2021年09月16日

炊き出しと煮出し

/横浜家系 岳家(がくや)@追浜にてラーメン並、ほうれん草/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて自宅待機。
 猫の額の庭に除草剤を撒く予定が、すっかり寝坊、すっかり陽が高くなってしまいました。
 仕方ない、明日以降か。

クリックすると拡大します

 お昼は、横浜家系 岳家(がくや)@追浜(横浜市金沢区六浦東1-22-6)へ。
 2021/9/15オープン、20年前に港南台で創業、数年後に名古屋へ移転し、6年経って故郷へ凱旋。
 ※横浜家系ラーメン岳家@横浜市港南区(1999/11/18-2011/7/31)、横浜家系ラーメン岳家@名古屋市昭和区(2015/11/24-2018/11/3)、大人のまぜそば 麺dining岳家@名古屋市昭和区(2018/4/21-2021/8/14)
 立地は追浜駅から徒歩8分、ランタナハウスという不動産屋の跡地。

クリックすると拡大します

 祝い花に隠れて読めないので、転記。
 『一般的に使われる鶏ガラや野菜など他の旨味に頼らず、スープの成分は豚骨と水のみ。
 その製法は昭和の時代から続く職人技、元祖炊き出し製法です。
 飲み口は軽く、脂を乳化させスープの仲に閉じ込めた豚骨本来の旨みをお楽しみ下さい。』

クリックすると拡大します

 営業時間は、11:30-14:30 17:30-21:30、麺切れ次第終了。
 定休日は日、月、祝日。
 ちなみに、店名の「岳家」の由来は、店主さんの名前から。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター2席と5席、2席は祝い花が置かれていて使われていません。
 テーブルは2人掛けと4人掛けがそれぞれ1卓、計13席。

クリックすると拡大します

 いったんは口頭注文後会計、注文時に家系お好みは訊かれませんが、言えばやってくれます。
 メニューは、ラーメン並750円、中850円、大950円。
 トッピングはのり、ほうれん草、味付玉子が各100円、チャーシュー250円。
 ご飯ものは半ライス100円、ライス150円、大ライス200円、チャーシュー丼400円(ハーフ300円)。

クリックすると拡大します

 卓上には昆布酢、白胡麻、ブラックペッパー、辣油、山椒。
 家系ラーメンなのにニンニクや豆板醤が無いのは、「ウチのスープに合わない」からとのこと。
 とはいえ、用意はしているので、言って下されば対応されるとのことです。
 (今日は間に合っていないけど、近くメニューに記載するとのこと)
 カウンター台に鞄フックが掛けられていたので、ありがたく利用しました。

クリックすると拡大します

 スープの調整が入って少し待たされ、ラーメン並750円、ほうれん草100円
 今風の白磁切立丼にたっぷり注がれたスープは、しっかりと豚骨出汁ながら後味すっきりで上品な味わい。
 チー油を殆ど感じないサラサラとした口当たりが、とても美味しい。
 この味わいは、現代の家系ラーメンを席巻している「濃厚豚骨」とは真逆で、ラーメンショップ寄りの味わい。
 私の好みではこの味わいがベストですが、現代のラーメンシーンを牽引されている若者のウケはどうだろうか。

クリックすると拡大します

 中根製麺の中細麺はデフォで固め仕上げ、スープとの相性はあと一歩といった感じ。
 トッピングは豚バラ巻きチャーシュー、大きな焼海苔が3枚、冷凍茹でほうれん草。
 家系ラーメンではほうれん草増しを忘れずに、とても美味しかった。
 途中で昆布酢を少し掛けてみましたが、合う様には感じませんでした。

クリックすると拡大します

  『元々ウチは寿々喜家の孫弟子みたいなもので、その頃からスープの炊き方は変わっていない』
  『吉村家は移転してスープを「炊き出す」から「煮出す」に変えてしまった』
  『移転前の吉村家のスープを守っているのは、寿々喜家だけではないだろうか』
 「炊き出すスープ」と「煮出すスープ」の違いが分からない、残念な私。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 せっかく追浜まで来たので、近くに宿題店のラーメン丸山家に伺ってみました。
 が、今月末まで休業とのこと。
 もう何敗したか数え切れないけど、いつか必ず。

クリックすると拡大します

 帰りは安全運転で。
 安全運転過ぎて、自宅を通り過ぎてしまう。
 歳を取ると思いがけないことが普通に起こる。
posted by ふらわ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月15日

彼岸花が咲く季節

/京都ラーメン森井相模原店@相模原にて醤油豚骨ラーメン、京都半チャーハン/晩酌/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて自宅待機。
 猫の額の庭に雑草が生えてきたので除草剤を撒かないといけないんだけど、その前に彼岸花の撮影を。
 完全に咲ききっていなくて、1日か2日早かったけど、まま仕方なし。

クリックすると拡大します

 バイク(原チャリ)で店先まで来たのはいいけど、辺りにバイクの駐車場が見当たらない。
 ほんの30分程度だから、その辺に停めるという案もありつつも、小心者の私はバイクの駐車場を探す。
 やっと見つけたのは駅の反対側で、1日200円は助かるけど、店まで結構遠い。
 どうしたものか。

クリックすると拡大します

 お昼は、京都ラーメン森井相模原店@相模原(相模原市中央区相模原)公式ツイッター)へ。
 オープン直後の「オープン特価」以来の訪問になります。
 平日のアイドルタイム、店内ガラガラかと思ったら先客2人に後客2人。

クリックすると拡大します

 店先の看板を見ると、既にフルメニューを販売されています。
 他店でも好評の台湾まぜそばを、数量限定、期間限定で販売されています。
 テイクアウトの特製まぜそばは、店内販売されていないメニューの様ですが、さて。

クリックすると拡大します

 オープン直後に伺った時はラーメン1種類の販売でしたので、フルメニューの券売機は初めて。
 なんだけど、タッチパネルの周りを取説が取り巻いています。
 
 タッチパネル式で上下、左右スクロールが必要になるし、画面も行ったり来たりするし。
 実際には店員さんが横でサポートして下さいますが、券売機の位置も高く、なぜこんな操作性なんだろうか。
 そもそも森井って(ほぼ)全店で券売機が違うのは何故だろうか。

クリックすると拡大します

 「お好きな席へどうぞ」と案内され、たまたま前回と同じカウンターの端っこ席へ。
 1杯目のお冷やは注いで下さいますが、2杯目以降はセルフ、店内中央の給水器までいかないとなりません。
 食べている途中で席を立つのは避けたいなぁ。
 ホールのテーブルウォッチに期待したいところですが、遠目では水量が分かりにくいコップ。

クリックすると拡大します

 程なくして醤油豚骨ラーメン(太麺、柔らかめ、葱普通、背脂普通)800円、京都半チャーハン350円
 ラーメンは高いカウンター台に置かれ、立ち上がってテーブルに降ろしました。
 この店に限りませんが、毎回思うけど、「お熱いのでお気を付けて」と言うなら、テーブルまで運んで欲しい。
 ※チャーハンは、カウンター台を廻って運んで下さいました。

クリックすると拡大します

 スープはレギュラーの鶏ガラスープに豚骨スープをブレンドし、かなり重さを感じる美味しいスープ。
 太麺表記ですが一般的には中太麺、柔らか仕上げでスープに良く合っています。
 トッピングの豚肩ロースレアチャーシューが2枚、細割きメンマ、九条ネギ。
 レギュラーメニューの鶏ガラスープには九条ネギが良く合うけど、豚骨スープにはあんまり合わないな。

クリックすると拡大します

 黒い醤油たれが良く利いたチャーハン、とても香ばしい。
 角切りチャーシューと玉子がたっぷり使われていて、ご飯より具材で美味しくいただけます。
 九条ネギがあしらわれていますが、無くてもいいかな。

クリックすると拡大します

 食べていて気が付きましたが、ラーメンとチャーハンではレンゲが異なるんですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 オープン情報がネットに上がってこないので、店先まで行ってみたけど、未だ看板が出ていない。
 看板がなくても営業されている店はあるし、と店内を覗くと、椅子が上がっている。
 ひょっとしてと店内に入ると店長さんがいらっしゃったので、少しだけお話を。

 「地鶏中華そばねぎしか」は、10/3のオープンを予定しているそうです。
 ※「ねぎしか」の由来も分かった気がする。
 ランチはラーメンですが、ディナーは「焼き鳥すず喜」として営業を予定しているそうです。
 ラーメンに焼き鳥って二大好物、無事にオープンできますように。

クリックすると拡大します

 晩酌
 奈良の蔵元である北岡本店が醸す「八咫烏(やたがらす)」純米吟醸 生酒 キヌヒカリ R3BY。
 前回は純米生酒を楽しんだので、今回は純米吟醸。
 アテは、スーパーで買った秋刀魚の刺身。

雨雲に隠れる夕陽
 雨雲に隠れる夕陽
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 42mm / Auto(F10、1/500秒、±0EV) / ISO 100
 刻一刻と変わっていく雨雲。
 グラデーションが綺麗に見えたので、撮ってみたら夕陽がいました。

玄関先の彼岸花
 玄関先の彼岸花
 CANON EOS RP+RF24-240mm F4-6.3 IS USM / 168mm / Fv(F36、1/30秒、±0EV) / ISO 12800
 開放近くだと背景がボケすぎて、どこで撮ったのか分からなくなります。
 少しずつ絞って、大きな葉が分かる程度にしてみました。
posted by ふらわ at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2021年09月14日

生田の新店

/This is イクタヌードル@生田にて7種の魚介塩そば(からあげ2個とライスセット)/

クリックすると拡大します

 今日も今日とて自宅待機。
 自宅待機していてもお腹は減るし、毎日自炊ってのも辛い。
 んじゃ、そういうことで、新規オープンのラーメン店にでも行きますか。

クリックすると拡大します

 遅めのお昼は、This is イクタヌードル@生田(川崎市多摩区生田8-2-2)公式ツイッター)(公式インスタグラム)へ。
 2021/9/11-12にプレオープン、9/14にグランドオープン。
 OMO(お客様みなさまおかげさま)のプロデュース、いわゆるひとつの、島田プロデュース。
 立地は小田急小田原線生田駅から徒歩7分、青柳食堂(1960-2020/9)の跡地。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-15:00 17:00-23:00、無休。
 確かなことは分かりませんが、時短営業されない雰囲気。

クリックすると拡大します

 店先には、満席の場合の説明が掲げられています。
 流れとしては、食券を買う ⇒ 店内を覗く ⇒ 満席ならば店外で待つ、な感じ。
 学生サービスは、主に明治大学生田キャンパスの大学生向けですね。

クリックすると拡大します

 して券売機、久遠@南林間と酷似しています(同じプロデュース店なので当たり前)。
 メニューは鶏白湯ラーメン880円、味噌鶏白湯ラーメン980円、7種の魚介塩そば850円。
 サイドメニューは肉汁からあげ2個150円、トッピングとして味玉100円。
 ご飯ものは但馬鶏丼450円、肉生姜めし250円(毎週木曜日は100円)、高菜ごはん180円、ダイブめし60円。

 ※久遠では「味噌鶏白湯ラーメン」ではなく「伊勢海老味噌980円」、肉まぜそばがあります。
 ※久遠には「水餃子380円」がありますが、「肉汁からあげ」がありません。
 ※久遠では「肉生姜めし」ではなく「肉めし300円」。

クリックすると拡大します

 店内はステンレス製のU字カウンターが5席と2席と5席、4人掛けテーブルが1卓、計16席。
 卓上にはピンクブラックペッパー、エキゾチック酢、オレンジ酢、煮干し酢。
 観葉植物、って言うのかな、カスターセット毎に異なる植物が飾られています。

クリックすると拡大します

 「こちらへどうぞ」と案内された席には、お冷やとオープニングフライヤーが用意されます。
 お冷やはちゃんと奥の置かれていて、、ってチェックしている場合じゃないわ。
 他のラーメン店から羨ましがられるほど広い厨房にキッチン5人、ホールは3人。
 Tシャツは男性が黒、女性が白、胸と背中には『BARIUMAIGANA』(バリウマイガナ)と書かれています。

クリックすると拡大します

 オープニングフライヤーには、次回訪問時以降のサービス券が付いています。
 1回くらい使ってみたいのですが(特に肉生姜めしを食べたい)、このフライヤーを常に持ち歩くのはきっと無理。

クリックすると拡大します

 店内には大きなちょうちんが吊る下げられています。
 「鶏ガラ 豚ガラ 人柄。」は、故武内伸さんの「ラーメンは鶏ガラ、豚ガラ、(店主の)人柄の三ガラ」のことだろう。
 「ラーメンは飲み物。」は、株式会社のみもの。が運営する「カレーは飲み物。」のインスパイアでしょう。

クリックすると拡大します

 少し待って、7種の魚介塩そば(からあげ2個とライスセット)1,100円
 先にラーメン、ワンタイミングおいてからあげとライス。
 スープは鶏ガラ、煮干しの「だしスープ」を基本に、玉ねぎをソテーした甘味のある塩だれを合わせています。
 あっさりているのにコクを感じる、他のラーメン店では味わえない美味しいスープ。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は柔らかめ仕上げで私にはちょうど良いけど、近くの明大生にはどうだろうか。
 トッピングは炙り豚バラ肉チャーシュー、水菜、アーリーレッド、半身の味玉。
 盛り付けをどれだけ練習したか分からないけど、厨房からテーブルまで運ぶ間に乱れてしまうのだろうか。
 麺に対してスープが多いように思えるけど、直ぐに修正されることでしょう。

クリックすると拡大します

 唐揚げは3種の酢(エキゾチック酢、オレンジ酢、煮干し酢)で食べるのがオススメらしいけど、2個しかない。
 小皿に乗った唐揚げに酢を掛けるのは、不器用な私には厳しすぎる。
 ので、そのまま食べました。
 一口サイズで味付けがしっかりした味わい、思っていた以上に美味しい。

クリックすると拡大します

 ライスはそのまま食べても美味しいのだろうけど、残ったラーメンスープを回し掛けて頂きます。
 大抵のラーメンスープはライスに合うので、改めて「とっても合うんです」などと言う必要を感じません。
 柚子胡椒などの調味料があるといいんだけど、ご飯量は二口分くらいしかないし。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 このステンレス製のテーブルって、細かい傷が付いて、ぼんやりと曇ってしまいがち。
 しばらくしたら、また、伺ってみよう。

クリックすると拡大します

 せっかく生田で降りたので、南側に渡って見ると。
 油めん くうねるまぜる、くうねるまぜる つけ麺専門店に向かってみると、東秀に変わっていました。
 ああ、そう言えば、そんなニュースを見た覚えがあるな。
posted by ふらわ at 23:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記