば/

 週の始まりはお蕎麦だったのですが、ここのところ行けていません。
 少し体調が戻ってきたら再び通うつもりですが、しばらくは不義理となります。
クリックすると拡大します

 お昼は(株)三光マーケティングフーズの経営する居酒屋 金の蔵(ホームページ)。
 いくら居酒屋ランチがリーズナブルで美味しかったとしても、週に一度が精いっぱいかな。
クリックすると拡大します

 今日はとんかつ定食700円、ビシッと一本、筋が通った会社の方針があるのでしょうけど、せめてソースはボトルのまま出すのを考え直して欲しいし、辛子を付けて欲しい。
 豚肉は値段相応の美味しさで、毎日は無理でも月に一度は食べてみたい。
クリックすると拡大します

 食後はコーヒー100円。
 美味しくいただいてご馳走様でした。 
クリックすると拡大します

 せっかくだからもう一軒食べるかと、油そば春日亭神保町店@神保町(千代田区神田小川町)ホームページ)。
 コツコツと全店訪問を狙っていて11店舗中7店舗目、先は長いな。
クリックすると拡大します

 一体前店は何だったんだろうと不思議に思うほど店内は狭く、一階はカウンター6席、二階は4人掛けのテーブルが2卓。
 かなり無理矢理に券売機が置かれていて、メニューは全て油そばでしょうゆ、鳥豚、海老辛ジャン、とん黒です。
 麺量は3.5玉まで用意されていて、ご飯もの、トッピングも豊富です。
クリックすると拡大します

 食券を買って空いていたカウンター席に座り、店員さんに食券を渡すと「ポイントカード、お持ちですが?」と聞かれます。
 持っていないと無条件で渡されますが、貯めて何かをもらう気にはなりません。
 卓上にはおろしニンニク、豆板醤、辣油、酢、ブラックペッパー。
クリックすると拡大します

 程なくしてしょうゆ油そば590円
 スタンダートのトッピングはチャーシュー、メンマ、ネギとなります。
 油そばですので麺とタレは混ぜておらず、自身で一から混ぜることになり、油そばですので無条件で辣油と酢を回しかけていただきます。

 ものすごく美味しいと言うことは無いけど、普通に美味しく食べられます。
 麺を食べ終わったら、残ったタレをご飯か割りスープでいただくのがスタンダードですが、今日はパス。
 スルッと食べてご馳走様でした。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月19日

麺休日

///

 来週の土日は出かけてしまうので、今日は一日家にいることにする。
 家族サービスという言葉は大嫌いで、女房と一緒にいると楽しいから結婚したのであって、一緒にいることを「サービス」だと考えてことは一度もありません。
 もちろん、サービスだと考えている人を否定したりはしません。
クリックすると拡大します

 お昼は豚バラ肉の生姜焼き、新鮮な生姜は辛味だけではない味わいがあって、豚肉の美味しさを引き立てます。
 まあ、料理の発端は豚肉の臭みを消すために生姜を使ったのではないかと邪推しますが、それはそれで尊重して、今は今で楽しむという。
 ご飯がもう少しあれば嬉しかったけど、次回に期待。
クリックすると拡大します

 今年は諸般の事情で花見に行かれないので、自宅周辺の桜で我慢します。
 こちらの気持ちや事情とは全く関係なく、桜は咲きます。
 もちろん、桜だけではなく、どんな花も私の事情には関係ありません(多分
クリックすると拡大します

 夜早く寝る。
 三人の娘たちを送り迎えしていた頃は大忙しだったけど、今は昔、自宅でのんびりと飲める身分になった。
クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記